【英国のなかのロシア】エリザヴェータ・フョードロヴナに再会!世界遺産ウェストミンスター寺院

2021-09-08

ロンドンの必ず訪れたい観光名所として挙げられるウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)。隣接する国会議事堂や聖マーガレット教会とともに世界遺産に登録されています。英国王室の教会として、戴冠式をはじめ、歴史的な国の行事や式典の舞台となってきました。そんなウエストミンスター寺院でもロシアに出会えるのをご存じでしょうか?今年のお誕生日はここに来ようと決めていました。

IMG_1173

△チケットを購入しなくても外観から見ることができる場所に、20世紀の殉教者たちの銅像が並んでいます。

IMG_1171

△この左から4番目が、エリザヴェータ・フョードロヴナ(英語:Grand Duchess Elizabeth 露:Елизавета Фёдоровна)です。ウガンダのヤナニ・ルアム大司教と、アメリカのマーチン・ルーサー・キング・ジュニアの間に立っています。

IMG_1177

△エリザヴェータは、ドイツのヘッセン大公ルートヴィヒ4世とアリス王妃の次女として誕生しました。最後のロシア皇帝ニコライ2世の妻アレクサンドラ皇后の姉にあたります。(長女ヴィクトリヤВиктория、次女エリザヴェータ Елизавета、三女イレーナ Ирена、長男エルンスト・ルードヴィヒ Эрнст Людвиг、次男フリードリヒ Фридрих、四女アレクサンドラ Александра、五女マリヤ Мария 7人の兄弟姉妹でしたが、次男のフリードリヒは幼くして事故死、またジフテリアの流行で五女マリヤも4歳で亡くなってしまいました。)

2021-09-09 9.20.07

△幼い頃に母アリスを亡くし、祖母にあたるイギリスのヴィクトリア女王のもとで育てられました。(写真はRomanov Empire – Империя Романовыхより。ヴィクトリア女王を囲んで、女王の義理の息子にあたるヘッセン大公ルートヴィヒ4世と孫たち:ヴィクトリア、イレーナ、エルンスト・ルードヴィヒ、エリザヴェータ、アレクサンドラ)。長女ヴィクトリヤは、現在のエリザベス女王の夫である故エディンバラ公フィリップ殿下の祖母にあたります。(☆ロマノフ家の末裔にあたるエディンバラ公フィリップ殿下のご逝去・・・悲しみに包まれるイギリス

2021-09-08 15.24.02

“ヨーロッパで最も美しいプリンセス”と称されたエリザヴェータ・フョードロヴナは、心優しく慈愛深い女性でした。ロシアのセルゲイ大公(セルゲイ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフСергей Александрович Романов アレクサンドル2世の五男)と結婚。(そこに居合わせた皇帝ニコライ2世が、エリザヴェータの妹アレクサンドラを見初めて結婚に至ったと言われています。)信心深い美人姉妹の二人は、ロシアへ嫁ぐとロシア正教に改宗し、ロシア名を名乗り、ロマノフ王朝の崩壊する日までロシアの民と共に生き、ロシアに人生を捧げました。

2021-09-08 15.28.22

△1891年にセルゲイ大公がモスクワ総督となりますが、1891年悲劇が起こります。クレムリン内の宮殿からニコーリスカヤ塔(Никольская башня)の出口へ向かう途中、革命家のテロリスト、イヴァン・カリャエフ(Иван Платонович Каляев)の投げた爆弾で殺害されてしまいます。すぐにその場に駆けつけたエリザヴェータ・フョードロヴナは、騒然とした現場に的確な指示を与えると、血の海の中で膝まづいて無残にばらばらとなってしまった愛する夫の亡骸を自らの手で拾い集めたと言われています。後に監獄のなかのカリャエフに福音書を差し入れ、面会を申し出て「私個人としては、もうあなたを許している」と伝えたことは今も伝説になっています。

IMG_1578-600x450 6f84e6d355de6fe8a6bc4d7d81392dde

△子どもに恵まれなかったエリザヴェータ・フョードロヴナでしたが、夫セルゲイ大公の弟パーヴェル大公の2人の子どもドミトリーのマリヤを引き取り、献身的に養育しました。そして二人が成長し、夫が亡くなった後もロシアを離れることなく、宝飾品や絵画などの家財を売り払い、貧しい人や病の人のためにモスクワにマルフォ・マリンスカヤ女子修道院を開いて、生涯を通して慈善活動に奉仕しました。

