【ロシアのお土産】ロシアのクリスマスならではの飾りもの

2018-12-10

ロシアのお正月は新年のあとの1月7日。12月から街にはツリーが飾られ、ロシア版サンタクロースのジェド・マロース(寒波おじいさん)や一緒にやってくる孫娘スネグーラチカ(雪娘)の飾りつけもよく見かけます。

スクリーンショット 2019-01-13 14.40.30

△こちらは2018年1月、クリスマスの中央子どもデパート。

スクリーンショット 2019-01-13 14.36.57  

△記念撮影コーナーも大人気!

街のあちらこちらにクリスマス市を見かけます。なかでもツリーの飾りは、この時期ならではのおすすめの贈り物。ジェド・マロース&雪娘はもちろん、ロシアの雪景色やトロイカ(3頭だての馬車)、サモワール(ロシア式湯沸し器)、ロシアの民族楽器やキノコ、熊、キリル文字で「メリークリスマス!」が書かれていたりなど、どれもこれもロシアらしさがあります。

スクリーンショット 2019-01-13 14.40.40

IMG_5510

IMG_5512

IMG_5514

スクリーンショット 2019-01-13 14.43.29

スクリーンショット 2019-01-13 14.43.43

中央子どもデパートから赤の広場へ歩くと、ジェド・マロースと街を歩く子ども向けのイベントを見かけました。

IMG_5046

IMG_5051 

この時期、学校やパーティにジェド・マロースを呼んだりするのも人気です。12月〜新年を挟んで1月7日、そして旧正月までツリーが飾られますので、長くクリスマス気分を味わえるモスクワです。

**********************************

スクリーンショット 2019-01-13 23.07.58

ヴィソーチン先生とご一緒にお届けしておりますNHKラジオまいにちロシア語《入門編》千里の道も一歩から(月曜日〜水曜日)再放送中!1月号のテキストも、ジェド・マロース&スネグーラチカです。

カテゴリー: 今日のロシア

【モスクワで日本食材】ロシアで美味しいお米は・・・?

日本では新米の美味しい季節ですね!日本人の主食であるお米にはこだわりたい!と日本から無洗米などを持参している方もいらっしゃるようですが・・・ロシアにもお米は売られています。なかなか日本のような粒がふっくらして粘り気があり、噛めば噛む程に味わいが広がるようなお米はありませんが、炊きたては充分に美味しく頂けます。

IMG_4915

△こちらはロシアのスーパーマーケットのお米コーナー。黒いもの、細長いもの、さまざまな種類が豊富に取り揃えられています。

ロシアでもメイン料理の付け合わせやカーシャ(朝食の定番で、ミルクやお砂糖とと一緒に煮るお粥→関連☆カフェ・チャイコフスキーで朝食を)にお米はよく食べられています。

スクリーンショット 2018-05-06 2.29.35 

△ミストラル社の『イタリカ』

スクリーンショット 2018-05-06 2.29.26

△初めて見つけた同社シリーズの『イポニカ』

2007年に滞在していたときも『イタリカ』(あるいは少し値段がお安めの『クバン』)やベトナム市場のお米をすすめていただき、2017年もやはり『イタリカ』が日本のお米に近いと人気のようです。現在モスクワに3店舗あるドイツ系スーパーマーケットMETRO Cash and Carryのプライベートブランド米も美味しいと評判です。

どうしても日本のお米を!という方は、すこしお値段が張りますが、日本食材店«НИППОН»(ニッポン)でもお買い求め頂けます。

☆«Мистраль» https://mistral.ru/rice/

☆METRO Cash and Carry  https://www.metro-cc.ru/

 

日本食材店 «НИППОН» Цветнойбульвар店

 

カテゴリー: 今日のロシア