【ロシアナの本棚】イギリスとロシアの小学生 〜学校生活まとめ〜

2021-11-15

IMG_3432

△『イギリスの小学生』(学研教育出版)は、もちろん学校ごとの違いや、時代に合わせた変化もありますが、カラー写真いっぱいでイギリスの小学校の様子が分かって親子で楽しめるおすすめの一冊です。

イギリスの現地校(State School)は、日本の公立小学校のように住むエリアによって学区があり、区役所に希望を提出して決定されます。オフステッドと呼ばれる学校の評価も参考になります。私立(パブリックスクール)やインターナショナルスクール、日本人学校なども選ぶことができます。イギリスらしい寄宿学校(ボーディングスクール)や、宗教系の学校も多くみられます。

新年度は9月1日から始まり、Autumn Term(9月 – 12月)、Spring Term、Summer Termの3学期制で、各学期の間にハーフターム(Half-term)と呼ばれるおやすみがあります。

多民族多宗教のイギリスらしく、それぞれの子どもの個性を尊重し長所を伸ばすような教育が特徴で、チャリティー活動が熱心に行われているように感じます。

関連ブログ

まるでハリーポッターの世界!イギリスとロシアの新学期

【イギリスの学校生活】“ハウス“とチャーチル巡り

IMG_2745

義務教育(Compulsory Education)はイングランドでは5〜18歳。Nursery(3 – 4歳)→Reception(4 – 5歳)→そして義務教育のはじまりであるイギリスの小学校のYear 1(5 – 6歳)は日本の小学校1年生(6 – 7歳)よりも1年早いことになります。Year6(10 – 11歳)のあとは→Secondary Schoolへ進み、Year13(17 – 18歳)まで通います。

Year6のときには、イレブンプラス(11+)と呼ばれる試験があり、優秀者は無料の中高一貫公立中学校「グラマースクール」に進学できます。女王の君臨するイギリスでは「階級社会」が残っていて、パブリックスクールに通わせることができるような裕福な家庭だけでなく、労働者階級の家庭でも優秀なこどもたちに進学校へ進む機会を与えるためにグラマースクールがあったそうですが、近年は有名大学を目指すための“無料の進学校”として多くの家庭が入学希望するようになり、日本の中学受験のように家庭教師や塾をつけて準備している家庭も。それでも東京の受験戦争の厳しさと比べたら、ロンドンの子どもたちはよく学びよく遊んで学生生活を謳歌しているような印象です。

 

スクリーンショット 2016-10-21 13.38.32

△ロシアの学校生活について以前ご紹介した『ロシアの小学生』(学研教育出版)も!「わあ、本当だ!おんなじだね!」とページをめくりつつ、2017〜2020年の学校生活のNEW!といえば、日本のランドセル人気でしょうか!?

関連

日本のランドセル文化がロシアへ

【ロシアのなかの日本】9月1日は新学期!ロシアのランドセル人気 2018

【ロシアの学校】9月、新学期!

【ロシアの祝日】職業の日 10月5日 День учителя (教師の日)2019

【ロシアの祝日】職業の日 День учителя (教師の日)2018

【ロシアあるある】基本は青ボールペン!ロシアの学校でお馴染みの文房具を見てみよう!

【ロシアのお土産】まもなく新学期!ノート売り場

【ロシアのお土産】懐かしソ連?!ハリネズミの鉛筆だてと本立て

【ロシアのお菓子】ロシア人の愛する甘さの形はゼフィール!?

【ヴァイオリン備忘録】ロシアの音楽教育と音楽学校

イギリス生活のいろは The first step in England 〜まとめ〜

2021-11-14

日本からロシアへ、そしてロシアから英国へ。新しい国で暮らすのはいつも“不思議の国のアリス”みたいです。イギリス生活のはじまりについてのブログをまとめてみました。最後には、日本人向けの情報サイトもご参考までに。

【家関連】

今回はイギリスのサイト(Rightmove やZooplaなど)で探して、気になる物件があれば不動産屋さんに連絡し、内見をして・・・という流れでお部屋を借りましたが、日系不動産会社もあります。ロシアでもイギリスでも、家具あり物件も充実しており、アイロンや掃除機など含め基本的な電化製品まで備わっていたり、場合によっては、食器など細かなものまで揃っていて、入居初日から生活を始められそうなお部屋もあります。私は炊飯器とパソコンは、東京→モスクワ→イギリスと持参したものを電圧を変えて使用しています。

ロンドンで家探しとロシアでの家探し、どこが違う・・・?

お家選びは、学校や職場へのアクセス、公共交通機関や自家用車、住んでみたいエリアや、家のタイプが大きな決め手になりそうです。私の場合は息子の学校とブリティッシュ・ガーデンの眺めでした!(☆【英国のお気に入り】ロンドンの鳥とモスクワの鳥!定点観測!ブリティッシュ・ガーデンの四季

 

【家具】

コンラン・ショップやデパートのジョンルイス、IKEAなど家具や生活用品を購入できる場所もありますし、イギリスにたくさんあるチャリティーショップや郊外のアンティークマーケットなどで家具を探す方も多いそうで、昨年はコロナ禍でしたので、私も今年開拓してみたいなと思っております。

【英国のお気に入り】思いやる英国とチャリティーショップ、マトリョーシカ!

【英国のなかのロシア】コンラン卿の逝去とコンラン・ショップで見つけたマトリョーシカ

【英国のなかのロシア】JOHN LEWIS & CO.で見つけたマトリョーシカ !

