【イギリスのなかのロシア】〜ヴィクトリア&アルバート博物館とウィリアム・モリス〜

2019-02-01

IMG_3860

ロンドンのケンジントンにあるヴィクトリア&アルバート博物館。ヴィクトリア女王とアルバート公の夫妻が礎を築き、この名が付けられました。アンティークからモダンまで心を惹き付ける装飾・デザイン芸術が展開されています。

IMG_3796

IMG_3835  

IMG_3830 

IMG_3842 

IMG_3840

IMG_3841

 

どこもかしこも絵になります!自分で組み合わせて壁紙をつくってみる機械や、コルセットを締めてアンティークのドレスを試着出来る場所など、子どもも楽しめるユニークなスペースもありました。

IMG_3843

そんなミュージアムにふさわしいデコラティブな内装のカフェがまた素晴らしく、なんとウイリアム・モリスの壁紙が使われています。今ではどのミュージアムにもカフェが併設されていますが、ここが世界初のミュージアム・カフェだったそうです。

IMG_3810

IMG_3809

IMG_3803

△なんとも味わい深いグリーンが基調のモリス・ルーム。まだ若く無名だった頃に、初めてデザインを手がけた公共スペースがここだったのだそうです。

スクリーンショット 2019-02-01 12.10.04

△キッシュやスコーン、サラダなどをセルフサービスで。

IMG_3804

△ステンドグラスが華やかな印象のギャンブル・ルーム

IMG_3816  

IMG_3799 

IMG_3798 

中庭も気持ちの良いスペース。何度でも訪れたい場所です。

さて、モリスのデザインですが・・・モスクワでもどこかで見たこと、ありませんか?そう、モリス風デザインのパッケージと言えば、コロムナのパスチラです!

【イギリスのなかのロシア】〜ロンドンのロシア食材店カリンカ〜

テムズ川、タワーブリッジ、ベッグベン、ロンドンアイ、大英博物館にウエストミンスター寺院、赤いダブルデッカーバス、バッキンガム宮殿と衛兵の交代式、パブにフィッシュ&チップス、ミュージカル!ロンドンを散策していると・・・

IMG_3761

IMG_3776

 

IMG_3890

IMG_3876

IMG_3915

△ロシア食材店カリンカを発見。思わず立ち寄ります!

IMG_3921 

IMG_3917

△ウィンドーにはキャビアとイクラのブッテルブロード(オープンサンド)。ピロシキもありますね。棚にはモスクワでもよくみかける食材がずらり。

【イギリスのなかのロシア】〜皇室御用達フォートナム&メイソンのロシアン・キャラバン、Higgins〜

 英国王室御用達のフォートナム&メイソン。こよなく愛する紅茶のお店です。モスクワでも東京でも購入出来ますが、4時をさす時計が目印のこの建物は、私にとって夢の世界・・・!

IMG_3747

IMG_3702

IMG_3710

IMG_3741

IMG_3740  

△紅茶ロシアン・キャラバン。

IMG_3743

IMG_3712

IMG_3715

IMG_3719 IMG_3724

△ミルクティーとスコーン&クロテッドクリームのイギリス式アフタヌーン・ティー!フォートナム&メイソンカラーの食器も素敵です。

 

皇室御用達といえば、こちらも有名なHiggins。お紅茶も美味しいですが、コーヒーも秀逸!喫茶室でも味わえます。

IMG_3924

IMG_3929

IMG_3926 IMG_3931