赤の広場が本の広場に!毎年恒例のブック・フェスティバル!【赤の広場】

2019-06-05

赤の広場が本の広場になる毎年恒例のブック・フェスティバル!今年2019年は6月1〜6日に開催されました。夏の陽射しの下、本をテーマに大小ステージではさまざまな講演会やトークショー、ジャンルや出版社別の大規模ブース、子ども向けのマスタークラスやイベントなど・・・盛りだくさん!

IMG_8298

IMG_8290

IMG_8310

IMG_8307

IMG_8308

IMG_8291

本棚の前はどこも大勢のロシア人で溢れ、人気作家サイン会&トークショーには長蛇の列、レクチャーでは質問が飛び交います。

IMG_8309

△ロシア各地域の本を扱うブース。美しい民族衣装姿で、珍しい本がたくさん!

IMG_8294

△モスクワ市内各地区にも図書館があり、多くのロシア人が利用しています。

IMG_8299

△無料ミネラル・ウォーターのサービスも。グム百貨店近くでは、飲み物やアイスクリームの屋台も出ていました。

IMG_8305

IMG_8302

△CLEVER社のブース。2年前のちょうど今頃、日本では幼稚園の年長さんにあがったばかりだった息子。ロシアの新しい学校へ行くのが不安そうだったので、何かロシアの幼稚園&学校生活を扱った楽しい本はないかなと探して出逢ったのがCLEVER社の本『МАМА СКОРО ПРИДЁТ』(Ирина Зартайская著)でした。

IMG_8410

△優しいパパとママの愛に包まれて、主人公の男の子がはじめてひとりで幼稚園へ・・・その一日の成長とママがお迎えにきたときの安心感に何度読んでも胸がいっぱいになります。何度も何度も読んで勇気をもらい、はじめは涙をこぼしながらスクールバスに乗る日もあった息子も、今では学校が大好き!想い出の一冊です。

IMG_8411

今年は別の書店ブースで一緒にモスクワ歩きを楽しめる一冊を選びました。知っている建物や通りの名前も多く興味津々です。地図が好きな息子のほうがすでにモスクワ地図が頭に入っているようなので、私も負けないようにがんばります!

【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】おさかな天国!!おさかなウィーク!

2019-06-04

モスクワの四季を楽しむモスクワ・シーズンズ・フェスティバル!(【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】«Московские сезоны»(Moscow Seasons)2019カレンダー

今年初開催の聖ニコライの日(5月17~19日)につづき(【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】聖ニコライの日)・・・同じ船のディスプレイをアレンジして人気イベント «Рыбная неделя» おさかなウィークが開催されました(5月24日~6月2日)!

IMG_8074

IMG_8067

IMG_8190

IMG_8046

△どこもかしこも魚!海の生き物や船などをテーマにしたデコレーションが照りつける夏の太陽の下でとっても涼しげ。都内数カ所で開催されていますが、赤の広場に近い会場(革命広場〜マネージナヤ広場へ)をお散歩。

IMG_8193

△子どもたちが水遊びしたりゲームしたりと楽しめるコーナーや、音楽イベントの催されるステージ、記念写真スポットも!

IMG_8183

△海の幸たっぷりのバルセロナ・パエリヤ!あっちもこっちも所狭しと屋台が並び、イカや海老、サーモンなどシーフードの焼ける煙がもくもくとあがって食欲をそそります。

IMG_8079

IMG_8072

IMG_8070

IMG_8081

IMG_8187  

△アムールの子持ちししゃもフライ!目の前でどんどん揚げて熱々を提供してくれます。ほかにもムール貝やブイヤベース、ロシアの魚スープ“ウハー”、ムルマンスクの鱈の肝のサラダ、フィッシュ・バーガー、フィッシュ&チップス、ロシアのクレープ“ブリヌイ”や韓国の肉まん“ピョンス”のシーフード味・・・

IMG_8082

△生牡蠣も大行列でした!

IMG_8192

△モスクワ市内の人気シーフードレストランがたくさん屋台を出しており、ウラジオストクのシーフードが自慢のムミー・トローリなどもありました。(【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『Мумий Тролль(ムミー・トローリ)のミュージック・バー』

屋台では海産物を購入することも出来ます。冷凍の方がややお手頃な値段になっていたせいか、持ち帰りのことを考えてか、そちらに行列が。

IMG_8174

IMG_8198

 △カスピ海産のキャビアも!みんなスプーン1匙、試食していきます。

IMG_8199

IMG_8080

△シベリアの方の珍しい干し魚もいろいろ

IMG_8180   

△マスタークラス

IMG_8173

IMG_8055

IMG_8053

IMG_8168

IMG_8171  

IMG_8169

△大きな網で通行人を捕まえて驚かせるタコ!水兵風のコスチュームに網、頭には折り紙の船を乗せて、手にした魚を泳がせながら会場を練り歩いて盛り上げます。

IMG_8058

IMG_8165  

島国の日本が恋しくなるのは、美味しいお魚が食べたくなるとき。でも、まさか海のないモスクワでおさかな天国が味わえるなんて・・・!市内には今、シーフードを味わうお洒落なレストランが増え、鮮魚を扱う売り場も増加しています。モスクワも変わったなと思う瞬間です。

 «Рыбная неделя» おさかなウィーク https://moscowseasons.com/ru/festival/rybnaia-nedelia/

【グム百貨店】【ロシアのアイスクリーム】子どもの日はアイスクリームの日!

2019-06-03

ロシアでは、6月1日が子どもの日(День защиты детей)。国営百貨店グムでは、子どもたちが大好きな『アイスクリームの日』が開催されました!

IMG_8216

△季節やイベントごとに変身して楽しませてくれるグムの噴水も(【グム百貨店】桜にスイカにサッカーボール!?噴水で春夏秋冬)、巨大アイスクリーム!周りはすでに10年前から春恒例の桜のディスプレイです。

IMG_8220

△夏はもちろん、極寒の冬でもアイスクリームが大好きなロシア人!屋外でもモール内でも、アイスクリームを食べながらお散歩している姿をよく見かけます。もちろん今日も大行列!!!

IMG_8230

△ロシアでは昔から、このコップ型のアイスクリーム“スタカンチク”が定番人気です。(大好きアイスクリーム☆Стаканчик(スタカンチク)☆)基本の白い生クリーム味からクリーム・ブリュレ、チョコレート、チョコチップ、ストロベリーやブルーベリー、ピスタチオなど味も沢山選べます。(1個100ルーブル)

IMG_8213

いよいよ夏の観光シーズン到来。モスクワへいらしたら、グムのなかを歩きながらスタカンチクをどうぞ!

関連☆

Blogトップページから【ロシアのアイスクリーム】や【グム百貨店】で検索していただくと、関連記事をお読み頂けます。