【モスクワの博物館】チャイコフスキーとモスクワ博物館

2019-04-05

いよいよ今年2019年6月、世界三大コンクールのひとつに数えられるチャイコフスキー国際コンクールが4年ぶりに開催されます!

IMG_9600 

△こちらは、2007年にモスクワに開館した『チャイコフスキーとモスクワ』博物館

IMG_9604

IMG_9605

ロシアを代表する作曲家チャイコフスキー(Пётр Ильич Чайковский 1840-1893)の人生をたどっていくことができる館内は、展示室ごとにテーマがあり、その時代を象徴するチャイコフスキーのポートレートと言葉が記されています。

IMG_9607

△そして、その展示室ごとにチャイコフスキーの作品のなかから1曲が選ばれ、楽譜が描かれた部屋でその音色を味わいながら展示物を楽しむことができます。

IMG_9610

IMG_9611

IMG_9612

IMG_9617

IMG_9618

IMG_9621

IMG_9622

IMG_9627

IMG_9628

IMG_9630

IMG_9631

IMG_9634

IMG_9652

IMG_9648

IMG_9649

IMG_9657

IMG_9658

IMG_9669

IMG_9673

IMG_9684

IMG_9691

IMG_9693

IMG_9694

IMG_9707

IMG_9716

IMG_9706

IMG_9601

☆Музей «П. И. Чайковский и Москва» http://glinka.museum/contacts/muzey-p-i-chaykovskiy-i-moskva-.php

住所: Kudrinskaya Ploshchad’, 46/54, Moskva, 121069

☆第16回チャイコフスキー国際コンクール https://tchaikovskycompetition.com/en/

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』

ロシアのアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン(Юрий Борисович Норштейн)のドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』が、公開されています。

gaitouwotukuru

「話の話」「霧の中のハリネズミ」など数々の傑作を世に送り出し、あの手塚治虫や宮崎駿監督も影響を受けたと公言し、世界のアニメーション作家に神様と崇められているノルシュテイン。 

スクリーンショット 2019-04-05 10.23.10

 親日家としても知られ何度も来日しているノルシュテイン氏が、2003年には松尾芭蕉の連句を作品にした『冬の日』«Зимние дни» は私ももちろん見に行きました!

映像の詩人と言われるノルシュテインと、和の詩である俳句はとても相性がよく、しみじみとした季節の美しさや色や表情で紡がれるリズムのようなものが感じられました。

20150210-115834.jpg

△日本でノルシュテインといえば、杉並区阿佐ヶ谷にある映画館ラピュタ。ロシアでもなかなかスクリーンでは観る機会のないノルシュテイン作品を映画館のスクリーンで楽しめます。ロビーの壁面には、ノルシュテイン氏が2001年に来日した際に、ささっと描いたという絵とサインが残されています。“また会う日まで!“『ラピュタアニメーションフェスティバル』では、ロシアを含む東ヨーロッパなどまだ日本であまり紹介されていない世界中の優れたアニメーション作家の作品を特集したり、実際にノルシュテイン氏を招いてワークショップ等を実施。公式サイトにはユーリー・ノルシュテイン情報サイト「ユーリー・ノルシュテインの仕事」が開設され、ノルシュテイン関連の出版物も魅力的です。

そんなノルシュテイン氏がロシアの文豪ニコライ・ゴーゴリの小説『外套』をもとにアニメーション制作を続けて30年・・・!

△予告編。

長年ノルシュテインと親交を持つラピュタ阿佐ヶ谷の館主でもいらっしゃる才谷遼氏が監督を、児島宏子さんが通訳・翻訳を務め、モスクワにあるノルシュテインのスタジオを訪れ、製作や作家に迫るドキュメンタリーです。

いつか観たことのない新しい『外套』がラピュタ阿佐ヶ谷で上映される日を心待ちにしています!

関連

【今日のロシア】ユーリー・ノルシュテインとラピュタ阿佐ヶ谷

【今日のロシア】朗読CD絵本「金の魚」「金の鶏」

『霧のなかのはりねずみ』ノルシュテイン氏のサイン本ならМ♡СКВАへ

児島宏子先生の喜寿の祝い〜通訳・翻訳活動45年を慰労する〜

チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院 大ホール 2019

いよいよ今年2019年6月、世界三大コンクールのひとつに数えられるチャイコフスキー・コンクールが4年ぶりに開催されます。ロシアを代表する作曲家ピョートル・チャイコフスキー(Пётр Ильич Чайковский 1840-1893)が教鞭をとっていたチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院では、今もロシアをはじめ世界中からの学生たちが音楽を学び、偉大な演奏家を輩出しています。

27e91632d75c729120fb393d10955a72

△チャイコフスキー像

4eba57fac04328b48aa7e8bb1c0ad802

△背景には五線踏とハープ、春にはライラックの花が満開に咲き甘やかな香りが漂います。

音楽院の大ホール、小ホール、ラフマニノフホーでは、毎日たくさんの魅力的なコンサートが開催されており、ここがチャイコフスキー・コンクールの舞台にもなります。

3cd4ca904e078d47e1adebd511c13a1f

IMG_5397

IMG_7598

△ロビー正面のチャイコフスキー像

IMG_7636

△大ホールには世界の音楽家たちの肖像画が並びます。

IMG_7652

△ステージ正面上にはニコライ・ルビンシテインのレリーフ。1862年には兄アントンがサンクトペテルブルク音楽院を創設し、つづく1866年に弟のニコライがモスクワ音楽院を創設しました。

IMG_7635

IMG_7650

IMG_7651

IMG_7673

IMG_7612

IMG_7618

IMG_7644

IMG_7661

IMG_7680

IMG_7685

IMG_7682

IMG_7653

IMG_7694

☆チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院(Московская государственная консерватория имени П.И.Чайковского)http://www.mosconsv.ru

関連

チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院 ラフマニノフ・ホール

«Кофе мания» コフェ・マニア 2017