ЦДМ 1階 メインアトリウム探検!

2017-08-07

1957年に«Де́тский мир»として開店し、大改装工事を経てリニューアルオープンした«Центральный детский магазин на Лубянке»。店内にはまだ改装中の場所も多く、これからオープンするお店も続々控えています。 授乳室やトイレも完備されているのでゆっくり快適に過ごせるお店です。

スクリーンショット 2017-08-04 16.44.42

1階は、メインアトリウム。

 

スクリーンショット 2017-08-04 21.55.11

△正面の大時計が歴史を刻みます。昔も今も、子どもたちの夢が詰まっているこの素晴らしい建物を生かして改装されました。1階と2階の間部分にはぐるりと線路が敷かれ、イベントごとにデコレーションされた乗り物が飾られています。

 

スクリーンショット 2017-08-04 21.54.37

△ 吹き抜けの天井には美しいステンドグラス。

催事が行われていることもあるメインアトリウムには、楽しい雰囲気でワゴンも並んでいます。

スクリーンショット 2017-08-04 16.45.06 スクリーンショット 2017-07-28 4.38.38 スクリーンショット 2017-08-04 16.45.14

△ロシアで人気の屋台といえば、昔も今ももちろん、このコップ型アイスクリーム!そして日本の綿アメも根強い人気です。(ロシアで ВАТА (綿あめ)注文してみました

 

スクリーンショット 2017-08-04 16.45.37

△この逆三角型のジューススタンドは以前からみかけますが(ソ連⇔ロシア 食料品タイムスリップ!?)、味もユニーク!レモネード、レモンライム、メロン、洋梨までは分かりますが、ロシアで昔から人気があるというタルフンとメギ。

スクリーンショット 2017-08-04 16.45.50 スクリーンショット 2017-08-12 2.19.12 スクリーンショット 2017-08-12 2.19.32

好きな味を選び炭酸で割ってもらいます。緑色のタルフンは、タラゴン(エストラゴン)というロシア〜中央アジアに分布する草の風味がついた飲み物。1杯50ルーブル。

 

スクリーンショット 2017-08-04 16.49.17

スクリーンショット 2017-08-04 21.56.23 スクリーンショット 2017-08-04 21.56.51  

△乗り物好きなな息子のお気に入りはこちら。МИР Hamleysではお気に入りの車やバイクを選んで、250ルーブルで5分間、このメインアトリウム内を自由に運転することが出来ます。(2階で実際に販売もされています。)

スクリーンショット 2017-08-04 16.48.47

 

ソニーのPS4(プレイステーション4)も大人気!

子供用の衣類や靴、雑貨(モスクワの学生にお洒落な和製ランドセル!)、お土産やさん(ロシア土産に、プーチン大統領チョコにソ連チョコ)もあります。

 スクリーンショット 2017-08-07 0.05.50 スクリーンショット 2017-08-07 0.06.17

△地下鉄ルビャンカ駅11番出口方面から直結でも入店できます。 

«Центральный детский магазин на Лубянке» http://cdm-moscow.ru/school/#/

関連

ロシア色のステンドグラスに彩られた«ЦДМ»のフードコート

知る人ぞ知る展望スポット«Смотровая Площадка»へようこそ!

ソ連おもちゃに囲まれて«Музей Детства»(子ども時代ミュージアム)

カテゴリー: 今日のロシア

ロシアを代表するチョコレートАлёнка アリョンカのショップ&カフェ

2017-08-06

ロシアのお土産の食品部門で人気なのがチョコレート!ソ連時代から受けつがれてきたロシアらしさに溢れる包装紙の可愛らしさがポイントです。その代表ともいうべきは«Красный Октябрь»(赤い十月)社の «Алёнка»(アリョンカ:ロシアの女性の名前ЕленаやОксанаの愛称形)チョコレート。そんなアリョンカの名前を冠したチョコレートショップ兼カフェが、モスクワの街中やモール内に増えています。

スクリーンショット 2017-08-06 1.16.40

△看板娘のアリョンカが目印です。プラトークを巻いたほっぺたがなんとも可愛らしい!

