【ロシアの祝日】5月9日 戦勝記念日のパレード

2019-05-09

5月9日、ロシアでは盛大に戦勝記念日が祝われました。1941~1945年の第2次世界大戦(ロシアでは大祖国戦争 Великая Отечественная война)でのナチス・ドイツへの勝利を祝し、朝は赤の広場で軍事パレードが催され、テレビやコンサートホールでは、一日中戦争をテーマにした映画や軍歌が流れます。

IMG_9632

IMG_9633

IMG_9702

△トヴェルスカヤ通りのパレード

IMG_9699

IMG_9698

IMG_9704

IMG_9701

△パレードのそばでは、ゲオルギーのリボンを無料で配布していました。

IMG_9635    

△戦勝記念日には、ゲオルギーのリボンをどこかに身につけている方も多く、その後もずっと車などにお守りのように結んでいる人も見かけます。

IMG_9703

IMG_9707

IMG_9719

△あちらこちらで、紅茶やカーシャ(おかゆ)の無料配給も

IMG_9718

IMG_9720

IMG_9723

IMG_9724

IMG_9726

IMG_9732

IMG_9737

IMG_9754

△スーパーで売られていた先勝記念日ケーキ

この日は毎年晴天と決まっていて、雨天予報の場合には事前に飛行機から雨雲を散らす役割をする特別なものを散布するともいわれているのですが、なんと今年は朝から濃い霧がかかり空のパレードが中止になりました。その数時間後には晴天に・・・少しずれてしまったのでしょうか!?夜の花火は予定通り22時から約15分ほどモスクワ各所で見ることができました!

【モスクワの街角】祝日の旗!

日本でも祝日の日は、玄関口などに日の丸を掲げる建物が多いですが、ロシアでも建物に旗をさす金具がついていて、ロシアの旗とモスクワの旗を掲げられるようになっています。

IMG_9348

スクリーンショット 2018-10-06 17.52.12

△モスクワ市旗は1995年に制定されました。モスクワの市章にもなっている絵は、馬上から槍で龍を退治する聖人ゲオルギーが描かれています。これまでもたくさんの絵画に描かれており、なかでもイングランドやグルジア、モスクワでは、守護聖人として硬貨や国章などに用いられているそうです。トレチャコフ美術館のイコン館でもこの絵のイコンを見ることが出来ます。

IMG_9708

さらに、5月の戦勝記念日には、旗がもう一本。

IMG_9295

△モスクワの祝日の日のバス。モスクワ市営バスはロシア国旗とモスクワの旗が両側に!

IMG_3019

△一方、日本の都営バスは、フロントガラスの下に日の丸国旗を2つ交差させています。