女優Юлия Высоцкаяがプロデュースするレストラン«FOOD EMBASSY»

2017-07-31

在ロシア日本国大使館へつづく通りには、アイルランド大使館やポルトガル大使館、そして«FOOD EMBASSY»もあります。モスクワでも一年を通して最も美しい場所のひとつである植物園の温室の隣からも入店できるこちらのレストランは、ロシアの舞台・映画女優Юлия Высоцкая(ユリヤ・ヴィソツカヤ)のプロデュースする話題のお店です。

 スクリーンショット 2017-07-28 4.09.19

Юлия Высоцкаяベラルーシとロンドンの演劇学校で学び、女優としてベラルーシの劇場でキャリアをスタート。現在はモスクワの劇場 Московского государственного академического театра им. Моссовета に所属する女優で、『桜の園』ラネフスカヤ役、『三人姉妹』マーシャ役などを演じています。一方で2009年から TVチャンネルНТВでお料理番組 «Едим дома!»(お家で食べよう!)(日曜9:25~)などの司会としても活躍。これまでたくさんのお料理本を出版してベストセラーにもなっており、人気料理雑誌«ХлебСоль»の編集長も務めています。現在は、お料理教室を主催したりキッチングッズを展開したりと活躍の場を広げています。

スクリーンショット 2017-07-28 4.11.24

国内外からたくさんの有名俳優も来店しています。

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.05

お席は、2階、1階、そしてテラス席があります。インテリアはМария Жуковаによってスカンジナビア・ミニマリズムをテーマに仕上げられているそうで、自然素材を用いて明るいトーンになっています。家族やお友達とリラックスして過ごしていらっしゃる方も、お一人でノートブックを広げながらお食事をしていらっしゃる方もいて、それぞれに快適な雰囲気です。ディナータイムには、ピアノの生演奏も。

スクリーンショット 2017-08-01 3.02.57

スクリーンショット 2017-08-01 4.23.14 

 

2009年頃からプロデュースしていた«Ерник»というレストランを閉店し、«FOOD EMBASSY»としてこの場所にオープンしました。«Ерник»時代から、旬の食材を用いて、ロシアと海外のトレンドを上手にミックスし、ヴィソツカヤの食へのこだわりや哲学を反映したレシピを実際に味わえるレストランとして人気を集めています。

 

 

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.41

△番組や本で紹介されたレシピも味わえるメニュー

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.52 

△キッズフレンドリーをモットーにしているため、子ども用メニューも。レストラン内には大きな熊のぬいぐるみやおしゃべり上手のオウムもいて、子どもたちの遊び相手になっています。

 

スクリーンショット 2017-07-28 4.11.38

 

スクリーンショット 2017-08-01 4.29.32

 

植物園の入り口には、このお店のプロデュースによるアイスクリームスタンド«ICE EMBASSY»もあります。

スクリーンショット 2017-08-01 3.14.36

アイスクリームやシャーベットは1つ120ルーブルで、コーンかカップか、お好みでトッピングも選ぶことが出来ます。どれも手作りで添加物などを加えずに作られています。ワッフルやサンドなどの軽食やお店自慢のレモネードも注文できるそうです。 

 スクリーンショット 2017-08-01 4.22.26

住所:Москва, Проспект мира, д. 26, стр. 2(メインエントランスはГрохольский переулок側)

Tel: +7 (495) 256-04-03

URL:http://www.foodembassy.ru

 

カテゴリー: 今日のロシア

モスクワで初遭遇!抹茶アイス

2017-07-30

2017年、モスクワで初めて、ロシアの会社が製造する抹茶アイスに出逢いました!

スクリーンショット 2017-07-25 16.44.55  

 

モスクワでは、緑色のアイスはたいてい、ピスタチオ味。(ときどき、メロンやライム、キウイのシャーベット)。日本食レストラン以外で、抹茶味のアイスクリームは初めて出逢いました。

スクリーンショット 2017-07-25 16.35.02

 △まだ日本未上陸ですが、ハーゲンダッツと並び世界的に人気のあるスイスの高級アイスクリーム“Movenpick モーヴェンピック“。モスクワでは高級スーパーの棚やワゴン販売なども見かけます。綺麗な緑色はやっぱりピスタチオ味です。

 

 スクリーンショット 2017-07-30 4.25.51

△ロシアのアイスクリームの定番のお味は、バニラ、チョコレート、ベリー(ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーなど日本よりも種類豊富)に加えて、よくあるのがクレーム・ブリュレ味です。抹茶アイスを発見したスーパーВкус Виллでは、同じシリーズにラムレーズンや塩キャラメル、ピーナツ&ココナッツ、ベルギーチョコレート、チョコチップミントなども。(ひとつ76ルーブル)さすが乳製品が自慢のお店だけあって美味しいのでお気に入りです。

牛模様のマトリョーシカ之マークが目印のICECAKE MOSCOW社の“Зеленый чай с миндлем“ 味は、原材料にも抹茶と書いてあります。和風と比べると、アーモンドの粒入りなのが少し邪道ではありですが、確かに抹茶味!冷凍庫に入れておいて、日本のお客様がいらしたらお出ししてみようかな?

