【ロシアの音楽】チャイコフスキー作曲『子どものアルバム «Детский альбом»』

2019-04-13

ロシアを代表する作曲家チャイコフスキーがお気に入りの甥ウラジーミル・ダヴィドフ(当時7歳)のために1878年に作曲した『子どものアルバム Op. 39』。短く可愛らしいピアノ曲が24曲入っています。

Детский_альбом

 

スクリーンショット 2019-04-13 17.38.15

https://tvkultura.ru/video/show/brand_id/60498/episode_id/1301184/video_id/1474727/

△Союзмультфильмの製作したアニメーション。

学校でお友達にヴァイオリンを披露することになった息子。何かロシアらしい1曲を・・・ということで、このチャイコフスキーの『子どものアルバム』から『Игра в лошадки』を選びました。

IMG-4992

せっかくなので、二人で春休みの自由研究!モスクワや周辺でチャイコフスキーに出逢える場所へ足を運び、地図を作りました。

【モスクワで出逢う偉人シリーズ】作曲家チャイコフスキー

【ロシアの職業の日】День космонавтики(宇宙飛行士の日)

ロシアには、たくさんの職業を祝う日があります。4月12日は宇宙飛行士の日!世界で初めて人を乗せた人工衛星ヴォストーク1号がソビエト連邦によって打ち上げられたことを記念する記念日です。 人類で初めて宇宙に行ったユーリー・ガガーリン飛行士は今も英雄です。

eabaf0ce35f3141d3c0bd34a13de0d5e-600x448

宇宙飛行士の日のВДНХ 2018

IMG_9248

△車窓から、前方に夕日に輝く大きな塔!?

IMG_9251 

△青空に向かう鉄腕アトムみたいですが、実は宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン像です。国民の尊敬の念からでしょうか・・・こんなにも高く大きな像になってしまいました!下から見上げると見えないくらい、一緒に写真を撮るのが難しいくらいの大きさ。

私の名前Юри(ゆり)は、ロシア人男性の名前Юрийと似ています。(女性はЮлия ユーリャ)当時、ガガーリン飛行士にあやかってユーリーという名前は大流行したそうで、もちろん今もユーリーさんはたくさんいらっしゃいますが、ママ友によると「最近はあまりモードではない」そうです。

関連

【モスクワの博物館】宇宙飛行士博物館 2009 まとめ

モスクワ通信『夏の展望テラス! ロシア科学アカデミー22階 Sky Lounge』

【今日のロシア】帝国ホテルアーケードにガガーリン!

【ロシアの飲み物】春を感じる!白樺ジュース

IMG_4985

ロシアの春を感じる飲み物、白樺ジュース。長い冬の間に足りなくなったビタミンを補給してくれます。3月下旬になると森のなかで白樺に針を刺し、ストローのような管で樹液をとります。4月になって枝葉を伸ばす前の白樺が一番栄養を含んでいてたっぷり樹液がでるのだと教えてもらいました。

ほんのり樹液のいろ、ほんのり薬草のような香り・・・薄いスポーツ飲料のような不思議な味。こちらの見た目も白樺のような可愛いパッケージの白樺ジュースは、スーパーで購入したベラルーシ製で、砂糖入りなのでかなり甘めで砂糖水のよう。ちょうどお友達が遊びに来てくれたので、ロシアならではの旬の味で乾杯!残りはシロップの代わりにフルーツポンチに使いました。

IMG_37331-450x600

白い幹に緑の葉が爽やかな春夏も、輝く黄金の秋も、白銀の世界にきりりと立つ冬も、一年中美しい白樺です。

故郷の青森でも白樺を見かけますが、ジュースはロシアで初めて飲みました。(【今日のロシア】弥生いこいの広場