【英国のチョコレート】英国のキャドバリー&ロシアのアリョンカのチョコレート

2021-01-23

ロックダウン中は、スーパーマーケットやドラッグストア、オンラインで入手できるイギリスのブランドの商品を試して楽しんでいます。最近の英国のお気に入りはこちら!

IMG_2151

キャドバリー (Cadbury)のチョコレート!

IMG_4100 IMG_4126

△エリザベス女王より王室御用達の証であるROYAL WARRANTを授与されています。

IMG_2288 IMG_2255

 

たくさんの種類がありますし、人気のボタン・チョコレートもアイディアいろいろ。まんまるおめめにして楽しむのはもちろん、小袋になっていたり、ホワイトチョコとミルクチョコが混ざっていてマルバツゲームが出来るようになっていたり・・・。

IMG_4156 IMG_4162

ほかにも、ホットチョコレートやチョコレートケーキ、チョコレートアイスなど・・・あらゆるチョコレートのコーナーでキャドバリー商品を見かけます。クリスマス前には可愛らしいアドベントカレンダーが特設コーナーに山積みになっていましたし、今は春のイースターを前にユニークな商品を発見!

IMG_2232

IMG_2240 IMG_2241

まるで卵のようなパッケージには、英国らしくピーターラビットが描かれています。開けると中にはチョコレートの卵が4つ。ミルコチョコレートを卵の中には、柔らかなチョコレートが入っていて、真ん中のスプーンですくって食べます。

IMG_0962

△アメリカのオレオ・サンドだって、キャドバリーチョコでコーティング!

映画『チャーリーとチョコレート工場』のような工場見学も人気のようなので、いつかぜひ行ってみたいです。(→追記関連☆【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ

068c2147f66144d535710e52d2d1e200

△さて、ロシアを代表するチョコレートといえばアリョンカです。プラトークを巻いたほっぺたがなんとも可愛らしいアリョンカちゃんの顔が目印。市内各所、ショッピングモールや空港にもお店があり、ロシアのお土産としても人気です。味も種類も豊富でソ連&ロシアらしいパッケージも魅力。

関連

ロシアを代表するチョコレートАлёнка アリョンカのショップ&カフェ