【英国のなかのロシア】ロシア巡業も!彫刻家ロダンのミューズになった日本人女優の花子

2021-09-15

テート・モダンで開催中の彫刻家ロダンの展覧会『THE MAKING OF RODIN』へ。ピカソの妻オリガ、ダリの妻ガラなど、あの画家のミューズがロシア人だった・・・!というのはこれまでご紹介しましたが(☆【スペインのなかのロシア】天才画家のミューズはロシア女性!ピカソの妻オリガ、ダリの妻ガラ)、ロダンのミューズの一人には、日本人女優の花子がいました。

IMG_1402

△イギリス美術を味わう国立美術館テイト・ギャラリーが、2000年にイギリス美術専門のテイト・ブリテンと、この国内外の20世紀(印象派後期から現代まで)を総括し、21世紀を創るアートを扱うテート・モダン(Tate Modern)へ。

IMG_1403

△廃墟となっていた旧河岸火力発電所の建物を生かして美術館に生まれ変わりました。昔も今もパワー・ステーション!

IMG_1409

2021-09-15 14.53.12IMG_1412

△映画『RODIN (邦題:ロダン カミーユと永遠のアトリエ 露:Роден)を観ていたので、時空をこえてロダン先生のアトリエに伺ったような気分になります。

IMG_1411

△『青銅時代』は実在の人物をモデルにした等身大の銅像で、あまりにもリアルな作品でだったために「実際の人間から型を取ったのではないか」と疑惑をかけられてしまいます。

IMG_1415

△日本の国立西洋美術館の庭園でも見ることができる『地獄の門』の一部として創作されていた『考える人』。初めての国からの依頼で、ダンテの『神曲』地獄篇に登場する門という大作に挑みました。

2019年日本では、ロダンの彫刻を楽しんでから、バレエ『ロダン〜魂を捧げた幻想〜』を直近に観る贅沢な体験も。(☆【ロシア文化フェスティバル IN JAPAN】2019オープニング・セレモニー司会へ!)実は、2017年ロシアで、長い改装工事後のボリショイ劇場本館ではじめに観た作品も、このロダンでした。(☆【ロシア文化フェスBlog 】モスクワ通信『改装後のボリショイ劇場本館』をご紹介!

IMG_1416 IMG_1417

IMG_1418

△ロダンの創作人生の大きな転機の一つとなる作品『バルザック記念像』。フランスの作家バルザックの記念像を依頼されたロダンは、あらゆるものを丹念に調べ、バルザックと心を通わせて会話し、魂を込めてその本質を見つめ、目に見える姿だけでなく内面まで表現しました。しかし、その裸像は(ガウンを着せてもなお)一般的なバルザック像とは大きくかけ離れ、作者への尊敬を感じられないと評価されてしまいます。失意のロダンは、その石膏像を終生、自宅に置いていたのだそう。映画の中で、美しい月光に照らされるバルザック像、忘れられません・・・!(日本では、箱根の彫刻の森美術館で見ることができます☆【今日のロシア】箱根・彫刻の森美術館

IMG_1423

△一瞬も目を逸らすことなく取り憑かれたようにデッサンを重ねるシーンもありました。

IMG_1428

そして花子の展示室へ。これまでに花子の頭像を国立西洋美術館で見ましたが、こんなにも多くの頭像を観たのははじめてです。その表情と存在感でロダンを魅了し、花子をモデルに50点以上もの作品が作られています。数々の女性をモデルに起用してきたロダンですが、花子をモデルにしたものが最も多いのだとか・・・。そして多くのモデルは肉体美を銅像にしていましたが、花子に関しては頭像、特にその表情にこだわっていたようです。

IMG_1429IMG_1442

△花子こと太田ひさ(1868−1945)は、愛知県のちいさな村で、8人兄弟姉妹の長女として生まれました。幼い頃から芝居一座の一員として家族の元を離れて旅巡業の日々を送り、その後芸妓となって年配の男性のもとに嫁ぎます。夫以外の男性と恋に落ちて離縁するものの、新しい恋もうまくいかず途方に暮れていたところ、海外で日本の踊り子を募集していると聞いて一念発起、33歳でひとり異国へ旅立ちます。

IMG_1427  

明治から大正にかけて日本ブームだった欧米では、およそ135cmの小柄な花子が日本の踊りを舞う姿はエキゾチックでそれは人気があったのだそう。1905年にここイギリスのロンドンでロイ・フラー(Loie Fuller 1900年のパリ万国博覧会で川上貞奴を出演させ、日本ブームを巻き起こした女性プロデューサー)に見出されて、女優花子として花子一座を立ち上げ、海外巡業した先は、アメリカ、ドイツ、スイス、ポーランド、ブルガリア、オーストリア・・・そしてなんとロシアへも3度訪れたそうです!(1909年、1911年、1912〜13年)。メイエルホリドは、顔の表情のみであらゆる感情を表現できる花子の才能に驚き、1912年ころにはモスクワの演劇学校で演技指導をし、モスクワ芸術座のコンスタンチン・スタニスラフスキーらとも親交があったそうです。現代日本演劇の創設者のひとりである劇作家・演出家の小山内薫は、同時期にモスクワを訪れた際に、(海外では日本人女優として大変人気だったものの、日本では芸者であり女優とは認識されていなかった)貞奴と花子についてロシア人皆が尋ねてくることに驚いたと言われています。そういえば、モスクワのスタニスラフスキーの家博物館には、日本の扇子なども飾られていました。もしかして、花子に関係するものも、あるのかもしれません、がのだそうです。

