勝利を呼ぶスイーツ!?Jaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)

2021-02-02

英国のスーパーマーケットではビスケット売り場の充実度は素晴らしくて、お菓子とは別にビスケットの売り場があるほどです。一杯のミルクティーと美味しいビスケットの組み合わせは至福のひととき。さて、そんなビスケット売り場でも一際目立つのが、Jaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)です。

IMG_2541

英国を代表するビスケットのブランドのマクビティ(McVitie’s)が考案した英国ならではの味なので、ちょっとしたお土産にもぴったり!

IMG_2471

△基本のJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)は3層構造で、柔らかいビスケットスポンジ生地をベースに、ママレードジャム(オレンジペースト)、そしてビターチョコレートでコーティングしてあります。

実はこのビスケットを知ったのは2018年モスクワで開催されたサッカーのワールドカップの時でした。イングランド代表チームの試合を観に出かける時に読んだ記事の中で、イングランド代表がロシアに持ってきた英国のお気に入りの食品リストの中にこのJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)があったのです。(他には、ティーバッグ、イングリッシュ・マスタード、ベイクドビーンズなど)

3b166ce0af2f9062ae562469b1989d1a2 5b456de91638ae45d9e7ba0103c4e2ac1-216x240

調べてみると、イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドのかつての名監督アレックス・ファーガソン(Sir Alex Ferguson)がチームの栄養部門のリーダーにTrevor Leaという人物を雇用したところ、カスタードクリームやバーボンやダイジェスティブ・ビスケット(こちらもマクビティ社の代表的な商品)を禁止し、代わりにJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)を摂取するように強く勧めたのだそうです。実際には、トレーニングの日には5枚、試合日には3枚のJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)を摂るように言われたそう・・・!

それからチームは16年間、勝利を続けたため、(事実関係はわかりませんが)縁起を担いでJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)は“成功への鍵”とか“勝利の甘い味”なんて言われているそうです。

ロシアでのワールドカップについてはこちらをどうぞ

【W杯2018モスクワ】〜まとめ〜