“プリヒル姉さん”のいるロンドン、鮮魚ブームのモスクワのお魚事情は?

2021-09-06

(2020.11)ロンドンの街には、本当にとても多くの日本人が生活しています。ジャパンハウスがあることはもちろん(☆ロンドンのジャパン・ハウスと今ならスペシャルオファー!レストラン明のAkira Bento Box)、日本食のレストランや日本食材店やケーキ屋さん、ラーメン屋さん、日本人の経営する病院、不動産屋さん、美容室などなど何でもあります。

一方、モスクワにもだいぶ日本人が増えましたが、それでもまだ、街で日本人を見かけると「あら、日本人かしら!」という感じですし、ちょっと地方都市へ旅したりすると、「もしかして日本の方ですか?なんだかお見かけしたら嬉しくなっちゃって・・・」と話しかけてくださる日本の方や、「おお、君が人生で初めて会った日本人だよ!」と喜んでくださるロシアの方にお会いするくらい。日本食レストランも人気ですが、日本人医師の常駐していらっしゃる病院がひとつ、日本人美容師さんの美容室はようやくひとつ開店、日本人パティシエのケーキが食べられる洋菓子コーナー・・・など、ロシアのものでももちろん大丈夫だけれど、たまには恋しい日本人の味や、出来れば有難い日本人の感覚で、と思うようなときには、日本人同士で情報を交換しあって生活していました。(※ロシア生活では基本ロシア語なので、英語圏での生活のように自由に情報を入手しにくいケースもあるかもしれません。でも今や、インスタグラムとGoogle翻訳を駆使して、たくさんの情報を入手している方も多いようです!)

さて、モスクワにもこんなお魚屋さんがあったら!と思うような日本人の“プリヒル姉さん”がいらっしゃるお魚屋さんへ。プリムローズ・ヒルにあるフランス人経営の鮮魚店「La Petite Poissonnerie(ラ・プティ・ポワソヌリー)」です。

IMG_1642

IMG_1644

IMG_2546

IMG_2548 IMG_1652

△ロンドンの一般的なスーパーではなかなか手に入らないような種類のお魚や、日本ならではの漬け魚、お惣菜、そして新鮮なお刺身の予約もできます。(スーパーでは、サーモンや鯖、鱈などは入手しやすいです。)

IMG_2551

△ロシア人も大喜び!?イクラ(魚卵)コーナーには、ミニ・ブリヌイも。

IMG_2556 unnamed-3 

△久しぶりの新鮮なお刺身とぶり大根

海の遠いモスクワでも、新鮮なシーフードを味わえるようになってきました。鮮魚専門店ができたり、市場で生牡蠣や美味しいお寿司を味わえるイートインが出来たり、シーフードのフェスティバルも!スーパーの鮮魚コーナーや冷凍魚コーナーも充実してきました。

関連

【ロシアの食材】シーフード・マトリョーシカの中に・・・イクラ!?

【日本のなかのロシア】ロシアの魚の缶詰とレシピでお味噌汁

【モスクワの市場】築地気分でお寿司を!お洒落にリニューアルしたУсачевский рынок(ウサチョフスキー市場)

【モスクワの流行】〜鮮魚の専門店〜

【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】おさかな天国!!おさかなウィーク!

 

シーフードのレストラン関連

【ロシアのレストラン】シーフードマニアに!МОРЕМАНИЯ(モレマニヤ)

【モスクワのレストラン】デザートは金の魚!? Рыба моя(ルィバ・マヤ)