【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日夜 宿場町の宿場Староямская

2019-08-01

ポジャルスキー・カツレツの楽しいお料理教室(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日昼 ダリヤ・ポジャルスカヤの楽しいお料理教室へ)と金の糸刺繍の博物館(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日午後 プーチン大統領もオーダー!金の刺繍のミュージアム)というトルジョクの2大名物を堪能して、それからたっぷりと町中を散策し(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!トルジョク】8月1日 街歩き!)、宿へ到着しました。

IMG_2501

IMG_2447

こちらのお宿Староямскаяは、“馬車の馬と御者を休ませる古い宿”を意味する名前がついていて宿場町トルジョクで宿泊するのにはぴったり!?

IMG_2445

△外観にも建物内にも、ホテル中に絵がいっぱい!馬がモチーフの絵も多いのですが、窓枠の飾りやステンドグラスなども凝っていて、都会の現代的なホテルにはない温もりを感じます。こちらのおじさまが昼も夜もせっせと描いていらっしゃいました。

IMG_2506

IMG_2505 

IMG_2434

IMG_2435

IMG_2437

IMG_2441

△サモワールの後ろにこちらのお宿が描かれています。反対側の壁には、

IMG_2442

△トルジョクからモスクワへ向かって馬車を走らせる様子が。

IMG_2444   

IMG_2433

IMG_2518

宿屋には、スパやサウナ、プールなどもついていて、モスクワからちょっと足を伸ばして宿泊しているロシア人家族や、合宿中のような体格のいいスポーツ選手風のロシア人グループも見かけました。ビリヤード&ボーリング場も併設され、こちらは地元の若者たちにも人気のようです。

明日はトルジョクのプーシキン博物館(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!トルジョク】8月2日午前 トルジョクのプーシキン を探せ!)やリボフの建築物を巡りたいな。(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月2日午後 トルジョクのクレムリンと廃工場の教会、リボフの建築物)地図を広げ計画を立てながらゆっくり休みます。

Отель и спа «Староямская» https://staroyamskaya.ru

【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日 街歩き!

8月1日お昼にトルジョクに到着し、ポジャルスキー・カツレツのお料理教室(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日昼 ダリヤ・ポジャルスカヤの楽しいお料理教室へ)、そして金の糸刺繍の博物館&ショップ(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日午後 プーチン大統領もオーダー!金の刺繍のミュージアム)という2大名物を制覇しつつ、今晩はこの宿場町に宿泊するため、夕方までトルジョクの街をゆっくりと散策しました。

IMG_2450

IMG_2453

△レーニン像

IMG_2455  

レーニン像の周りの建物は壊れていました・・・

IMG_2478

△Путевой дворец(1776)

unnamed

△Почтовая лестница 

IMG_2487

△Река Тверца

IMG_2488

IMG_2486

△Львов像。この時は建築家のリボフを知らなかったのですが、明日訪れる修道院の小さな博物館でリボフの建築作品に魅かれ、足を伸ばすことになります。(→【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月2日午後 トルジョクのクレムリンと廃工場の教会、リボフの建築物

IMG_2480

△Дом культура

IMG_2481

IMG_2482

IMG_2484

△С.М.Киров像

IMG_2485

2100fc69-d74f-4759-8f6e-8cf2997e26ca

△ふたたび、川沿いに出ました。

f97cc2a1-b8eb-40fc-9a53-a4faf314dac0

△食堂(Столовая No.1)の隣の通りががりの小間物屋さんで、新しいチョルカ(卸金)を買いました。モスクワへ戻ったらパン粉をたっぷり作ってポジャルスキー・カツレツにします。(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日昼 ダリヤ・ポジャルスカヤの楽しいお料理教室へ

09ecd15f-6186-4dfd-81ff-2eb9da4fc30a

△川沿いからけもの道を登ってみると・・・

IMG_2490

△見晴らし台になっていました、ペットボトルで作った椰子の木が!

IMG_2492

IMG_2494

△Воскресенский девичий монастырь(16世紀)

IMG_2500 IMG_2496

△モスクワには5というスーパーマーケットがありますが、こちらのショッピングセンターは8。中を覗いてみたら、クリスマス前でもないのにまるごとの鶏肉がたくさん!だって、ポジャルスキー・カツレツの街ですから。

IMG_2608

△モスクワでは見かけたことのないファーストフードもやっぱりチキン・アフトです!

 たっぷり散策したので、トルジョクの宿へ向かいます。(☆【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日夜 宿場町の宿場Староямская

【ポジャルスキー・カツレツ発祥!宿場町トルジョク】8月1日午後 プーチン大統領もオーダー!金の刺繍のミュージアム

宿場町トルジョクといえば、“ポジャルスキー・カツレツ”の他にもう一つ忘れてはならないのが、金を混ぜ込んだ糸で縫った刺繍製品(Торжокские золотошвеи)です。9〜10世紀頃にはじまったと言われ、12世紀からトルジョクの伝統手工芸として受け継がれてきました。

IMG_2363

本物の金(や銀)が縫い込まれているのでその輝きはとてもエレガント!

