【日露交流年】日露を象徴する花!桜と向日葵の茶碗で一服

2018-09-28

モスクワ大学のなかにある清露庵にて、『ロシアにおける日本年』裏千家の茶道イベントのために特別に作られたというお茶碗で一服いただきました。

IMG_5039 IMG_5038

日露友好のお茶碗には日本とロシアを象徴する花として、桜とひまわりが描かれています。

IMG_5035

 △特製お干菓子も、桜とひまわり!冬のイメージのロシアですが、実は国を象徴する花はひまわり!日本でも『ロシアひまわり』の種が園芸用によく売られています。

IMG_5737

ロシアでは食用としても、種はよくおやつがわりに食べられていますし、スーパーの油コーナーでも、ひまわり油が主流です。ソフィア・ローレン主演の仏ソ合作映画『ひまわり』もありましたね。

スクリーンショット 2018-09-28 10.34.16 image2

 △イベントのポスター。抹茶は今、世界的なブームですが、モスクワの街でもスーパーで抹茶を見かけたり、カフェで抹茶ラテを頂けたり、ブームを感じます。日本からのお土産リクエストでも、日本限定の抹茶味キットカットなど、抹茶を使ったお菓子は大人気です。

 

カテゴリー: 今日のロシア

お気に入りのПлаток プラトーク(ロシアのショール)

9月に入り秋を感じる肌寒い日も増えてきました。スカーフやの伝統的なショール“プラトーク“を素敵に巻いている人とすれ違うと、おもわず振り返ってしまいます。皮のジャケットの首もとに無造作に巻いた若い女性や、マトリョーシカのように頰被りをしている可愛らしいおばあさん、ワンピースの襟元のアクセントに、肩にかけてバックやコートと綺麗な色でコーディネートして・・・。

IMG_4836 

△モスクワ郊外Павловский посадにあるプラトークの有名な工場の直営店 «Павловопосадская платочная мануфактура»は、モスクワ市内にもたくさんの店舗があります。ちいさな木の扉をあけると壁一面のプラトークに目を奪われます!

スクリーンショット 2018-09-29 1.52.07

はじめは皆様「こんな派手なお花柄にたっぷりのフリンジ、マトリョーシカでもないし着こなす自信がないわ」と思うのですが、ひとつひとつ違う美しい柄は、広げるたび雰囲気が変わり、さらに実際に巻いてみるとまた違う魅力があり・・・「あら、意外といいかも!」ロシアの伝統柄から現代的な柄までどれもそれぞれに素敵なロシアが描かれていて、ひとつひとつにアーティストの名前と素敵な題名がついているのも想いがこもっていて嬉しくなります。

 IMG_4837

あれもこれもと試して迷っていると、最後にはベテラン店員さんが「あなたにはこれが似合うわ」と薦めてくださる御品は、確かに今までのどれよりも似合っているような気がして「では、これをいただきます!」

IMG_4984

△エレーナ・ジュコワ作『黄金の街』正方形のプラトークではなくПалантинと呼ばれる長方形タイプです。

美しいだけでなく、あたたかくて実用的なプラトーク。ロシアの記念に1枚、1枚持つと雰囲気の異なるものをもう1枚、すっかり気に入って家族や日本の友人たちへのお土産に・・・つい足を運び、つい買ってしまいます。

スクリーンショット 2018-09-29 1.53.48

△有料のラッピング箱も、どれもとても綺麗!プレゼントにもぴったりです。

スクリーンショット 2018-09-29 2.16.37 スクリーンショット 2018-09-29 2.14.37

«Павловопосадская платочная мануфактура» http://platki.ru

→ネットショップはこちら

スクリーンショット 2018-09-29 2.38.21

→アーティスト一覧はこちら。好きなアーティストから作品一覧を見ることもできます。

スクリーンショット 2018-10-05 11.58.53

→店舗一覧はこちら。モスクワ市内にたくさんの直営店があります。

スクリーンショット 2018-09-29 2.39.34 スクリーンショット 2018-09-29 2.39.26

△公式サイトより。

ぜひお気に入りの一枚で秋のモスクワの街を楽しんでみてください!

カテゴリー: 今日のロシア