【モスクワのレストラン】チェコ・ビールをちょっと1杯!Дача Гашека ガシェクのダーチャ

2019-07-15

モスクワのガシェク通り周辺は、チェコの大使館をはじめ、チェコ・ビールのお店が数店舗あるチェコにゆかりの深い地域。

IMG_2867

通りの名前にもなっているガシェクはチェコの作家ヤロスラフ・ガシェクから。

IMG_5002

こちらはДача Гашека ガシェクのダーチャ(菜園つき別荘)という名のビア・バー。つぎつぎに“ちょっと1杯”を楽しむロシア人が立ち寄っていきます。

IMG_0073

IMG_0075

IMG_0080

IMG_0083

IMG_0085

IMG_0076

IMG_0079

IMG_0082

 

△インテリアも洒落がきいています。モノクロ写真にはさりげなくiPhone2を求めて並ぶガシェク・・・まさか!思わずくすりとさせてくれます。

IMG_0089

 

△ビールにあう窯焼きピザも自慢!

IMG_0090

 

Дача Гашека https://www.facebook.com/foodymoscow

住所: Ulitsa Karetnyy Ryad, 3 стр. 8

モスクワ通信『プーシキン美術館でシューキン!エルミタージュ美術館でモロゾフ兄弟!二大コレクション展同時開催!』

(ロシア文化フェスティバルblog)

ロシアの2大都市にある西洋絵画の殿堂で、2大ロシア人収集家のコレクション展が同時開催されて大きな話題になりました。サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館ではイワン&ミハイル・モロゾフ兄弟のコレクション展、そしてモスクワのプーシキン美術館(ГМИИ им. А.С. Пушкина)ではセルゲイ・シューキンのコレクション展。

IMG_0215

△ピカソやマティス、セザンヌ、モネ、ゴーギャン、ルソー……モスクワのプーシキン美術館の敷地内でも、いつもは別館19〜20世紀ヨーロッパ・アメリカ美術ギャラリーに展示されている名画が、そしてサンンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館でしか観ることが出来ない傑作の数々が、プーシキン美術館本館へと一挙大集結!

IMG_0214

△シューキンがモスクワの自邸に飾るためにマティスに依頼して完成した『ダンス』もエルミタージュ美術館から戻ってきました!

IMG_0096 IMG_0099

IMG_0110 IMG_0113

△敬虔なロシア正教古儀式派の家庭に育ったシューキンは、4兄弟の末っ子でした。ロシア革命の後、シューキンのコレクションは国有化され、プーシキン美術館やエルミタージュ美術館に収蔵されました。

IMG_0117

IMG_0134

△印象派の作品を数多く収集したシューキン。そのコレクションの価値はおよそ85億ドルとも言われています・・・!

IMG_0160

IMG_0177

IMG_0163

IMG_0179

△シューキン邸は、マティスの間、ピカソの間・・・というように画家ごとに別れており、部屋中に作品が展示されていました。プーシキン美術館では、そんなシューキン邸をイメージしたような画家ごとの展示になっており、展示室には対比するように当時のシューキン邸の写真もあり比較しながら楽しめるように工夫されていました。

IMG_0183

IMG_0194

IMG_0188

△はじめはピカソのキュビズムの魅力を受け入れられなかったというシューキンでしたが、絵画としての価値は認めていました。

IMG_0187

△ピカソで埋め尽くされたシューキンの部屋

IMG_0205

△シューキンのポートレート

IMG_0142-600x423

IMG-6426

△モスクワのシューキン邸は今も残っており外観を眺めることが出来ます。ここで、マティスは『ダンス』を描きあげ、そしてシューキンは当時、入口をはいるとすぐ目につく場所に『ダンス』を飾っていたそうです。

IMG_0146

プーシキン美術館 https://pushkinmuseum.art/index.php?lang=ru

住所:Ulitsa Volkhonka, 12

モスクワ通信『黄金の輪スーズダリの国際キュウリ祭り』

(ロシア文化フェスティバルblogより)

モスクワの北東部に輪を描くように点在する古都は“黄金の輪”と呼ばれ、美しい自然とロシア正教の教会が織りなす昔ながらのロシアの風景を楽しむことが出来ます。世界中から訪れる観光客を楽しませてくるさまざまなイベントも開催されていますが、そのなかでもユニークなお祭りのひとつ、毎年7月中旬にスーズダリで開催される国際キュウリ祭りへ行ってきました!今年2019年で第19回目を迎えます。

IMG_E0732

IMG_0706

△この日はスーズダリの街中がキュウリで溢れますが、メイン会場は木造建築と農民生活博物館(Музей деревянного зодчества и крестьянского быта)。

IMG_0705

△チケットは大人500R、子ども250R。受付では、キュウリ帽のサービス!会場のなかはとにかくキュウリ!キュウリ!!キュウリ!!!

IMG_0763

△さまざまなキュウリのコスチュームで記念撮影!

IMG_E0728

△自家製きゅうりの塩漬け講座など、さまざまなマスタークラスも。

IMG_0753

△キュウリで作ったわにのゲーナとなぜかじゃがいものチェブラーシカ!

IMG_0566

△あちらでもこちらでも自家製キュウリの漬け物が売られていて、味見をさせてくれます。みんな手にはキュウリを持ち、ポリポリとかじりながら散策しています。

IMG_0615

△ロシア料理によく使うハーブのディル(Укроп ウクロップ)の花をきゅうりと一緒につけ込むと香りが良くなるそうです。浅漬けから古漬けまで味のバリエーションもさまざま。ニンニク入りなどもありました。

IMG_0758

△キュウリになれる楽しい写真スポットも満載です!

IMG_E0743

△ステージでは終日、キュウリ祭りを記念した歌やダンス、楽器のコンサートや、キュウリ料理やキュウリの仮装コンテスト!

IMG_0720

IMG_0721 IMG_0722

△たくさんのテントでは、自慢のキュウリ料理も味わえます。スライスしたキュウリ入りのじゃがいものお焼き“ドラニキ”とキュウリのジャム!

IMG_0719

IMG_0714

△木造建築と農民生活博物館には、18~19世紀の古い建物や風車などがあり、民族衣装をまとった人と昔ながらの遊びを楽しめます。

IMG_0715

IMG_E0739 IMG_E0740

IMG_0710

△子どもたちに大人気だった人形劇

IMG_0738

IMG_0768

スーズダリのキュウリ祭りで、爽やかなロシアの夏をお腹いっぱい満喫!黄金の輪スーズダリのちょっと意外な一日でした。

Музей деревянного зодчества и крестьянского быта

住所:Ulitsa Pushkarskaya, 27А, Suzdal, Vladimirskaya oblast’