【モスクワの流行】Хэлловин!ハロウィン! 2019

2019-10-31

ロシアの伝統行事ではありませんが、ここモスクワでも日本のように、イベントとしてハロウィンを楽しんだり、ハロウィン風の飾り付けを楽しむ光景が増えてきました。(関連☆【モスクワの流行】Хэлловин!ハロウィン! 2018 ☆モスクワのХэлловин!ハロウィン! 2017

unnamed-2

unnamed

unnamed-4

unnamed-1

unnamed-2

モスクワの四季を楽しむモスクワ・シーズンズ・フェスティバル!(【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】«Московские сезоны»(Moscow Seasons)2019カレンダー)でも、毎年秋恒例の黄金の秋を祝うフェスティバルが開催されましたが(【モスクワ・シーズンズ・フェスティバル】Золотая осень(黄金の秋)2018)、相乗効果でハロウィンも一緒に楽しんでいるモスクワです。

【ロシアのお土産】エカテリンブルク発!ウラル美人ニーナ・ルチキナのロシア柄スカーフ

2019-10-28

ロシア人はとってもスカーフを使ったお洒落が上手!モスクワで生活していると、スカーフの似合う美人さんに出逢うことが多くて、スカーフが気になります。これまでも素敵なロシアのブランドやデザイナーによる注目のお店をいくつかご紹介してきましたが(関連☆【ロシアのお土産】伝統プラトーク&モダンスカーフ 2018)・・・

IMG_7621 

△また新たにロシアをモチーフにしたデザインの素敵なスカーフを発見しました。

スクリーンショット 2019-10-26 6.35.23

△エカテリンブルク発!ロシア人美人デザイナーのНина Ручкина(ニーナ・ルチキナ)によるブランドです。

IMG_7630 IMG_7629

△箱だけでも欲しくなってしまうような可愛らしい化粧箱!なかには箱と同じテーマのスカーフが入っています。小サイズは90×90cmで2000ルーブル。

IMG_7634

△ウラルの宝石や民芸品、ロシア民話 «Конёк-горбунок»(せむしの仔馬)をテーマにした化粧箱からは・・・こんなスカーフ!

IMG_6456-450x600

unnamed-2

IMG_6455

そしてグジェリ陶器柄の箱からはグジェリのスカーフ!

IMG_7619

unnamed-4

ファベルジェ博物館のマークが入っているシリーズは、美しいファベルジェの卵がモチーフになっています。(関連☆【水の都サンクト・ペテルブルク】ファベルジェ博物館

IMG_7627

unnamed-3

unnamed

△テーマは、アムールの虎!

IMG_6454

IMG_6458

△ロシア・アヴァンギャルド!

unnamed

大サイズは120×120cmで3500ルーブル。

IMG_7624

unnamed-1 

どれもこれも美しくて、時を忘れてしまいます・・・!とても色鮮やかなので額装して壁に飾っても見応えがありそうですし、身につけるとまた華やかな装いになります。ロシアの記念に・・・!

Нина Ручкина https://www.ninaruchkina.ru/

【地下鉄の駅めぐり】ここは弘前!?林檎いっぱいのМичулинский проспект(ミチューリンスキー・プロスペクト)駅

2019-10-26

「ここは弘前!?」偶然、車で通りかかったとき、居眠りしていた私は思わず飛び起きました!林檎と桜!?林檎の花!?

IMG_8619

IMG_8621

あわてて降りると、どこもかしこも林檎、林檎、林檎!!!ミチューリンは、林檎をはじめさまざまな果樹の品種改良を行いロシアの風土に合う新品種を生み出した生物学者イワン・ミチューリン博士(Иван Мичулин)の名前で、博士は現在のミチューリンスク(当時はコズロフ)で生まれました。ロシアでは、駅や通りの名前に、現在地ではなく目的地の名前がつけられることも多いのですが、この大通りもミチューリンスクへ続いているのでしょうか・・・!

unnamed

 

△林檎の花、でしょうか・・・?

unnamed-1

unnamed-2 

宮殿のように美しく美術館のように芸術的なロシアの地下鉄駅は、駅ごとに異なる雰囲気で彩られており人気の観光名所のひとつにもなっていますが、こちらは新しい駅です。

IMG_8623

△現在の建設中の部分には、中国の建設会社の広告がありました。

unnamed

さて、それから数日。なんと美味しそうなミチューリンの林檎を頂きました。今年は津軽の林檎は食べられませんが、甘酸っぱくで爽やかなミチューリンの林檎で元気に冬を乗り切りたいです。