ロシアならではのファーストフード!ピローグ屋さん «Николай»

2017-11-05

ロシアでは、パン屋さんでもパイ屋さんでもケーキ屋さんでもなく、ピローグ屋さんというジャンルがあります。専門店からちいさな売店まで、街のあちらこちらで、ピローグ屋さんを見かけます。

スクリーンショット 2017-11-05 1.56.10

 

見た目はパイのようですが、生地はパン生地風で、丸や長方形などさまざまな形に可愛らしく成形されています。

スクリーンショット 2017-11-05 1.56.36

 

中身はデザート系とお食事系のどちらもあり、注文すると店員さんが切り分けてくださいます。1切れからホールまでお持ち帰りにすることも出来ます。

スクリーンショット 2017-11-05 1.56.43

 

スクリーンショット 2017-11-05 1.57.07

 

△サーモンとほうれん草のピローグ 200ルーブル(左)。ベリーとトヴァローグ(カッテージチーズ)のピローグ 140ルーブル(右)。ロシアのカフェラテ(ストローがついています!)。テーブルの上には、ハロウィンイベントのご案内が。ジャック・オー・ランタン作りのマスタークラスや、ダンスイベント。

スクリーンショット 2017-11-05 1.58.26

 

カウンターで注文するスタイルのこちらのお店«Николай»は、チェロ奏者のニコライ・ペレグドフから名付けられています。アットホームな雰囲気で、読書したりおしゃべりしたり、それぞれにゆったりと過ごしているテーブルの間を、美しい看板猫が行ったり来たりしてなごませてくれます。

スクリーンショット 2017-11-05 1.58.06

ロシアならではの人気ファーストフードのひとつです。

スクリーンショット 2017-11-05 2.13.54

 

«Николай»

公式URL http://bar-bufet.ru

カテゴリー: 今日のロシア

モスクワのХэлловин!ハロウィン! 2017

2017-11-02

2007年にはモスクワで全く意識しなかったハロウィン。日本でも、年々若い方を中心に仮装して楽しんだり、かぼちゃでジャック・オー・ランタンを作ったり、おばけなどハロウィンにまつわるお菓子が販売されたりと盛り上がりを見せていますが、ここモスクワでも、今年はずいぶんハロウィンを感じました!

スクリーンショット 2017-11-05 1.47.06

 

△都心のお洒落スポットには、かぼちゃをあしらったディスプレイがあちらこちらに見られ、

 

スクリーンショット 2017-11-05 1.48.05

 

△スーパーにも、いつものひょうたんかぼちゃ以外に、さまざまなかぼちゃが並んでいます。

スクリーンショット 2017-11-02 16.06.21

△ふとコーヒーをテイクアウトしようと立ち寄ったカフェでは、かぼちゃのランタンとウインドーにデコレーションシール。どこで購入したのか店員さんに伺ってみると・・・以前ご紹介したこちらのお店でした。

ロシアの100円ショップ!? どれも50ルーブルのFIX price

スクリーンショット 2017-11-02 16.20.22 スクリーンショット 2017-11-02 16.20.38

コスチュームは、日本でもインターネットで購入する方が多いようですが、モスクワでもネットショップが人気です。小さな子はかぼちゃ、男の子にはスパイダーマンやスターウォーズ、ドラキュラ、海賊、ガイコツのスーツ、女の子にはさまざまな魔女が人気なのは日本もロシアも同じようです。

 

息子の学校でもハロウィンパレードがあったので、和風に和紙や折り紙でかぼちゃのランタンや飾りを作り、忍者に変身してみました。

日本でもロシアでも、実りの秋の象徴としてかぼちゃは楽しんでも、ハロウィン自体は「わたしたちのお祭りではないわ」と冷静に過ごす方もいらっしゃり、そういう意味でのハロウィンの浸透具合はロシアでも日本でも似ているように感じます。(関連☆Золотая осень(黄金の秋)フェスティバル!

Хэппи Хэлловин! ハッピー ハロウィン!

 

カテゴリー: 今日のロシア

注目のモスクワ・メトロ・グッズ その2

2017-10-29

以前の記事で、地下鉄のマヤコフスカヤ駅に2017年オープンしたばかりのМосковский Транспорт と Московский Метрополитен のお土産ショップをご紹介しました。(関連☆2017年大注目のモスクワ通おみやげ!モスクワ・メトロ・グッズを大公開

昨日お友達とちょっと立ち寄ったところ、新しい商品が出ていたのでご紹介します!

スクリーンショット 2017-10-28 3.35.07

△まずは、カードケース(150ルーブル)よく見ると、それぞれのデザインには駅名がつけられています。動物の図柄は”Оходный Ряд“。赤いドラゴンが描かれているのが“Китай город“(カードケースには、中国 городと書かれています。漢字でお洒落さを演出?)など。

スクリーンショット 2017-10-28 3.39.17

△つづいてはこちら。18世紀に学者で都市建設技師のヤコブ・ブリュス氏が占星術などで用いられる十二宮(12星座占い)にあわせてモスクワの地区を表し、それをもとに建設されたというモスクワ地下鉄。こちらは星座の位置に地下鉄の各駅をあてはめて、ペンダントトップのようにしたもの。星のパワーを感じるお守りがわりに?

スクリーンショット 2017-10-28 3.43.40

 

そしてこちらは、以前からある人気商品のひとつ。地下鉄のПрощади Реболюции駅には、たくさんの銅像があるのですが、そのなかの犬の彫刻をなでると試験で良い点がとれたり、幸せが訪れると言われています。そのミニチュア版なのですが・・・ブロンズ製ということもあり、大(手のひらサイズ)は8000ルーブル以上、小でも2900ルーブル。これで毎日いいことがあるかも?

 

また面白い商品をご紹介致します!

カテゴリー: 今日のロシア