【英国のお気に入り】つけあわせに欠かせない!芽キャベツ(Brussels sprouts)

2021-02-05

日本でもロシアでも見かける芽キャベツですが・・・スーパーでこんな芽キャベツに出会えるのは英国が初めて!

IMG_2037

△Brussels Sprouts Stalksは、自宅でミニ収穫体験!?すでに芽を摘んだ状態で袋に入っているものや、量り売りで買えるものなども。

一般的なキャベツよりも4倍もビタミンが豊富だという芽キャベツは、冬の日照時間が少ない英国やロシアではとてもありがたい野菜です。

IMG_2600

似ても焼いても美味しい芽キャベツ!英国ではメイン料理のつけあわせに欠かせない存在のよう。特に、伝統的なクリスマスディナーでは、詰め物をした七面鳥の丸焼き(Roast Turkey)、ブランケットにつつまれた豚ソーセージ(Pigs in Blankets)、ヨークシャープディング(Yorkshire Pudding)とともに、ローストしたポテトと芽キャベツをお皿に盛り合わせて、おふくろの味グレービーソース(Gravy)をたっぷりかけていただくのが最高なんですって。

IMG_2604

△一昨年2019年には英国の人気クリスプWALKERSから、クリスマス限定のBrussels sprouts味も出たのだそう!芽キャベツのクリスマスツリーのパッケージも可愛らしいこのクリスプ、昨年2020年クリスマス時期にはスーパーに足を運ぶたびにあちこち見てみましたが、残念ながら見つけられませんでした。

IMG_2868

△ロシアではキャベツはとても白くて固かったのでスープが主流ですが、とんがりキャベツや春キャベツが売られる時期には柔らかい葉っぱのものが出て、生キャベツの千切りが楽しめました。(☆【モスクワのスーパーマーケット探検】 野菜編)英国でも、白いキャベツ(White Cabbage)はもちろん、とんがりキャベツ(Pointed Cabbage)や、ちりめんキャベツ(Savoy Cabbage)、赤キャベツ(Red Cabbage)、春キャベツ(Spring Cabbage)も見かけます。

さて、ロシアでつけあわせの定番といえば・・・まずは、英国と同じくじゃがいもです。マッシュポテトの“Пюре(ピュレ)”やフライドポテト、ニンニクやハーブ類、きのこなどと一緒に揚げ焼きしたものなど。そして、蕎麦の実のカーシャ、お米もつけあわせ野菜の位置づけで人気があります。では主食はというと、やっぱりパンです。メインのお肉や魚につけあわせの野菜(お米も含む)を食べつつ、パンを食べるというわけです。ピロシキの具材としても野菜のお米は定番です。

関連ブログ

とにかくお野菜にこだわりたいあなたへ!GreenGo

 

【モスクワのスーパーマーケット探検】〜フルーツ編〜 量り売りの青果コーナー

【モスクワで日本食材】ロシアで美味しいお米は・・・?