【イギリスのお気に入り】イギリス はリバティ・プリント!ロシアはプラトーク!

2021-09-18

(2021.06)日本のも人気のあるリバティ・プリントの発祥の百貨店リバティ・ロンドン(Liberty London)へ。

IMG_7514

△テューダー・リバイバル様式の美しい建物。ウィリアム・モリスが主導したデザイン運動アーツ&クラフツ(Arts and Crafts Movement)の代表作のひとつです。(ただいま外観の修復中)

IMG_7516

△館内にある建築模型、いつまでも眺めていたくなります。

IMG_7532

IMG_7515 IMG_7533

△吹き抜けのホールや装飾の施されたエレベーターや階段など・・・商品だけでなく建物自体が芸術的。

IMG_7542 IMG_7543

IMG_7545

△リバティ・プリントは、アーサー・ラセンビィ・リバティ (Arthur Lasenby Liberty)氏によるLivety社の生地の総称です。よく見かける柄から初めて見る柄まで・・・ブリティッシュ・ガーデンのような可憐な美しさ。

IMG_7540

IMG_7541

IMG_7531

△こんなワンピース着てみたい!女の子のママならきっとこんなワンピースを着せてみたい!こんなお部屋にしてあげたい!と思うような素敵な柄のワンピースや、お裁縫セットなども充実。

IMG_7538

IMG_7534 IMG_7529

△今の時代の必需品、リバティ柄マスクも・・・!

IMG_7539

IMG_7535 IMG_7536

△手芸好きならこんなプレゼントやお土産も喜ばれそう。

IMG_7526

IMG_7527 IMG_7528

△布製品だけでなく、リバティ柄のラッピングペーパーやステーショナリー、ポストカード。

IMG_7517

IMG_7520

△家具やルームフレグランスなども扱われていました。

さて、ロシアならではの柄や布製品といえば・・・やっぱりプラトーク!(関連☆【ロシアのお土産】伝統プラトーク&モダンスカーフ 2018

IMG_26861-450x600

マトリョーシカがよくかぶっていますし、ロシアを代表するチョコレートでもアリョンカがかぶっています。(☆【ロシアのチョコレート】ロシアを代表するお土産アリョンカのショップ&カフェ)、プラトークはロシア女性の秋冬のおしゃれには欠かせないアイテムのひとつなんです。ロシアのプラトーク工場に見学に行き、ミュージアムも訪れたので、近日中にロシア文化フェスティバルブログでもご紹介できたらと思っていますのでお楽しみに!

関連

【ロシアのお土産】可愛いマトリョーシカ・エプロンを求めて・・・!その1

オホートニィ・リャド〜デザイナー市マトリョーシカで探す冬コート〜【モスクワのファッション】【モスクワのショッピングモール】

【モスクワのファッション】贅沢にカラフルにファーをまとう!