インスタ映え!モスクワのアートスポットДизайн-завод «Флакон»デザイン・ファクトリーFLACON

2018-08-11

今最もアートなスポット!?として工事が進められているモスクワのデザイン・ファクトリーFLACON。

IMG_3111

無料で入場出来る施設内は、こだわりのちいさなカフェやお店が並びます。 

IMG_3123 

360度インスタ映え!あちらこちらで、ショートパンツから伸びる小麦色の長い足やカラフルなサンドレスにサングラス姿のロシア人が、カメラを手に写真や動画撮影をしながらお散歩していました。

IMG_3089

IMG_3085

IMG_3076

若手アーティストの展覧会や、アートの生まれる現場に立ち会えることも。

IMG_3118

IMG_3115

IMG_3127

IMG_3101 IMG_3106 

IMG_3075

IMG_3073 

IMG_3081

IMG_3092 IMG_3090  

△なかにはすっかりロシア語にもなった“Kawaii“をとってKawaii Factory.comという雑貨屋さんも。招き猫が目印です。

IMG_3095 IMG_3096 IMG_3097 

あの名画に風船ガム!?宇宙飛行士が探しているのは・・・WiFi だなんて!?

たくさんあるカフェのなかには、本格的な日本のラーメン!を看板メニューにする中華カフェSILVER PANDAも。日本のラーメンを人気メニューにするお店、モスクワでずいぶん増えました。

IMG_3072

IMG_3061 

IMG_3069 IMG_3063

△鶏ラーメン&博多ラーメン250R。ビールのラインナップには、麒麟一番搾りはもちろん、あの“飲み会“ビールもありました!(→この夏、飲み会はこれに決まり!?ロシアのビール工場見学&テイスティング

 Дизайн-завод «Флакон» http://flacon.ru 

カテゴリー: 今日のロシア

«Кафе Пушкинъ»Кондитерская パティスリー『カフェ・プーシキン』で朝食を

2018-08-10

カフェ・プーシキンの隣に2006年にオープンした喫茶室 «Кафе Пушкинъ»Кондитерская。

IMG_2738

外観も店内も、変わらず素敵な雰囲気!

IMG_2740 

IMG_2742

 

水色と黄色でコーディネートされていた店内は、グレート淡いグリーンでより落ち着いた印象に。

IMG_2754

IMG_2756

△朝食は、毎日10時から12時まで、690Rです。フレッシュオレンジジュース、コーヒー(アメリカン・カプチーノ・ラテ)かティー(緑茶・紅茶)、クロワッサン(オレンジ・バニラ・カッテージチーズからひとつ)、他に一皿、チーズとハムのオムレツやカーシャ、ブリヌイなどのメニューのなかからひとつ選ぶことが出来ます。

IMG_2744

△ずっしりと甘いプーシキン・カフェ名物の本の形のケーキをはじめ、ロシアの定番ケーキ、パティシエ自慢の美しいケーキの数々。

IMG_2746 

IMG_2745

IMG_2748    IMG_2743

IMG_2751

 

Кондитерская «Кафе Пушкинъ» 

 

関連☆華麗なるロシア貴族の邸宅へ«Кафе Пушкинъ» カフェ・プーシキン

カテゴリー: 今日のロシア

【ヴァイオリンあれこれ】子ども音楽学校の弦楽アンサンブル・コンクール予選へ♪

2018-08-09

息子のバイオリンの先生が指導する弦楽アンサンブルがコンクールに出場することになり、音楽学校«Детская музыкальная школа имени Н.А. Алексеева»へ予選を聴きにいってまいりました。

IMG_6825

IMG_6806

IMG_0362

IMG_0365

IMG_0367

作曲家のポートレートが並び、音符やト音記号など音楽が可愛らしくアレンジされた建物から子どもたちの奏でる音楽が聴こえてくる音楽学校の雰囲気がとても好きです。 

IMG_6808

アンサンブルごとに衣装に身を包み、廊下で出番を待ちます。

IMG_6814

さきほど廊下で会った時には、いつも音楽学校のレッスン室で会うときのように、たわいもないおしゃべりをして笑いあっていたのに、ステージに立つ姿は皆プロフェッショナル!素晴らしい演奏に瞬時に魅き込まれ、美しい物語の世界へ・・・。鳥肌が立ちました。

IMG_6810

IMG_6818  

ドアに耳をあてて前のグループの演奏を聴く姿も可愛らしい!

IMG_6807

ちょうど最近メンテナンスをお願いした楽器屋さんGoronokの紹介もありました。

ドキドキの結果は・・・見事、本選への出場決定!息子を見つけると駆け寄ってきて抱きしめてくれる先生。とにかく情熱的で厳しいレッスンでは、ときに涙ぐむこともありますが、とにかくこの先生が大好きな息子です。

ご縁をいただいてロシア人の先生や同門のロシア人の仲間に出逢えたこと、そしてはじめは日本との違いに戸惑いながらもロシアのメソッドや楽曲に触れられた経験は、息子にとってかけがえのない宝物になると信じています。

カテゴリー: 今日のロシア