追悼・川村カオリさん

2009-07-31

28日、ロック歌手川村カオリさんが38歳という若さでこの世を去りました。
30日には東京都千代田区の日本ハリストス正教会・ニコライ堂でしめやかに通夜が営まれました。

ニコライ堂は東京のロシア正教会。
カオリさんはロシア人の母を持ちモスクワ生まれ。
幼少のころにロシア正教の洗礼を受けていたそうで、
この教会が選ばれたようです。

放送局「ロシアの声」の音楽番組「MMM(モスクワミュージックマガジン)でも、
川村カオリさんに捧げる緊急特別番組
「スパコイナイ・ノーチ(お休みなさい)・カオリ・サン」が放送されます。

▲川村カオリさんの歌うロシア民謡「黒い瞳」
1989年4月01991年6月、川村さんがパーソナリティーを務めていらした
人気番組「オールナイト・ニッポン」には「ゴルバチョフへの手紙」という人気コーナーがあり、
ロシアの声(当時のモスクワ放送)の日向寺チーフアナが出演していました☆
また、川村さんがモスクワ放送に出演してくださったこともあり、
インタビューの声も残されています。
モスクワからスタッフ一同川村さんのご冥福をお祈り申し上げます。
川村カオリさんオフィシャルブログ 

ロシアの警察は02!

2009-07-30

と以前ご紹介しましたが、
02は・・・警察です!

▲ロシアのパトカー
日本のパトカーとサイレン音は似ていますが、
ランプ色は赤ではなく、赤×青!
ちょっとロシア国旗風ですね。
これは交通整備をしていたパトカーです。

警官の制服はこんな感じ。
これは地下鉄の入口で撮影しました。
女性警官もよく見かけます。

冬になると毛皮の帽子をかぶります。
毛皮の帽子が制服・・・いかにもロシアっぽいですよね!


100円均一ならぬ59ルーブル均一!?

2009-07-29

日本ブームのモスクワでは、大手スーパーならちょっとした日本食材も買えますし、
いまや日本人シェフのいる日本食レストランでお食事もできます。
でも、自分でお料理したいなら・・・と教えてもらったджапро(ジャプロ)
モスクワで15年もの間日本食材を提供しています。
最近、日本国大使館すぐそばの新店舗になりました。

▲旧店舗

▲新店舗

なかを覗いてみると・・・

お醤油がズラリ。やっぱり韓国製や中国製より馴染みの味・・・。
“キッコーマン”は既にロシアでも人気ブランド!
輸入なので値段は2~3倍とお高めで1Lボトル約1000円くらい。
ほかにも「青ジソドレッシング」とか「ごま油」とか。
こういう和の香りって恋しくなります。

インスタントのお味噌汁やカップ麺、
羊羹やおせんぺいなど和のお菓子もたくさん☆
びっくりすることに、いつ行ってもロシア人がたくさんいます!

日本酒、日本人形、茶器、扇子、炊飯器・・・
ちょっとした日本のお土産も揃っています。

そしてお米コーナーにはずらりと「つがるロマン」が!
わあ、モスクワでも青森のお米が食べられるなんて!!
青森出身の私は、個人的に感激・・・

そして、100円均一よりお得な感じはないものの・・・?
59ルーブル均一なるものまで発見しちゃいました!
100円ショップで売っている商品が約200円で購入できるようです。

джапро

Россия, Москва, Астраханский пер., дом 5, строение 1, 
тел: (095) 680 2545, 680 1327.