【モスクワのサロン・ド・テ】マカロン・パリジャンの発祥のラデュレ(赤の広場前)

1862年創業フランス・パリの老舗パティスリー Ladurée ラデュレ。マカロン・パリジャンの発祥のお店としても知られており、カフェとパティスリーを融合させたパリのサロン・ド・テの歴史を創り上げました。日本初上陸は2008年で第1号店が銀座三越2階に、2018年には路面店が青山にオープン。ここモスクワでは2016年に路面店Бутик Laduréeが、つづいて赤の広場の近くにレストランРесторан Laduréeがオープンしました。

IMG_8330-600x450

△Ресторан Laduréeは赤の広場が近いこともあり、観光客をはじめたくさんの人で賑わっています。

7026EFB0-30A8-4BF5-88EB-A6C0363EFCB1

△ラデュレといえば、パステルカラーの可愛らしい雑貨も人気です。モスクワ店のオープン時にはロシア限定マトリョーシカ・トートも販売されてお土産にも大人気でした。

9C3B9C5F-32E7-4F51-B1C7-500B3E5B4694

FAA901FC-C32A-4565-B2CC-7274339EB29B

△お店のシンボル!マカロンにもクレムリン・バージョン

CC660D6D-B003-4C03-A0DC-DE0FA93006E0

5BDA596D-5DF5-462F-B7DC-62DDE73E6F16

DDA588F7-1F02-4E22-920D-EE2D907466D9

△目の前には国営グム百貨店

89487413-79BF-4D2D-861B-4E0F3E427972

△朝食のフレンチトーストとブリヌイ

D76FBA66-02C3-4F11-A9FE-8A7EC0CAEE20

ラデュレ モスクワ(Ladurée Moscow)https://laduree-russia.ru

Ресторан Ladurée 住所:Никольская ул., 5/1, стр. 3

関連

【モスクワのサロン・ド・テ】マカロン・パリジャンの発祥のラデュレ(Бутик Ladurée 路面店)

【メトロに乗って】ノヴォスラボツカヤ駅(Станция метро «Новослободская»)

世界一美しいモスクワの地下鉄駅。環状線を中心に駅ごとにさまざまなテーマがあり、絢爛豪華な装飾が施され、人気の観光名所にもなっています。今回ご紹介するのはНовослободская駅。映画『モスクワは涙を信じない Москва Слезам Не Верит』にも登場する美しいステンドグラスで有名な駅です。

44C1BFB7-77E2-429D-9CC4-532EA155C084-600x450

B00CB6EF-6E39-452A-BAAF-97FE5CDC01D1

9011B321-EADD-4C8E-88C0-C09F2083BB70

487E369A-F698-473E-B047-6E1EE9086788

E37CD13D-0449-469F-96DF-9DB59B08F6CF

330561B3-0587-4A04-AC7A-428924F7F81D

F55813CC-F404-4170-9D26-8C8305B3684D

9B332B2E-DB47-4233-9E1B-C1D7AE32883C

0421537D-4C8A-4304-9823-133D2CE96B68

BB637E5E-7CED-4CF2-8360-6E49517E5CCC

 

△映画のなかのワンシーン。映画『モスクワは涙を信じない Москва Слезам Не Верит』(1979)はソ連時代に伝説的ヒットを記録した作品で、1981年にはアカデミー外国語映画賞も受賞しました。主人公カテリーナ役を演じた女優Вера АлентоваとВладимир Меньшов監督は、演劇学校(Школа-студия МХАТ)の同級生で学生結婚。今もおしどり夫婦として知られています。

タイプの異なる3人の女性たちが激動の時代を生きていく“ソ連版の『セックス・アンド・ザ・シティ』”なんて言われたりもしています。この地下鉄駅はもちろん、レーニン図書館やスターリン建築の文化人アパート、大学寮、工場などモスクワの街が舞台となっているので、建物や風景の今も変わらぬ雰囲気や移り変わりを楽しむことも出来ます。三人三様のファッションやインテリアなどにも注目です!