関連

 ☆優しさに包まれるマルフォ-マリンスカヤ修道院

 ☆【ロシア正教】マルフォ-マリンスカヤ修道院で過ごすひととき

あまりにも波乱万丈な人生の最後もまた悲劇的でした。ロシア革命でボリシェヴィキに拘束されて、ロマノフ家とともにエカテリンブルクの鉱山の廃坑に閉じ込められ、爆弾で殺害されてしまいます。後にその遺体はエルサレムに運ばれ聖マリヤ・マグダレナ教会に葬られました。

2021-09-08 15.46.59

マルフォ・マリンスカヤ修道院は“ロシアナウンサー“として私が勤務していたロシア国営国際ラジオ局「ロシアの声」のすぐ近くにあり(☆【ロシアの声】懐かしの放送局『ロシアの声』!ピャトニツカヤ25)、放送のあとで日向寺チーフアナが連れて行ってくださったその日から、私にとってここは特別な場所で、エリザヴェータ・フョードロブナは守り神のように感じています。その後も何度となく足を運び、列聖されたエリザヴェータ・フョードロヴナにはモスクワだけでなく世界のさまざまな場所でもお目にかかりました。(関連【イスラエルのなかのロシア】〜モスクワ広場のロシア正教会〜【英国のなかのロシア】ここはモスクワ?ロンドン?ロシア料理Мари Vanna (マリ・ヴァンナ)のロンドン店【ロシア正教】必見!ニコライ・ヤポンスキーのイコンと音楽家たちのイコン)出産前には、日向寺アナウンサーが、エリザヴェータ・フョードロヴナのイコンと絵葉書をモスクワから贈ってくださったことも・・・!

そして今、今度はイギリスの中心、ウエストミンスター寺院で再会出来るなんて運命的で、なんだか導かれてここにいるように感じてしまいます。

それでは、素晴らしいウエストミンスター寺院の中へも入ってみましょう!

IMG_8701

△美しい“バラ窓”

IMG_8706

IMG_8705

△ステンドグラスの素晴らしいイギリスの教会。これは2018年に完成した現女王エリザベス2世の治世を祝う『女王の窓』

IMG_8710 IMG_8713

△所狭しと並ぶ記念碑や彫刻、そして足下には石の記念板が埋め込まれています。この石板の上を通らなければ歩けないほどたくさん広がっているので、ちょっぴり遠慮しつつ恐る恐る上を通ります。赤いポピーの花で飾られているのは無名戦士の墓(☆英国では赤いポピーのRemembrance Day&ロシアではゲオルギーのリボンの戦勝記念日

IMG_8772

△ウィンストン・チャーチル元首相 

IMG_8716

IMG_8709 IMG_8719

△左はチャールズ・ダーウィン。右は2018年に加わったスティーブン・ホーキング博士のお墓。すでにたくさんの棺があって、床下にはほとんど空きスペースはないのだとか・・・ 

IMG_8723

△いつかパイプオルガンの音色も聴いてみたい・・・!

IMG_8720

△アイザック・ニュートン

IMG_8727

△ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤル・ウェディングを思い出します!

IMG_8729

IMG_8731

 

△主祭壇の手前にある、床の丸い部分に、戴冠の椅子が置かれるそうです。

IMG_8736

IMG_8737

IMG_8745

△エリザベス1世。たくさんの礼拝堂があり、歴代の国王たちがここに眠っています。

IMG_8747

IMG_8750 

IMG_8749 IMG_8751

△詩人たちの墓所にもずらり。ジェーン・オースティン、ブロンテ姉妹、ルイス・キャロル、ディケンズのお墓もありました。

IMG_8774

△ウィリアム・シェイクスピア(☆【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン)や、作曲家ヘンデルもあります。

