【英国のなかのロシア】ここはモスクワ?ロンドン?ロシア料理Мари Vanna (マリ・ヴァンナ)のロンドン店

2021-01-12

ロシアで最も大好きなレストランのひとつ、Мари Vanna (マリ・ヴァンナ)。パトリアルシェ池のすぐ近くにある可愛らしい店構えで、一歩足を踏み入れると、そこはもう、ロシアのアンティークハウス!マトリョーシカにサモワールに・・・インテリアも小物も、どこを見ても可愛らしくて溜息がでてしまいます。しっかりしたお味のボルシチはもちろん、お料理も自慢です。(☆【モスクワのレストラン】可愛らしいアンティークハウス Мари Vanna (マリ・ヴァンナ))そんなマリ・ヴァンナがロンドンに!?

IMG_0760

IMG_0820

△ちょうど秋の実りの収穫祭の時期に訪れたので秋を感じる装い

IMG_0762

そして一歩足を踏みいれると・・・やっぱりそこはロシアのアンティークハウス!

IMG_0763

IMG_0764

IMG_0765

△モスクワのマリ・ヴァンナ本店には看板猫がいました。

IMG_0790

IMG_0776

店内はどこもかしこも可愛らしい雑貨に彩られていて、雰囲気はモスクワのマリ・ヴァンナと似ています。

IMG_0816

IMG_0770

IMG_0774

△ロシアンティーには欠かせないサモワール!華やかなプラトークがテーブルクロスがわりです。(☆モスクワ通信『サモワールとプリャニキの街トゥーラ(1)ロシアのお茶文化を訪ねて』

IMG_0775

△美人マトリョーシカのティーコジーは、人気のお土産。(☆【ロシアのお土産】可愛いマトリョーシカ・エプロンを求めて・・・!その1

IMG_0812

IMG_0813

△写真とともにセンスよく飾られたジョストヴォ塗りのお盆(☆☆幻想的な想像のバラが咲く!ジョストヴォ塗りの郷へ

IMG_0811

IMG_0818

△ダーチャの恵み!瓶詰めの野菜や果物 (☆【ロシア土産】ダーチャ・シーズンの幕開け!瓶フタは・・・ロシア土産!?

お店のマークにもなっている小さなスプーンがついた可愛らしいメニューもそっくり!

IMG_0767

IMG_0768

IMG_0769

△なんとマトリョーシカの下半分がナプキン入れに!?テーブル会計のロシアでは、レシートやお金のやり取りをする入れ物もお店オリジナルの工夫が施されていて、レストランでのお食事の最後のお楽しみになっており、マトリョーシカのなかにレシートを入れていたロシア料理店がありましたが・・・ナプキン入れのアイディアは初めてみました!(☆【ロシアあるある】テーブル会計のおたのしみ

IMG_0792

△懐かしのボルシチ!ビーツの濃い味が広がって心も身体も温めてくれます。

IMG_0772

△ロシア料理といえば、黒パン!(☆モスクワ通信『ロシアで流行中!黒パンより黒い・・・』

IMG_0791

△オリヴィエ・サラダとピロシキ3種

IMG_0803

△シベリア風水餃子のペリメニ。サワークリームをたっぷりつけていただきます。

IMG_0804

△ポジャルスキー・カツレツ!ロシアでお料理教室に参加してからお気に入りレシピに加わりました。(モスクワ通信『ポジャルスキー・カツレツ発祥の地で伝統レシピのお料理教室』

IMG_0807

△ビーフストロガノフと付け合わせの蕎麦の実

お会計の入れ物もマトリョーシカかしら?とワクワク待っていると・・・

IMG_0808 IMG_0809

△なんとロシア語のアンデルセン童話の本に挟んで持ってきてくださいました。これも初めてのアイディア!ロシアでは、テーブル担当のスタッフがおもてなしをしてくださるのですが、この日のテーブル担当のロシア人女性はモスクワ出身。店内にはロシア人のご家族も多く、ロシア語での注文も聞こえました。全体的なお料理の値段はモスクワよりも高級ですが、雰囲気もサービスもロシアの雰囲気を満喫できます。

最後にパウダールームやそこへの通路もとても素敵だったのでご紹介します!