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.17.43

△スーパーやお土産屋さんでも必ずといっていいほど置いてあるアリョンカですが、もちろんここでは味も種類も全商品がずらり。注目の新作のひとつはСладкая Мозаикаで、板チョコのなかにカラフルなドラジェが入っています。ほかにはポップコーンの入ったХрустящая Сказкаなど。(どちらも78ルーブル)

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.24.58

△店内は量り売りで好きなチョコレートを好きなだけ購入できます。では購入の仕方をご紹介いたします。

スクリーンショット 2017-08-06 1.22.12

 △まずは、このビニール袋に、好きなチョコレートを選んでいれます。ひとつの袋には1種類で、最低4つからになっています。レジ横のカートやかごも自由にご利用下さい。

 

 スクリーンショット 2017-08-06 1.23.29 

△つぎにこちらの秤に1袋ごとにのせます。タッチパネルには写真つきで全種類のチョコレートが表示されていますので、秤にのせたものと同じチョコレートを探してタッチします。すると重さに合わせて右脇から値段シールが出てきますので、それを袋に貼って終了です。(そばにいる店員さんがすぐに親切に手伝ってくださいます)

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.19.23 

さてどれにしましょう・・・あれもこれも可愛らしくて迷ってしまいます!同じく«Красный Октябрь»の «Мишка косолапый»(ミーシュカ カサラープィ:ゆっさゆさ歩く熊さんというような意味)という熊が描かれているチョコレートも定番です。ウエハースが軽い食感でお気に入りのこのチョコレート、トレチャコフ美術館に所蔵されている画家イヴァン・シーシキンの名画『松林の朝』をモチーフにしています。

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.22.54

スクリーンショット 2017-08-06 1.23.00

 

△あかずきんちゃんに、りす、スターリン建築の建物に、宇宙、バレエ・・・見た目も味も、2007年にモスクワにいたころと変わっていません。私は正直なところ、慣れ親しんだ日本のチョコレートの味の方が好きなのですが、この包み紙の可愛らしさには惹かれてしまいます。

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.23.45 

△もちろん、新作やリバイバル商品も。商品につけられたНОВИНКА!(新作!)とХИТ!(人気!)のポップも参考になります。

スクリーンショット 2017-08-06 1.22.47 

△箱入りも、ロシアらしさたっぷりの素敵なデザインが豊富です。

スクリーンショット 2017-08-06 1.18.46 スクリーンショット 2017-08-06 2.04.03

 

△ロシア柄のコインチョコ(大 53ルーブル、小27ルーブル)や、«Птичье молоко» 鳥のミルク(関連☆【今日のロシア】バレンタインデーと鳥のミルク)や通訳で作家の故米原万里さんが愛したお菓子としても知られる«ХАЛВА»など、ロシアを代表するお菓子もさまざまな種類がありました。

 

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.20.53 

スクリーンショット 2017-08-06 2.03.37

△«Красный Октябрь»をはじめ、«БАБАЕВСКИ»や«Рот Фронт»など、ロシアを代表するチョコレート菓子工場の直営店なので、品揃えも豊富ですし安心して購入できます。各社を代表するお菓子の包み紙がパッチワークのようになっている柄が、インテリアにも多用されていて素敵です。さっそく購入時に2%割引のあるディスカウントカードも作りました。

 スクリーンショット 2017-08-06 1.20.09 

△店内にはカフェも併設されており、ピロシキやケーキなどを注文することができます。こちらのお店ではまもなく子供が遊べるスペースやお料理スタジオも出来るようです。なんと、飲み物を注文するとチョコレートがひとつプレゼント!