IMG_8753

△聖母の礼拝堂 

IMG_8758

IMG_8759

IMG_8760 IMG_8763

IMG_8770

IMG_8764 IMG_8765

IMG_8766 IMG_8767

IMG_8773

△戴冠式の椅子

「20世紀の殉教者たち」は、クイーンズ・ダイヤモンド・ジュビリー・ギャラリーズ(The Queen’s Diamond Jubilee Galleries 女王の即位60周年を記念して命名)にも銅像が置かれています。(寺院のなかで繋がっているため、別チケットを併せて購入しておきます。残念ながらこちらは写真撮影禁止でしたが、素晴らしい展示でした・・・!)108段の階段を登っていくため、ウエストミンスター寺院内部を上からよく眺められるだけでなく、窓の外にはウエストミンスター宮殿(国会議事堂)も見えますし、なによりも屋根の梁の部分にたくさんの可愛らしい動物モチーフの彫刻がついていて気に入りました!雨が降ってくると、ぱらぱらと雨が寺院の屋根を叩く音も心地よく、ちょっと力が抜けたような表情の白い石の動物たちが雨に濡れそぼって苔むした緑が色濃くなるのもよかったです。

【英国のなかのロシア】キャビア・ハウスで出会った!ニコライ2世も認めたスモーク・サーモンとロシアの宝石デザイナー

街角に気になるマトリョーシカ!キャビア・ハウス(CAVIAR HOUSE & PRUNIER)のショーウィンドーです。

IMG_0056

IMG_5584

IMG_5586

IMG_5582

△高級感ある雰囲気のなかにピクニック用のハンパーが並ぶのがイギリスっぽいですね!

IMG_5581

IMG_5577

IMG_5574

△バリック(BALIK)のスモークサーモンの起源は、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ2世の食卓にも献上されたところからはじまっているのだそう・・・!帝政ロシアの崩壊後、長い間忘れられていたスモークサーモンの技術でしたが、宮廷でサーモンを燻すスモーカーをしていた職人の孫にあたるロシア人男性Kaplanがリガ からやってきてHans Gerd Kübelに出会い、ふたりでそのオリジナルのスモーク用オーブンの再現に挑み、1978年についにそのオーブンで燻製したスモークサーモンのお披露目となったのだそう。1984年にこのスモークサーモンに出会った現在のキャビア・ハウスの代表がすぐにコンタクトをとり、現在のように世界中で販売されるブランドとして成長しました。ロシア皇帝ニコライの名を冠する「ツァー・ニコライ(Tsar Nikolai)」シリーズが看板商品です。(手前のパッケージにはSASHIMIと書いてありますね!)ノルウェーの美しいフィヨルドで知られるバルト海のサーモンを、ニコライ2世が召し上がったその秘伝のレシピをもとに、自然豊かなスイス・アルプスの工場で加工されています。

IMG_1154

帝政ロシア時代からスモークの技術があったなんて、ニコライ2世がスモーク・サーモンを召し上がっていたなんて・・・!いつか時間をみつけてもっと深く調べてみたいですが、今日お店で知ったことはここまで。

IMG_5580

△キャビアと相性抜群!?のベルーガのウォッカや

IMG_5575

△キャビアをのせていただきたいブリヌィ、

IMG_5576

△パテなども置いてありました。

IMG_5573

△ロシアの宝石デザイナー、ゲンナジー&ナタリヤ・ブィコフ夫妻(Геннадий Васильевич Быков, Наталья Абрамовна Быкова)のジュエリーも紹介されていました。皇帝御用達の宝石職人だったカール・ファベルジェと並んで1970年代から活躍していたそうです。ファベルジェと違って、世界的に名前が知られているわけではありませんが、その確かな技術と創造性、独自のスタイルは世界レベル!ほんの一握りの専門家しか目にすることの出来なかったその作品が近年ようやくサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館や、モスクワのクレムリン武器庫、全ロシア装飾工芸・民芸博物館などの博物館や展覧会でも見ること出来るようになり、ロンドンでもこのように宝飾品に興味があり、キャビア・ハウスを常連にする方たちの目に触れ手に渡る機会が訪れています。公式サイト:https://en.bykovs-jewellery.com

IMG_5572

関連ブログ

2015年☆【今日のロシア】伊勢丹新宿本店 キャビアハウス&プルニエ シーフードバー

【水の都サンクト・ペテルブルク】ファベルジェ博物館

【ロシアのお土産】キャビアでアンチ・エイジング!!ナチュラシベリカ 2018

【ロシアのお土産】【ユニーク自販機】空港に!鉄道駅に!キャビアの自動販売機