【水の都サンクト・ペテルブルクを訪ねて】まとめ

2019-04-29

モスクワ通信『ゾウ登場に大歓声!ドゥロフ記念動物劇場』

2019-04-28

(ロシア文化フェスティバルblog)

サーカス大国ロシアが誇るモスクワの2大サーカス劇場といえば、「Большой Московский Государственный цирк ボリショイ・モスクワ国立サーカス」と「Московский цирк Никулина на Цветном бульваре ツヴェトノイ・ブリバール・モスクワ・ニクーリン・サーカス」ですが、ほかにもここでしか観ることのできないユニークなサーカスがあります。

IMG_E7711

△そのひとつが、ドゥロフ記念動物劇場(«Уголок дедушки Дурова»)です。動物の彫刻がいっぱいの可愛らしい建物!

IMG_7717

IMG_7724

△それぞれのサーカス団専用の劇場があるなんてさすがサーカス大国ですね!

IMG_7728

△建物内の廊下はギャラリーになっています。1912年にこの劇場を創設したピエロで調教師、動物心理学の研究者、サーカス分野で初のソ連功労芸術家でもあるウラジーミル・ドゥロフ氏(Владимир Леонидович Дуров)をはじめ、歴代のアーティストたちの写真やポスター等・・・

IMG_7721

△動物と記念撮影コーナー

IMG_7718

△暗い客席で光るおもちゃが人気のようです。

IMG_7732

IMG_7735

△ロシアの劇場や屋台ではすっかり定番人気の綿アメ。ロシア語でも“ワタ”と言います。

IMG_7736

△ロシアでは3度のベルで開演です。

IMG_7749

△まるで絵本の世界のように動物たちが人間とともにストーリー仕立てで楽しませてくれる部分と、動物とともに世界各地の民族衣装を着た男女ペアがつぎつぎに登場してショーのように魅せてくれる部分がありました。シベリアが舞台のトラのサーカスや、スイスが舞台の山羊のサーカスなど。ほかにもサル、犬、猫、ニワトリ、セイウチなど・・・さまざまな役者(動物)が登場しました。

IMG_7778

△モスクワの動物園でも人気者の白いオオカミ!オオカミとも抱き合ってキスしたり愛おしむようになでてやったりと絆を感じます。こちらの劇場では、調教に鞭などを使用せず、ほめてご褒美をやることで舞台を作り上げていくそうです。途中で舞台裏へ帰ってしまったり、予定通りにいかない場合もありますが、決して無理強いはせず優しさが伝わってきます。

IMG_E7791

△ロシアのサーカスといえば熊!愛嬌たっぷりで芸達者です。

IMG_E7767

△カバも登場!そして最後は「私たちのサーカスのシンボルにもなっている一番大きな役者を紹介します!」

IMG_7796

△ついに象が登場すると、会場はキャー!という子どもたちの大歓声に包まれました!!!

IMG_7806

△悠々とステージを一周したあとは、逆立ちなども見せてくれます。象とともに登場したのは、ナタリヤ・ドゥロワさん。創設者の玄孫(やしゃご)にあたります。古き良き伝統が大切に引き継がれていますね。

 

«Уголок дедушки Дурова» http://www.ugolokdurova.ru

住所: Ulitsa Durova, 2/1

【ロシアのお土産】あなたは誰とティー・タイム?

2019-04-27

サンクトペテルブルグの美術館や屋台でよく見かけたティーバッグ!プーチン大統領シリーズ、歴代大統領シリーズ、皇帝シリーズ、文豪シリーズ、作曲家シリーズ、マトリョーシカ・シリーズなど・・・さまざま!

IMG_7306

IMG_7214

 

IMG_7213

 

今では、ロシアの一般家庭でもすっかり電気湯沸かし器になってしまいましたが、ロシアのホテルでは、昔ながらのロシア式の湯沸し器サモワールがおいてある場所も多く、朝のお紅茶をサモワールで楽しむことができました。

IMG_6934

IMG_6933