 

【硬水対策】【ゴミの分別】

テムズ川の水は何色?イギリスとロシアのお水事情

【英国のお気に入り】硬水に効く香水⁉︎英国BAYLIS&HARDINGとTHE BODY SHOP、ロシアのナチュラシベリカ

年末の大掃除!ロンドンとモスクワ、ゴミの分別は・・・?

 

【公共交通機関と車】

ロンドンといえば、真っ赤なダブルデッカー!英国とロシアのバス事情

ロンドンはチューブ!モスクワの地下鉄はメトロ!

ロンドンのタクシーとロシアのタクシーを比較!

“The world is your oyster(世界はあなたの思いのまま)”ロンドンはオイスター!ロシアはトロイカ!

2030年までに電気自動車化をめざすイギリス!街がクリーンなのはロシア!?

 

【学校】

【ロシアナの本棚】イギリスとロシアの小学生 〜学校生活まとめ〜

 

【旅】

私は旅が好きなのでNational Trust(https://www.nationaltrust.org.uk)とEnglish Heritage(https://www.english-heritage.org.uk)の会員になっています。どちらも歴史的な建造物や庭園などを保護する目的で設立されたもので、国内の見所などを網羅したハンドブックも役立ちますし、年会費を払うと郊外のお城や邸宅、四季折々のイングリッシュガーデンなど無料で訪れることができるので、もしご旅行がお好きでしたらおすすめです。

【英国のお気に入り】敬称と郵便番号が英国流!? ナショナルトラスト 2020 ハンドブック

【英国のお気に入り】ナショナル トラスト 2021 ハンドブック

 

【コロナ対策】

虹色のロンドン!英国とロシアの新型コロナウイルス対策

1度目はモスクワで、2度目はロンドンで。ロックダウンとホームスクーリング

 

【英国生活情報サイト】

☆渡英前から役立つ情報として Focusという在イギリス駐在員向けサービスが下のリンクを無料で公開しているそうです。(テーマによっては有料会員向けの公開ですが、様々な内容を扱っているとのことです)Focus https://www.focus-info.org

☆運転される方向けのサイトですが、サイトから購入できるガイドブックが役立ったという方もいらっしゃいました。英国生活ガイドLiB https://www.lib.uk.net

日本語情報誌

☆英国ニュースダイジェスト http://www.news-digest.co.uk/news/(イギリス便利ガイド https://guide.news-digest.co.uk

☆onlineジャーニー  https://www.japanjournals.com 

 

 

「郷にいれば郷に従え」あるいは「住めば都」なんてよく言いますが、初めてロシアへ旅立った2007年、トランクひとつで、しかもその半分は空っぽだったので(ドキドキとワクワクが詰まっていました)、お手伝いのために来てくださった先輩たちに驚かれてしまったのを覚えています。前任の先輩方がすぐに生活を始められるようにと社員寮のお部屋にあらゆる生活用品を置いていてくださったことが大きいのですが、ロシアではなるべくロシアの商品を試し、ロシア人から学んで、ロシア生活を味わいたい!と思っていました。その気持ちはやっぱりイギリス生活でも変わりません。イギリスのお気に入り、たくさん増やしていきたいです。

「カールトン・クラブ」のアフタヌーンティーとウェリントン・ブーツ

2021-11-13

久しぶりのアフタヌーンティ、1832 年創立の名門メンバーズクラブCarlton club(カールトン・クラブ)のウェリントン・ルームへ。

unnamed

△フィンガーサンドイッチ(スモークサーモン&サワークリーム、きゅうり&クリームチーズ、エッグマヨネーズ)とスコーン(プレーンとフルーツ)にクロテッドクリームとジャムを添えて、そしてケーキ(ラズベリー・マカロン、チョコレートプラリネ・ムース、マドレーヌ、レモンメレンゲパイ)の3段に美味しいミルクティーとシャンパン。

IMG_2843

△深い赤を基調にしたウェリントン・ルームには、ウェリントン公爵の大きな肖像画がかけられていました。ウェリントン・ブーツ(Wellington boot)の名前のもとになっている人物です。19世紀、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーが依頼して作らせた乗馬靴で、時代に合わせて革製からゴム製へと改良されていきました。第一次世界大戦、第二次世界大戦でも英国軍のために大量のウェリントン・ブーツの作成を依頼されたThe North British Rubber Company社(現在のハンター社)のブーツは、現在もとても人気があります。

IMG_2840 

IMG_2842

ちょうど同じ日、息子はサイエンスの課外学習でハムステッドヒースへ。変わりやすいお天気の秋冬のヒースでは、ウェリントンブーツは必需品です。

IMG_4152

△イギリスのハンター(HUNTER)のブーツは、日本でも人気。(フランスのエーグル(Aigle)と世界的にも人気を二分しているそう。)

IMG_4153

△王室御用達の証、ロイヤルワラントもついています。

IMG_1463

△ハムステッドヒースにある美しい白亜の邸宅ケンウッド・ハウス(【英国のなかのロシア】奴隷制廃止のきっかけは褐色の肌の伯爵令嬢!?プーシキンの孫も暮らしたケンウッド・ハウス)を訪れましたが、

IMG_1452 

△皆つぎつぎに駐車場でウェリントンブーツに履き替えて・・・

IMG_1458

△ぬかるみの冬のヒースを元気よくお散歩していました。

IMG_1465

△もみの木の販売もはじまっているようです。(☆ロンドンでも、本物のもみの木でクリスマス・ツリーを飾ろう!

IMG_1469

IMG_0440

△街はイギリスの一大イベント、クリスマスに向かっています。