 

スクリーンショット 2017-08-06 1.21.38  

 

 «АЛЁНКА»公式サイト http://www.alenka.ru 

ФИРМЕННЫЕ МАГАЗИНЫ «АЛЁНКА»直営店公式サイト http://shop.alenka.ru

ショップ所在地一覧はこちら

 

 

カテゴリー: 今日のロシア

ソ連おもちゃに囲まれて«Музей Детства»(子ども時代ミュージアム)

2017-08-04

2015年にリニューアルオープンし今年で60周年を迎える«Центральный детский магазин на Лубянке»の6階には、映画館(関連☆映画館 КИНОТЕАТР формула КИНОで『ГАДКИЙ Я 3(怪盗グルーのミニオン大脱走)』)とフードコート(関連☆ロシア色のステンドグラスに彩られた«Центральный детский магазин на Лубянке»のフードコート)があります。

その一角、非常階段へ続く小さなドアから、展望台«Смотровая Площадка»へ行けるのですが(知る人ぞ知る展望スポット«Смотровая Площадка»へようこそ!)、その途中に«Музей Детства»(子ども時代ミュージアム)もあります。

スクリーンショット 2017-08-04 11.52.01

 

ちいさな展示室には主にソ連時代の貴重なおもちゃがたくさん展示されていて、写真撮影は自由です!

スクリーンショット 2017-08-04 11.58.26

 

スクリーンショット 2017-08-04 11.52.48

 

△おきあがりこぼしのコレクション

 

 

スクリーンショット 2017-08-04 11.59.22

 

△チェブラーシカのぬいぐるみにロシア民族楽器アコーディオンのバヤンのおもちゃ。

スクリーンショット 2017-08-04 11.53.36

 

△ままごとセットに1980モスクワ五輪のマスコット、右隅にくまのミーシャもありますね。

 

スクリーンショット 2017-08-04 11.54.15

 

△ロシア版くまのぷーさんの数を学ぶおもちゃ

スクリーンショット 2017-08-04 11.54.52

△もちろん、マトリョーシカも!

 

スクリーンショット 2017-08-04 11.54.29

スクリーンショット 2017-08-04 11.55.58 スクリーンショット 2017-08-04 11.55.38 

△ミニ戦闘機とソ連ミニカー。

スクリーンショット 2017-08-04 11.55.16

 △「この熊のぬいぐるみは1938年製。ニコライ君の4歳のお誕生日に、両親がモスクワで購入してプレゼントしました。熊は、都心のтрубная улицаで家族と一緒に暮らしていました。3年後に戦争がはじまりましたが、ニコライ少年とママは家を離れずにこの厳しい時期を耐え抜きました・・・ニコライ少年は今やすっかり80歳のおじいさんになりましたが、今も家族とともにモスクワに住んでいます。・・・娘と孫、そして2人の曾孫(アルチョム君7歳とアリサちゃん2歳)に恵まれました。みんなこの熊のぬいぐるみのことを愛しています。(意訳)」おもちゃには、家族の歴史や思い出がつまっているんですね。

 

スクリーンショット 2017-08-04 11.57.00

△ソ連時代の子供部屋を再現したスペースも。

ミシンやアイロン、カメラなどのコレクションも可愛いです。

スクリーンショット 2017-08-04 11.56.20 

スクリーンショット 2017-08-04 11.58.54

スクリーンショット 2017-08-04 11.57.26

 

△かばんの中身ご紹介!文房具にゲーム機・・・左端のノートは今も使われています。

スクリーンショット 2017-08-04 11.57.59

 

ひとつひとつが興味深くて時間を忘れてしまいます。おしゃべり好きな係員のおじいさんが「こういうおもちゃは日本にもあるのかい?いや〜これこれ、これを見てご覧よ、ああ懐かしい!これはね・・・」と教えてくれます。多くの商品が、かつてこの場所で売られていたと思うと、タイムスリップしたような気分を味わえます。

 

«Центральный детский магазин на Лубянке» http://cdm-moscow.ru/school/#/

カテゴリー: 今日のロシア