消えたゴーゴリ・モーゴリ、増えるアンデルソン!

2017-09-02

2007年から2017年になり、懐かしの場所が変わってしまっていることも・・・!

お気に入りの場所のひとつだったカフェ «Гоголь-моголь» (カフェ ゴーゴリ・モーゴリ)が、カフェ «АндерСон» (アンデルソン)になっていました。NHKのTVロシア語講座で沼野恭子先生がご紹介されたり、モスクワのガイドブックにもよく登場していたお店ですが、2016年に閉店してしまったようです。(関連☆オススメカフェГоголь-моголь(ゴーゴリ・モーゴリ)♪

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.00

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.09

家族で楽しめるカフェというだけあって親しみやすく明るくポップな雰囲気。店員さんも親切で、子どもの遊べるスペースや親子で楽しめそうなイベントが企画されたり、まもなく開店する新店舗も続々とあるチェーン店です。

スクリーンショット 2017-08-04 21.27.14

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.49

△店内の雰囲気。

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.58.31

 △テラス席

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.57.47

△紙製のランチョンマット。メニューには、ロシア風クレープ“ブリヌイ“などの朝食メニュー(いつでも注文出来るものも)に、サラダ、スープ、パスタ、魚料理&肉料理などで、デザートも充実しています。たとえばビール欄には「パパはビールが好き」コニャックやウイスキー欄には「子連れでないパパだけどうぞ」、メイン料理欄には「よく生きるにはよく食べないと!」など、子ども目線で一言添えられているのがユニーク。

スクリーンショット 2017-08-09 0.58.08

 △Японские Пельмени (日本のペリメニ:餃子)という文字をメニューに見つけて試してみました。スープに入った水餃子タイプか、焼き餃子タイプが選べて、こちらは焼いたものです。中身は、えびと鶏肉のすり身に生姜などを混ぜたもの。包み方は日本の餃子風ですが、盛りつけ方が日本と違い焼き目が下になっているので、これがちょっぴりロシアのペリメニっぽさも醸し出していますね。横には、酢醤油やラー油ではなく、ごま油の甘めのソースがついていました。(440ルーブル)

 2017年のモスクワには、家族や子連れ向けのサービスが充実したカフェレストランがずいぶん増えました。もちろんこちらも過ごしやすくていいお店ではあるのですが、でも、やっぱりこの場所は、雰囲気もデザートも世界にここだけという大人の雰囲気だったゴーゴリ・モーゴリであってほしかったです・・・!

 

Семейное кафе «АндерСон» 

住所:Москва, Гагаринский переулок, д. 6

Tel:  +7 (499) 271-61-65

URL:http://cafe-anderson.ru

カテゴリー: 今日のロシア