IMG_2390

クレムリンをはじめ、ロシアのさまざまな場所・職業の制服で伝統的に使用されている刺繍ワッペンもトルジョク製が多いのだそうです。

IMG_2316

△お昼にまずポジャルスキー・カツレツのお料理教室に参加したカフェ・リラにも、金の刺繍の特設コーナーがありましたし、トルジョク市内のお土産ショップではどこでも素晴らしいコレクションを見ることができました。

IMG_2369 IMG_2364  

IMG_2367

△カフェ・リラのすぐ隣には、金の糸刺繍で祈りの言葉が施された12mの帯が展示されている帯の家(Дом пояса)も。次はこの金の糸刺繍の博物館を訪れてみましょう!

IMG_2428

△金の糸刺繍を深く知るためには4つの文化センターがあり、トルジョクにあるのは2つ。先ほどの帯の家(Дом пояса)と、この金の糸刺繍博物館(Музей Золотного шитья)です。

IMG_2385

△入り口を入るとまずは、トルジョクの街の地図や観光名所、伝統的な四季の暮らしを描いた大作が飾られていました。

IMG_2397

IMG_2400

△プーチン大統領をはじめ数々の著名人がここを訪れ、また素晴らしい作品が贈られてきたことがわかります。

IMG_2401

IMG_2395

△大クレムリン宮殿のアンドレーエフスキー・ホールにも。

IMG_2389 IMG_2405

△トルジョクはモスクワとペテルブルクの間の宿場町として発展してきました。両都市を象徴する建物を刺繍にした傑作も数多く保管されています。

IMG_2392

△この展示室では、古く貴重な初期の刺繍作品をみることができます。

IMG_2382

IMG_2384 IMG_2383

△古都トルジョクには美しい教会や聖堂、修道院もあり、金の糸が神々しく輝くイコンにまつわる刺繍作品も多くみられます。

IMG_2381 2020-04-22 20.12.04

△16製器の裁縫道具セットやこんな可愛らしい16世紀ヨーロッパ製の指貫入れも展示されていました。

IMG_2374

△金の刺繍の入ったロングベストをお洒落に着こなすエレーナさんが案内してくださいました。

IMG_2378

△糸には5〜8%の金が入っているため、しなやかですがしっかりとして硬い糸です。そのため通常の刺繍のように刺して布地を傷めないように、図柄に合わせて金の糸を布地の表面に固定し、それを絹の金糸で縫い付けるという独特の手法が使われています。

IMG_2376 IMG_2377

IMG_2379

IMG_2388

△金の糸刺繍を体験してみたい方には、マスタークラスもあります。

IMG_2371

△かつて、村の女性たちはお嫁入り前に自分なりの最高の刺繍を施したミトンを作り、年に1度開かれる市では、そのミトンで顔を隠して男性とお見合いをした、なんて話も・・!

IMG_2408

△次の展示室には、歴代の傑作が展示されていました。

IMG_2399 IMG_2409

△ソ連時代の作品  

IMG_2391  

△『春のモスクワ』 

IMG_2373

△『豊穣』

IMG_2402 

△『石の花』しばらくうっとりと眺めていると、エレーナさんがサプライズで電気を消しました。するとどうでしょう・・・!薄暗い中で金色の糸が光りまた違った味わいを見せてくれました。

IMG_2386

IMG_2387

IMG_2403

△モスクワからトルジョク、そしてサンクトペテルブルクまで馬車で向かう様子が描かれている『モスクワからサンクトペテルブルクへの旅(Путешествие из Москвы в Санктпетербург)』。プーチン 大統領は、サンクトペテルブルク出身でロシアの大統領としてモスクワで執務するご自身の人生に重ね合わせてイメージされたのでしょうか、ぺテルブルクからモスクワへ向かう逆のバージョンの作品をお持ちなのだそうです。 ご自宅に?それとも執務室に?この素敵な作品をどこに飾っていらっしゃるんでしょうか。

建物内には充実のショップも併設されています。

IMG_2412

IMG_2413

IMG_2411

IMG_2410

IMG_2414

IMG_6049

ベルベットの布に映える金刺繍のポーチは種類も豊富!どれも素敵で迷ってしまいます。美しいクッションカバーもお土産に購入しました。

モスクワでも、アルバート 通りと赤の広場の国立歴史民俗博物館併設のお土産屋さんなどで、золотошвеиの商品を入手できる場所があります。☆【ロシア土産】旧アルバート通りの刺繍&レース屋さん

 золотошвеи https://zolotoshveya.com/museum