(☆【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『スタニスラフスキーの家博物館』を訪ねて

IMG_1425

IMG_1431

IMG_1439

△舞台の最後には、断末魔の叫びと苦悶の表情でハラキリ切腹するシーンがクライマックスの演出となっていたようで、1906年マルセイユのthe Coronial E[hibitionで観劇したロダンが感激して、モデルを依頼したのだそう。モデルのお礼に2つの頭像を花子に贈ることを約束していたロダンでしたが、結局はロダンの死後までその約束が果たされることはなかったようです。いつか数奇な人生を歩んだ花子のロシアでの足跡についてもっと調べてみたいです。

IMG_1436

△花子については日本ではあまり知られていませんが、森鴎外の短編小説「花子」のモデルにもなっています。ロダンと妻のローズが暮らす屋敷で一緒に生活していた時期もあり、またかなりの数の手紙のやり取りもしているようでうす。

IMG_1441

IMG_1440

IMG_1456

IMG_1445 IMG_1446

△愛弟子で愛人のカミーユと妻のローズとの複雑な関係も映画では丁寧に描かれていました。吸い寄せられるように触れたくなる、語りかけたくなる、愛おしくなる、ストーリーをまとった大好きな作品。

IMG_1450

△『カレーの市民』イギリスからドーバー海峡を渡って到着するフランスの港町です。(☆【イギリス国内旅】『007 ロシアより愛をこめて』イアン・フレミングはロイター通信ソ連支局長!ドーヴァーからディール、サンドイッチ・ベイへサイクリング

IMG_1406

IMG_1460

 

△カフェのテラスからは、翼を広げてテムズ川の上を飛ぶようなミレニアム・ブリッジとセント・ポール大聖堂がきれいに見えます。

IMG_1467 IMG_1464

△グラウンド・フロアでは、ファミリー向けのユニクロのお絵描きプロジェクトも。

IMG_1469

IMG_1470

IMG_1473

IMG_1471

IMG_1475

IMG_1474

 

過去関連ブログ

【英国のなかのロシア】ガヴァリット・モスクワ!テートモダン〜常設展〜 

海を描くイギリスのターナーとロシアのアイヴァゾフスキー!テート・ブリテン(Tate Britain)の『Tuner’s Modern World』へ

【日本のなかのロシア】本田圭佑選手、リトアニア へ!

サッカー日本代表として活躍した本田圭佑選手が自身のYouTubeチャンネルで、新たにリトアニア のチームでプレーすることを発表されました!

本田選手といえば、日本のJリーグでプレーした後は海外へ。オランダ、ロシア(2010年〜2014年 ツェスカ・モスクワ)、イタリア、メキシコ、オーストラリア、再びオランダ、ブラジル、そしてアゼルバイジャン(2021年3月〜6月 ネフチ・バクー)とまさに世界を股にかけてプレーしてきました。私がロシアナウンサーとしてモスクワに勤務していたのが2007〜2009年、2度目の滞在が2017〜2020年なので、ちょうど試合を、ツェスカのユニフォームでプレーする本田選手の勇姿を生で観戦できず。

ツェスカ・モスクワ関連ブログ

 ☆【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『ロシア国内プレミア・リーグ観戦!ツェスカ・モスクワ VS ロストフ』

 ☆【スポーツ】ロシア国内プレミア・リーグ観戦!ツェスカ・モスクワ VS ロストフ

その強靭なメンタルは、ワールドカップに3回連続出場しゴールを決めるという偉業を達成して証明済みですが、ロシアで生活し、ロシア人ばかりのチームで4年プレーして、ホンダの名を知らしめただけでも、素晴らしいコミュニケーションの力が計り知れます。2017年のモスクワでも、お土産市場で本田選手のマトリョーシカを見かけましたし、日本人だとわかると「オー!ホンダ!」なんて声をかけてくださったロシア人も。さらには、ご本人もご存じないのではないでしょうか!?サッカーをテーマにしたサーカスのストーリーのなかで、本田選手がコミカルに活躍していました。

IMG_9188-450x600

ワールドカップ2018ロシア関連ブログ

 ☆【W杯2018モスクワ】〜まとめ〜

本田選手が登場する!?サーカス関連ブログ

 ☆【ロシアのサーカス】本田圭佑選手が活躍!?サッカー×サーカス

さらには、アゼルバイジャン!!そして今回もあっと驚く新天地を発表!またしても旧ソ連圏のリトアニア !!!プーチン大統領の存在でもお分かりいただけるように、とにかく大きくて広くてなんでもありの不思議の国ロシアにおいては、分かりやすいくらいに心身ともに鍛錬された力強い男性のリーダーシップに憧れがあります。そんなロシア気質が肌に合うのかもしれませんね。また、日本においてロシアは、寒くて、怖くて、“近くて遠い国“のイメージからなかなか抜け出せませんが、ロシアにおいて日本のイメージは特別に良く(日露関係は、ロシアの片思い、なんて言われたりもしています)、そこもロシア生活でプラスに作用したかもしれません。本田選手はバルト三国を訪れるのも初めて、なんだそうです。

IMG_3892 IMG_3885

IMG_3970IMG_4150IMG_4012

バルト三国の関連ブログ

 ☆【旧ソ連圏 バルト3国のなかのロシア】〜まとめ〜

リトアニア 関連ブログ

 ☆【旧ソ連圏 バルト3国リトアニアのなかのロシア】〜まとめ〜

サッカーで世界地図を作り続けて欲しいですし、世界中でゴールを決めて、これからも日本の子どもたちと世界中のファンをワクワクさせて欲しいなと思います。