うずら、にわとり・・・ダチョウ!?

2017-07-25

スーパーの卵コーナー。うずら、にわとり・・・ダチョウ(2190ルーブル)!?こんな大きな卵で何を作るのかしら!?

スクリーンショット 2017-07-24 21.22.48

モスクワの食材で注意が必要な食材のひとつ、卵。日本と違い、生で食べることはおすすめできません。最近は、殺菌用のスプレーも販売されたりしていますが、まずはしっかり洗って、加熱してからいただきます。割ってみると、黄身の色が、日本のような橙色ではなく、薄いレモン色で驚きますが、これは与えている餌の違いによるもので、特に問題はないそうです。

スーパーの卵コーナーでは、蓋を開けて、なかの卵が割れていないかどうか確認し、気に入った卵をあれこれ入れ替えて買っていくお買い物スタイルには2007年も驚きましたが、今も見かけます(関連ブログ☆ロシア・スーパー探検!~その2~)。

高級スーパーでは、綺麗な卵がセットされ開封できないようにラッピングされたものも増えました。卵はほぼ毎日何かのお料理に使うので、値段にかかわらずなるべく安全な品質のものを選びたいです。

 

 

 

 

カテゴリー: 今日のロシア

スプライト・・・きゅうり味!?

ペプシ、ペプシライト、スプライト・・・スプライト きゅうり味!?

スクリーンショット 2017-07-24 21.19.39

 

お引っ越しをして、家具を配達・組み立てしてくださったり、電気工事やボイラー点検、インターネットやTVの接続など、大屋さんと業者さんがいらっしゃった際に、冷たいお飲み物をいろいろ取り揃えて準備しておくのですが、今のところ我が家へいらっしゃる方のなかで一番人気はスプライトです。今日はきゅうり味も混ぜて冷やしておくつもりです。

 

日本にいるときもエレベーター点検や防災点検など、興味津々で見学していた息子ですが、家具の組み立てや電気工事など普段なかなか見ることのできない作業を飽きることなく観察しています。皆様子どもにとても優しく、見えるように配慮して作業したり、やあ、今日も私の可愛い помощник(助手)が待っていてくれたね!さあ、ナビゲーターになって、お部屋を案内して、いい子だ!なんて声をかけて手伝わせてくださったり。

 

 

カテゴリー: 今日のロシア

ロシアのお水事情 2017

水道のお水を飲むことが出来る日本から海外へでると直面するお水問題。2007年滞在時も驚きましたが、2017年も、やはり変わっていませんでした・・・。ロシアでは一年に一度、お湯の配水管の清掃のためにお湯が止まる時期があるのですが、その直後などはひどいものです。白いバスタブのなかは入浴剤を入れたかのように色づき、カップのなかの水は薄いほうじ茶のようです。覚悟していても、やはりぎょっとしてしまいます。さらに、鉄臭い匂いがあって、顔を洗っても髪を洗っても、お茶碗を洗っても、気になってしまいます。ちょうどこの時期に引っ越してきたため、はじめは家事がとても辛く感じました(慣れていくのですが・・・)。

 スクリーンショット 2017-07-23 4.40.25

 

2007年も飲料水は購入していましたが、今回は家族で利用するため、初めて宅配を注文してみました。お水の宅配はさまざまな会社を選ぶことが出来ますが、大家さんオススメのこちらにしてみました。

 スクリーンショット 2017-07-23 4.42.18

 

モスクワでは、NestleからEdenへと社名が変わりましたが、お水自体は同じだそうです。ミネラル分などはほとんど含まれていませんが、その分ピュアな優しいお味です。冷水と温水を選べるサーバーか、常温で利用するポンプが選べます。ボトル4本から注文可能で初回にポンプがサービスされるキャンペーンがありインターネットから申し込みをしてみました。 

 スクリーンショット 2017-07-23 4.41.37

登録内容、お届け日時や支払額の確認の電話があり、携帯へのSMSもあり、無事に配達されましたが・・・お水のみでポンプが入っていませんでした。すぐに、会社に電話すると、オペレーターが「明日12~15時に、お届けします」とのこと。翌日、約束の時間には届かず。17時に電話すると「あと1時間後に・・・!」しかし、届かず。19時に電話するも「今日は運転手が届けられませんでした」(人のせい!?)

日本でしたら、何らかの問題で約束の時間に届けられない場合には、その時点で連絡を頂けますが、ここはロシアですから、そういうわけにはいかないことを思い出しました。さて、その翌日も結局、一日中届きませんでした。土日を挟んで月曜日、今度はメールで催促してみると、折り返し電話があり「初回に届けられなかったので、残念ながらポンプは有料です。」(届けるのを忘れたのは会社の責任なのでは?)「ポンプは有料なので、おわびにお水を無料でサービスします。」とりあえず了承して電話を切ると、その後、請求内容の違うSMSが2度届いたあとで、なんと留守中にポンプのみが届いていました。

果たして、ポンプは、無料になったのでしょうか・・・?とりあえず快適に使いはじめましたが、来月のお水の定期宅配のときにすべてが明らかになりそうです。

 

 ロシアが変わった!とこちらへ来てから嬉しい驚きと発見の毎日ですが、久しぶりに、ロシアは変わっていない・・・と実感する出来事でした。ここは時間通りに完璧なサービスが受けられるのが当たり前の日本ではありませんでした。ロシアでは状況を受け入れて、そのうちなんとかなるさ、という心構えで過ごすことが大切なのだったと思い出しました。もちろん、書面はすぐ署名せず、その都度確認をするようにし(よく間違っているので)、きちんと主張すべきところはしなければなりません。

 

カテゴリー: 今日のロシア