プリュシェンコ選手の息子さんも羽生選手を応援!ロステレコム杯 2017

2017-10-23

モスクワで初雪の降った日、およそ8年ぶりのフィギュアスケート グランプリシリーズ ロステレコム杯へ行ってまいりました!

スクリーンショット 2017-10-23 4.05.21 

会場は変わらずメガスポルト。出場選手の顔ぶれは変わり、今年のポスターの顔はエヴゲニヤ・メドベージェワ選手。

スクリーンショット 2017-10-23 4.04.07

セーラームーンなど日本のアニメ好きとしても知られていて、インスタグラムには自ら”アニメオタク”を自己紹介しているほど。仲良しのフィギュアスケーター本田真凛選手との浴衣姿や舞妓姿、コスプレの写真などがたびたびアップされて話題になります。ロステレコム杯も見事制しました!

スクリーンショット 2017-10-23 4.03.20

今回は、日本から羽生結弦選手が参加することもあり、日本からの応援ツアーの皆様はもちろん、モスクワ中の日本人がここに集結したような注目度でした!大好きなだという、くまのプーさんのティッシュケースを愛用されている羽生選手。素晴らしい演技の終了後には・・・噂のプーさんの雨!

スクリーンショット 2017-10-23 4.03.46

 

プーさんのぬいぐるみを集める子どもたちのなかで、赤いお洋服の男の子が羽生選手に近づき話しかけていました。優しく頭をなでてもらっていました。

 

スクリーンショット 2017-10-23 4.47.23

 

△すでにモデルとして活躍するプリュシェンコ選手の息子さんアレクサンドル(サーシャ)君も父とともに観戦。父より強くなるためフィギュアスケートも習っているようです。人気音楽プロデューサーの母 @rudkovskayaofficial と、プリュシェンコ選手 @plushenkoofficia とともに、その一挙手一投足が注目されていて、すでに公式のインスタグラムアカウントも!プリュシェンコ選手に大きな影響を受け、羽生選手も少年時代にはこんなヘアスタイルだったそうです。

 

http://www.toto-growing.com/interview29_1

 

△“ロシアの師匠から教わったこと“など興味深い話題で、ロシアで活躍するピアニスト松田華音さんと対談した映像も公開されています。天賦の才能を思う存分に発揮できる分野では、圧倒的なオーラと自信で堂々としていながら、ひとたびそこを離れると自然体で笑うことができる、素晴らしい可能性を秘めたお二人の今後のご活躍から目が離せません!もちろん、プリュシェンコ選手の息子さん、サーシャくんからも・・・!

 

 

カテゴリー: 今日のロシア

Superdry 極度乾燥(しなさい)!?

ロシアでも大人気のユニクロも入っている、モスクワ中心部のショッピングセンターТЦ «Охотный ряд»をお散歩中。

スクリーンショット 2017-10-23 3.31.51

 

Superdry(スーパードライ)ですが、ビールではなく、お洋服屋さん。ん?極度乾燥(しなさい)???

 

イギリスで人気上昇中のブランドだそうで、創業者のイギリス人の方が、日本で出逢ったビールのスーパードライからインスピレーションを得てブランドコンセプトに採用したそう。外国ではエキゾチックな魅力を持つ日本語は、ここロシアでも”おしゃれ“に取り入れられています。(関連ブログ☆H&Mモスクワの東京トレーナー&パーカー

スクリーンショット 2017-10-23 3.50.17 

『Superdry 極度乾燥(しなさい)』は、ただいま世界展開中で、まもなく日本にも上陸(逆輸入・・・!?)するとかしないとか。でも、自慢のブランド名だけでなく、商品やタグなどにも“デザインとしての日本語“があしらわれていたりするので、つい意味を考えて読んでしまう日本人にとってはちょっと手に取りにくいものばかりのような・・・。

 

公式URL: https://www.superdry.com

カテゴリー: 今日のロシア

まるで夢のダーチャでお買い物気分!?“アガーフィアおばあちゃまのレシピ“専門店へ

2017-10-22

10年前にも人気があり、ブログでもご紹介しました «Рецепты бабушки Агафьи» “アガーフィアおばあちゃまのレシピ”シリーズ(関連blog☆)。日本にも出店し世界的に知名度を獲得したロシアのオーガニックブランド”ナチュラ・シベリカ“(関連blog☆)の前から、シベリアの薬草などナチュラルな原料を用いたシャンプーやコスメ類は、使い心地も優しくお値段もお手頃で、その素朴な雰囲気が人気でしたが、2016年にブランドのコンセプトを全面に打ち出した初の専門店が誕生しました!

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.10

△薬草の柄の壁紙に、アガーフィアおばあちゃまの肖像画。

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.45.38

△入り口を入るとすぐに目に入るサモワール(ロシア式の湯沸かし器)!可愛らしい制服の店員さんが温かいお茶を淹れてふるまってくださいます。

スクリーンショット 2017-10-19 14.45.09

△スーシキ(ロシアで昔から紅茶のお供に好まれる、ドーナツ型の乾パンのような素朴な味のビスケット)もご自由に。蜂蜜やヴァレーニエ(果物の形を残して煮込んだジャム)を味見して、気に入ったら購入も可能です。

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.46.04  

△そして同じくお店の真ん中には、ロシア式の暖炉ペーチカ!タイルの柄ももちろん、アガーフィアおばあちゃまと薬草です。白樺の薪が雰囲気を醸し出していますね。このスペースでは、小さなお子様がお母様の買い物の間に過ごせるようにと、絵本や塗り絵が用意されていました。

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.48.02

△まるで、シベリアにあるアガーフィアおばあちゃまのダーチャに招かれたようなインテリアが魅力です。

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.48.37 

△ロシア式サウナ”バーニャ”やお風呂でおすすめのグッズがまとまっていたり、

スクリーンショット 2017-10-19 14.48.49  

△”ホワイト・アガーフィア“などシリーズごとにまとまっていたり。

スクリーンショット 2017-10-19 14.46.40

△とても見やすい陳列で、親切な店員さんが使い方などを教えてくださいます。プレゼントにぴったりのラッピング商品も豊富です!

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.24

△牛乳瓶やジャムのようなデザインや、キャンディのように両端がリボンでデコレーションされているパッケージも素敵!

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.03

△お土産人気No.1のハンドクリームは、テスターもありました。

スクリーンショット 2017-10-19 14.46.56

 

奥の小部屋は、ダーチャで夏に採った野菜や瓶詰めの漬け物・ジャムなどを保管しておく納戸のような作りになっていて、冷蔵の商品や食品コーナーになっていました。

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.37

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.46 

△みみずくがいました!

スクリーンショット 2017-10-19 14.47.32

△オリジナルの食品シリーズは現在、こちらでしか購入することが出来ません!

 スクリーンショット 2017-10-19 14.46.48  

△その商品を使った感想などが寄せられた実際のお手紙を商品の横に貼っているのもユニークでした!見かけたことのないお掃除用品まで!こうしたたくさんの声に応えて、待望の専門店オープンに至ったのですね。

どこを見ても楽しく、どれもこれも試してみたくなる商品ばかり。またぜひ伺いたいと思います!

 

スクリーンショット 2017-10-19 14.44.52 

△Agafia shop 

住所:  Ленинский проспект, дом 72/2

電話: 8-495-739-32-9

URL: http://www.1reshenie.ru

 

カテゴリー: 今日のロシア