モスクワの焼き栗やさん!

2017-10-23

モスクワ市庁舎の前を歩いていると・・・

スクリーンショット 2017-10-23 5.30.35

△モスクワで初めて焼き栗屋さんを見かけました!

 

スクリーンショット 2017-10-23 5.29.11

△メニューは、焼き栗とりんご飴。

 

スクリーンショット 2017-10-23 5.29.24

△甘い香りに誘われて、さっそく注文してみると・・・

スクリーンショット 2017-10-23 5.29.51 スクリーンショット 2017-10-23 5.30.12

△渋皮がなかなかとれず、日本の甘栗が懐かしくなるようなお味でしたが・・・。

スクリーンショット 2017-10-23 5.30.02

△それでも、モスクワで身近に栗を、しかもこんなお洒落な焼き栗屋さんを見かけることができたのは収穫でした!

 

カテゴリー: 今日のロシア

プリュシェンコ選手の息子さんも羽生選手を応援!ロステレコム杯 2017

モスクワで初雪の降った日、およそ8年ぶりのフィギュアスケート グランプリシリーズ ロステレコム杯へ行ってまいりました!

スクリーンショット 2017-10-23 4.05.21 

会場は変わらずメガスポルト。出場選手の顔ぶれは変わり、今年のポスターの顔はエヴゲニヤ・メドベージェワ選手。

スクリーンショット 2017-10-23 4.04.07

セーラームーンなど日本のアニメ好きとしても知られていて、インスタグラムには自ら”アニメオタク”を自己紹介しているほど。仲良しのフィギュアスケーター本田真凛選手との浴衣姿や舞妓姿、コスプレの写真などがたびたびアップされて話題になります。ロステレコム杯も見事制しました!

スクリーンショット 2017-10-23 4.03.20

今回は、日本から羽生結弦選手が参加することもあり、日本からの応援ツアーの皆様はもちろん、モスクワ中の日本人がここに集結したような注目度でした!大好きなだという、くまのプーさんのティッシュケースを愛用されている羽生選手。素晴らしい演技の終了後には・・・噂のプーさんの雨!

スクリーンショット 2017-10-23 4.03.46

 

プーさんのぬいぐるみを集める子どもたちのなかで、赤いお洋服の男の子が羽生選手に近づき話しかけていました。優しく頭をなでてもらっていました。

 

スクリーンショット 2017-10-23 4.47.23

 

△すでにモデルとして活躍するプリュシェンコ選手の息子さんアレクサンドル(サーシャ)君も父とともに観戦。父より強くなるためフィギュアスケートも習っているようです。人気音楽プロデューサーの母 @rudkovskayaofficial と、プリュシェンコ選手 @plushenkoofficia とともに、その一挙手一投足が注目されていて、すでに公式のインスタグラムアカウントも!プリュシェンコ選手に大きな影響を受け、羽生選手も少年時代にはこんなヘアスタイルだったそうです。

 

http://www.toto-growing.com/interview29_1

 

△“ロシアの師匠から教わったこと“など興味深い話題で、ロシアで活躍するピアニスト松田華音さんと対談した映像も公開されています。天賦の才能を思う存分に発揮できる分野では、圧倒的なオーラと自信で堂々としていながら、ひとたびそこを離れると自然体で笑うことができる、素晴らしい可能性を秘めたお二人の今後のご活躍から目が離せません!もちろん、プリュシェンコ選手の息子さん、サーシャくんからも・・・!

 

 

カテゴリー: 今日のロシア

Superdry 極度乾燥(しなさい)!?

ロシアでも大人気のユニクロも入っている、モスクワ中心部のショッピングセンターТЦ «Охотный ряд»をお散歩中。

スクリーンショット 2017-10-23 3.31.51

 

Superdry(スーパードライ)ですが、ビールではなく、お洋服屋さん。ん?極度乾燥(しなさい)???

 

イギリスで人気上昇中のブランドだそうで、創業者のイギリス人の方が、日本で出逢ったビールのスーパードライからインスピレーションを得てブランドコンセプトに採用したそう。外国ではエキゾチックな魅力を持つ日本語は、ここロシアでも”おしゃれ“に取り入れられています。(関連ブログ☆H&Mモスクワの東京トレーナー&パーカー

スクリーンショット 2017-10-23 3.50.17 

『Superdry 極度乾燥(しなさい)』は、ただいま世界展開中で、まもなく日本にも上陸(逆輸入・・・!?)するとかしないとか。でも、自慢のブランド名だけでなく、商品やタグなどにも“デザインとしての日本語“があしらわれていたりするので、つい意味を考えて読んでしまう日本人にとってはちょっと手に取りにくいものばかりのような・・・。

 

公式URL: https://www.superdry.com

カテゴリー: 今日のロシア