空港直通!アエロエクスプレス〜市内⇄ドモジェドヴォ空港〜

渋滞でなかなか時間の読めないモスクワ中心部から空港へ向かう際、もし運べる重さのお荷物でしたら断然おすすめはタクシーよりも空港直通アエロエクスプレスです。

IMG_5933

△地下鉄の環状線のパヴェレツカヤ駅は、JAL日本航空の乗り入れる南のドモジェドヴォ国際空港(DME)に向かうアエロエクスプレスの発着駅になっています。アエロエクスプレスの星マーク、飛行機マークが目印です。

IMG_5936

IMG_5941 IMG_5942

IMG_5944

△チケットは片道大人1人500ルーブル(ビジネスクラスは1000ルーブル。家族&友人割引もあり、両親と私と息子で950ルーブルでした)。窓口でも券売機でも購入可能です。列車は30分おきに出発。どの列車でもどのお席でも自由に乗ることが出来ます。

IMG_5945

△モスクワの文字!

IMG_5948

△2階建て車両!

IMG_5949 

△ゆったりした座席シートにはロシア国旗3色カラーで飛行機が飛んでいます。

IMG_5954

△窓からは”黄金の秋”と称されるモスクワの秋の紅葉をたっぷり楽しめました!乗車時間は約45分。快適な列車の旅です。

IMG_5965

IMG_5968 IMG_5970

△モスクワ市内から空港へ向かう時には出口に、逆に空港から市内へ向かう時には入り口に改札があり、チケットのバーコード部分をかざすようになっています。あとは道なりにすすむと・・・

IMG_5971

ドモジェドヴォ空港へ到着です!出逢いと別れのドラマがあり旅の予感にドキドキする空港の雰囲気が大好きです。

IMG_8182

△空港から市内へ向かう際には、空港出口からすぐ左手側に入り口があります。

カテゴリー: 今日のロシア

モスクワ通信『音楽の世界を旅する!ロシア国立音楽博物館』

2018-10-17

(ロシア文化フェスティバルblogより)

ロシア国立音楽博物館(Российский национальный музей музыки)では、世界の珍しい楽器とその歴史を旅することが出来ます。

スクリーンショット 2018-05-06 18.57.46

ロシア近代音楽の父とも称される作曲家グリンカの名を冠し、通称“グリンカ音楽博物館“としても親しまれています。

スクリーンショット 2018-05-06 18.57.10

△入り口を入ると、20世紀半ばにベルギーで作られたダンス・オルガン“オーケストリオン”が迎えてくれます。

IMG_2901

△ロビー正面には、グリンカ作曲の楽譜。1990年から2000年の間にロシア国歌としても使われていた愛国歌です。はじめて外国で上演されたロシア・オペラとしても知られる«Жизнь за царя(『皇帝に捧げし命』あるいは別名『イワン・スサーニン』)»の最後の合唱でも登場する曲です。

スクリーンショット 2018-05-06 18.57.03

△2階はロシアをはじめ世界の珍しい楽器のミュージアム。オーディオガイドを借りると、その楽器の説明や音色を聴くことが出来たり、アーティストの貴重な映像も観ることが出来ます。

スクリーンショット 2018-05-06 18.54.34

△サンクト・ペテルブルクで製作されたピアノ

スクリーンショット 2018-05-06 18.58.29

△ウクライナのオデッサのオルガン

スクリーンショット 2018-05-06 18.55.45

△ロシアのテルミン博士が発明した世界最古の電子楽器テルミン。1968年に博士が自ら完成させたテルミンも展示されています。

スクリーンショット 2018-05-06 18.58.21

△1960年代半ばのモスクワのシンセサイザー“ЭКВОДИН-11“

スクリーンショット 2018-05-06 18.58.00

△バラライカやドムラ、グースリなど豊富なロシアの民族楽器コレクションも見どころのひとつです。

スクリーンショット 2018-05-06 18.56.22

△また、ブリヤート共和国などロシアの各民族の珍しい楽器に出逢うことも出来ます。

企画展では、作曲家に関する博物館の膨大な資料のなかから、ロシアの作曲家ラフマニノフの生誕145周年記念をテーマにした特別展示がありました。

スクリーンショット 2018-05-06 18.51.14

スクリーンショット 2018-05-06 18.53.48

△甘やかな香りでロシアの春を包み込むリラの花。ラフマニノフの生家は一面のリラの花に囲まれており、彼が作曲した『リラの花』という美しいロマンスは世界中で愛されています。

スクリーンショット 2018-05-06 19.52.50

△ ポートレートや直筆の楽譜、愛用の品々・・・!

スクリーンショット 2018-05-06 18.54.25

△この肘掛け椅子に座り、このピアノを奏でながら数々の名曲を作曲したのだと思うと心が震えます。

博物館内のホールでは、子ども向けのマスタークラスはもちろん、魅力的なコンサートも多数催されています。モスクワへいらしたら、ぜひこの博物館で音楽の世界への扉を開いてみてください。

公式サイト;http://glinka.museum