IMG_0780

IMG_0777

△古き良きロシアの風景写真や、白黒の家族写真、作家やバレリーナなどの肖像画も。敬愛してやまないガガーリン宇宙飛行士もいます。(☆モスクワ通信『宇宙飛行士の星の街(前編) ガガーリン宇宙へ!ソユーズ誕生』モスクワ通信『宇宙飛行士の星の街(後編)国際宇宙ステーション』

IMG_0778

△私にとってロシアでの守神のような存在エリザヴェータ・フョードロヴナがここにも!(☆【ロシア正教】優しさに包まれるマルフォ-マリンスカヤ修道院【ロシア正教】マルフォ-マリンスカヤ修道院で過ごすひととき

IMG_0781

IMG_0783

IMG_0784

IMG_0787

△ロシア国内でも何度か見かけたグジェリ陶器製のトイレ。カフェ・プーシキンもそのひとつです。(☆【コバルトブルーと白の世界!グジェリ】〜まとめ〜

英国人のお友達にもロシア人の友人にも是非オススメしたい!ロンドンでのお気に入りのお店が増えました。

Мари Ванна (Mari Vanna) London

Address: Wellington Court, 116 Knightsbridge, London

Tel: 020 7225 3122

HP: https://www.marivanna.ru/london/

 

関連

【モスクワのレストラン】お気に入りのロシア&ソビエト料理 2018

キャサリン妃が結婚式前夜に宿泊!The Goring (ゴーリング)のアフタヌーンティー

キャサリン妃がウィリアム王子との結婚式前夜に宿泊して、ご家族の大切な時間を過ごしたという5つ星ホテルのThe Goring (ゴーリング)。2011年4月のロイヤルウェディング当日には、ウェディングドレス姿の美しいキャサリン妃が、お父様とともにここからWestminster Abbeyへと向かいました。

IMG_9683

△1910年創業以来、ゴーリング家によって受け継がれ愛され続けてきたロンドンの老舗ホテル。

IMG_9687

△2013年にはそのおもてなしに対してエリザベス女王より王室御用達の証であるROYAL WARRANTを授与されています。

IMG_9726

IMG_9725

トラディショナルなアフタヌーンティにも定評があります。

IMG_9694

都会のオアシス!美しいお庭を臨むテラス席も人気です。

IMG_9712

△上段に美しいスイーツ、中段に温かなスコーン、下段にサンドイッチのトラディショナルな3段トレイ。お茶は沢山の種類のなかからTHE GORING AFTERNOON BLENDにしました。緑に映える華やかな黄色の食器もゴーリング・ホテル特製。

IMG_9722

△デヴォンシャー・クロテッド・クリームに合う焼き立ての香ばしいスコーンやサンドイッチ(きゅうり、ハム、サーモン、卵)は、おかわりもいただけます。

IMG_9692

IMG_9691

IMG_9693

IMG_9723

その評判通り高級ホテルながらスタッフの皆様がとても親切におもてなししてくださり、くつろいで過ごすことができます。

IMG_9688

さて、ロシアでもサモワール(ロシア製の湯沸かし器)やロシアのお茶菓子で、ロシア流のアフタヌーンティーをお楽しみいただけます!モスクワへいらしたら是非お試しくださいね。

ロシア関連ブログ

【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『老舗ホテル メトロポールで優雅なアフタヌーンティー』

【モスクワ郊外 絶品パスチラの可愛い街コロムナ】夢のティータイムつき!パスチラ博物館

【モスクワ郊外 絶品パスチラの可愛い街コロムナ】劇場風ツアーであなたもパスチラの世界の登場人物に!?パスチラ工場博物館

【エキゾチック!カザン】タタルスタンお茶会と街歩き