 (関連ブログ☆ロシア国産の優良食品を誇るスーパー ВкусВилл(フクースビル)とИзбёнка

カテゴリー: 今日のロシア

ロシア国産の優良食品を誇るスーパー ВкусВилл(フクースビル)とИзбёнка

昔からよく利用していたスーパーПерекрёсток、高級スーパー Азбука вкуса、郊外の大型スーパーАшанなどに加えて、2017年街中でよく見かけるのがこちらの看板!

スクリーンショット 2017-07-30 2.37.06

△ВкусВилл(フクースビル)と

健康食品が自慢のちいさなスーパーで、国産で自信を持ってお届けできる品質の商品のみを棚に並べています。

スクリーンショット 2017-07-30 2.38.42

 

テーマカラーはグリーンで、店内は品質維持のために肌寒いくらいの温度設定。グリーンのフリースを着用していらっしゃる店員さんが親切に今日のオススメ商品などを教えてくださいます。子どもにも安心して与えられると銘打っていることもあり、ベビーカーを押しながらのお買い物客の方も多いです。

スクリーンショット 2017-07-30 2.39.09 スクリーンショット 2017-07-30 2.41.45

△泥つきの大根を発見!そして、ロシア内陸のモスクワではなかなか新鮮な生のお魚を安心して購入することができないのですが、なんと魚では唯一、鱈を見つけました(484gで約309ルーブル、1kg640ルーブル)。今のところ、鮮魚は鱈以外には販売されていませんが、ぜひ他の種類も増やしていただきたいです。

スクリーンショット 2017-08-03 3.42.43

△日本のスーパーでも見かけるレシピシートもありました。ВкусВилл(フクースビル)にあるロシアの食材で作れる家庭料理がメインです。

 

スクリーンショット 2017-07-30 2.41.07

△2009年5月に乳製品の”Избёнка”として1店舗目がオープンし、2011年末までに一気に100店舗に増え、2012年から健康食品スーパーの«ВкусВилл»が登場してからも、安定した人気を誇ります。こちらのスーパーをご紹介いただいたのは、日本のようなお味の牛乳を探していて、モスクワ生活の先輩奥様に教えて頂いたのでした。乳製品が美味しく種類も豊富なロシアですが、牛乳は乳脂肪分ごとに細かく分かれていて、また消費期限がパックしてから72時間という鮮度重視のものか、あるいは開封しなければ常温で半年という(どういう密封方法なんでしょう!?)ものが多く並んでいます。日本では成分調整・無調整、無脂肪・低脂肪などの違いはあるものの、どの牛乳を購入しても安定したお味ですが、こちらでは「なんだか日本と味がちがう・・・」となかなか息子がそのままごくごく飲める牛乳に出逢えずにいたのです。

スクリーンショット 2017-07-30 2.40.35

そしてこちらが、オススメいただいた牛乳です。確かに日本の牛乳と同じような美味しさで、消費期限も5日間。何よりも驚いたのは、レジ袋や商品にこんな表示がついています。

 

スクリーンショット 2017-07-30 5.50.04 スクリーンショット 2017-07-30 5.49.42

△“もし品質にご納得頂けなければ、レシートなしでも返金致します“

国産の高品質な製品にこだわり、適正な価格で、最高級のサービスを約束します。お客様の声を大切にしてご一緒に理想のお店を作りましょうと書かれています。

 

ある日、開封したときにちょっと傷んでいるものがあり、試しにお店へ持参してみました。すると店員さんが「まあ、それは大変!すぐに返金しますね」と丁寧にスムーズに対応してくださいました。商品名や、いつ購入したか、氏名などを簡単に聞かれ、署名すると、それを緑色の返品シート用紙に記入していらして、いつもきちんと本社に送っているのよとおっしゃっていたのも信頼できましたし、さらにそのあと、ご親切におすすめの商品を一緒に選んでくださったことにも感動。迷ったけれど、思いきってご相談してみてよかったですし、これからもこちらのお店を利用したいなと思いました。

ВкусВилл(フクースビル)、まだまだ面白い商品がありそうです! 

スクリーンショット 2017-07-30 5.57.27

 

ВкусВилл  http://vkusvill.ru

関連

モスクワで初遭遇!抹茶アイス

うずら、にわとり・・・ダチョウ!?

カテゴリー: 今日のロシア