ロシアナ映画館『ザ・クラウン(The Crown)』

2021-01-31

新しい国で生活する時に、その国を知るために、そしてもっと好きになるために、その国が舞台の本を読んだり映画を観たりするといいわよとアドバイス頂いて、いつもそうするようにしています。新型コロナウイルスの感染防止のために、ロシアで経験したロックダウンでは、ついにトルストイの『戦争と平和』の世界を堪能しました。(【ロシアナの本棚】【ロシアナ映画館】本格ソヴィエト派?現代イギリス派?それとも王道ハリウッド派?『戦争と平和(Война и мир)』)あまりの長編に、なかなか一歩を踏み出せずにいましたが、いざ飛び込むちすっかり夢中になってしまいました。

さて、英国で経験するロックダウンでは・・・ドラマ『ザ・クラウン(The Crown)』の世界へ。ピーター・モーガン原作・脚本による、イギリス&アメリカ合作のNetFlixテレビドラマシリーズです。

IMG-2543

英国女王エリザベス2世の生涯を描いた大河ドラマシリーズです。英国に来て、ロシアとも日本とも最も違うと感じるのは、やはり英国が立憲君主制の国で、世界に対しても国民の間でも、英国を象徴する存在として女王が君臨しているということです。英国王室御用達の証であるロイヤル・ワラントの商品にも興味を持ってしまいます。

関連ブログ

【英国のお気に入り】マルドンの塩とロシアの”パンと塩”のはなし

キャサリン妃が結婚式前夜に宿泊!The Goring (ゴーリング)のアフタヌーンティー&ロシア式アフタヌーンティー

【イギリスのなかのロシア】〜皇室御用達フォートナム&メイソンのロシアン・キャラバン、Higgins〜

なかでも2020年に94歳のお誕生日を迎えられ、イギリス史上最長在位の君主となっているエリザベス女王の凛々しく品のある美しさと圧倒的な存在感は、こんなにも王冠がふさわしい方がいらっしゃるかしらと思わせます。そんな現在も王位にいらっしゃる女王を主人公に、娘として妻として母として、そして女王として、知られざる英国王室の世界がドラマに描かれるなんて“事実をもとにしたフィクション”とはいえ衝撃的です。

unnamed-4

父である国王ジョージ6世との絆、フィリップ殿下との出会いと新婚時代、そして戴冠式を経て女王として、ウィンストン・チャーチル首相からマーガレット・サッチャー首相まで戦後間もない1952年から現在までの激動の英国を舞台に時を重ねていきます。ダイアナ妃の結婚式のドレスに本物を忠実に再現されたドレスが使用されたり、バッキンガム宮殿が再現されたり、ウィリアム皇太子の戴冠式で実際の場所が使われたり。迫力のある美しい映像にも虜になります。英国を代表する俳優たちの演技も素晴らしく、本物そっくりにかつ人間味溢れる描かれ方に驚きます。

エリザベス女王もこのドラマを楽しまれたという噂もあるほど・・・ここから少しずつ時間をかけて英国王室の歴史を紐解いていきたいですし、ロックダウンがあけたらバッキンガム宮殿をはじめドラマにまつわる場所も改めて訪れてみたいと思っています。

ちなみに、ロシア関連では、女王がガリーナ・ウラノワの踊るジゼルをロイヤル・バレエに観に行くシーンがあったり、スエズ運河を巡ってのエジプト、イギリスそしてソ連の関係なども描かれています。

英国でもロシアでも愛されるフランスのパティスリーLadurée(ラデュレ)

2021-01-30

洋菓子の本場パリで「マカロンといえばここ!」と言われるほどフランスを代表するパティスリーLadurée(ラデュレ)。パステルカラーに誘われるように店へ足を運ぶと、パステルカラーのマカロンタワーとパステルカラーの繊細で美しいケーキが並び、気持ちまでほんわか幸せなパステルカラーに♪日本でもロシアでも、英国でも人気があります。

IMG_2554

△ラデュレのガレット・デ・ロワ。パリッとした香ばしいパイ生地とナッツの食感とラムレーズンの風味がアクセントになったアーモンド生地が絶品!

IMG_2555

△なかには本物にそっくりの白い空豆が入っていました。(☆エピファニーってなあに?ロシアのエピファニーは氷の中で身を清める!?

IMG_2503

世界最古のアーケードといわれているバーリントン・アーケード(Burlington Arcade)の入り口にあります。

IMG_2504

IMG_2498

IMG_2500

IMG_2502

ガレット・デ・ロワも数点ありましたが、ショーウィンドーはすでにヴァレンタインデーのデコレーションになっていました。 

IMG_7160-526x600

モスクワのラデュレについてはこちら

【モスクワのサロン・ド・テ】モスクワ限定トートバック&ケーキも!ラデュレ(赤の広場前)

【モスクワのサロン・ド・テ】マカロン・パリジャンの発祥のラデュレ(Бутик Ladurée 路面店)

 

英国に春を告げるDaffodil(黄水仙)!ロシアで春を告げるのは・・・?

2021-01-29

英国で春を告げる花として愛されているDaffodil(黄水仙)が、店先に並び始めました。

IMG_2378

IMG_2400

飾るとあっという間に花が開き、お部屋も心も明るくなります。花瓶は、ロシアのクリスタル・ガラスの里グシ=フルスタリヌイのものです。(関連☆【クリスタル・ガラスの里グシ=フルスタリヌイ】〜まとめ〜

△英国の詩人ワーズワース(William Wordsworth)はこのDaffodilに捧げる詩を書いており、故郷の湖水地方には詩にちなんでDaffodilの咲く美しい庭があるそうです。(モスクワでもワーズワースの詩に出会える場所があります☆【モスクワのなかの英国】実はロシアにもいる・・・名探偵シャーロック・ホームズ!そして、英国大使館の詩の小道

IMG_3065 IMG_3064

IMG_2966 

△お庭にも公園にも・・・出かけるたびに黄色いお花が増えていきます!

IMG_3258

さて、ロシアで春を告げるのは・・・?雪のなかから顔を出すПодснежник(スノードロップ、待雪草)でしょうか。長い冬の後で、雪が溶けて草木が芽吹くと一気に春、そして初夏へ向かいます。4月から5月にかけてその躍動感といったら目を見張るものがあり、朝と夕方では緑の濃さも葉っぱの大きさも違うくらいです。

モスクワの春を感じる関連ブログ

【ロシアの飲み物】春を感じる!白樺ジュース

【ロシアのお菓子】春を味わう!ロシアの桜 Черёмухаのケーキ

【モスクワの街角】カラスと可愛い小鳥たち

【モスクワの街角】春到来!

【モスクワの街角】春を感じるサイクリング

【モスクワの街角】春を感じる光景 〜テラス〜

【ロシアのなかの日本】桜!桜ではない!?春の植物園 2019