ゴーリキー・パークの夏 〜водный велосипед(水上サイクル)〜

2017-08-09

ゴーリキー・パーク(Центральный Парк Культуры и Отдыха им. М.Горького マクシム・ゴーリキー記念 文化と休息の中央公園)で夏を満喫!

スクリーンショット 2017-08-07 2.55.54

△人工の砂浜では、水着姿でひなたぼっこを楽しむ人や、水遊びに夢中のこどもたち。

 

スクリーンショット 2017-08-07 2.56.03 

△デッキチェアで読書したり語り合ったり、水辺で涼やかな風を感じながら思い思いの時間を過ごしています。

 

スクリーンショット 2017-08-07 2.56.48

△今日はボートに乗ってみました!手漕ぎボートのほかに、2人用と4人用の足漕ぎボートもあります。2人用足漕ぎボートは、平日400ルーブル、週末と祝日は500ルーブル、デポジットとして1000ルーブルを先に支払います。カードを受け取り、カードをタッチしてボート乗り場のゲートを通ります。(乗り終わった後に、このカードを返却します)

スクリーンショット 2017-08-09 3.43.36

△ライフジャケットをつけて、いよいよ出発!白鳥やかも、すぐそばには魚もいます。餌をあげている人や釣りをしている人もいました。

 

スクリーンショット 2017-08-09 3.42.36

△園内には2カ所にボート乗り場があります。どちらのボート乗り場も、水辺を楽しむテラスが気持ちのよいカフェレストランがあります。

 

スクリーンショット 2017-08-09 3.49.01

 

園内には、ちいさな遊園地もあり、子どもたちで賑わっています。 

スクリーンショット 2017-07-17 1.04.57 

△クラシックで可愛らしい木馬や

スクリーンショット 2017-07-17 1.03.22

△パネルの一枚一枚にロシアの風景やおとぎ話が描かれている可愛らしいブランコのアトラクション、ほかにも、ティーカップ、ミニ汽車、フライトシュミレーターなど子ども向けアトラクションもあります。

 

スクリーンショット 2017-07-17 1.05.53

△日本のショッピングモールや遊園地などでよく見かけるバンジートランポリン、モスクワでも発見!

 チケット売り場で乗り物により1回250~300ルーブル。1時間乗り放題の1200ルーブルチケットも(火曜日夜18時〜は半額サービスあり)

 

スクリーンショット 2017-08-07 2.52.53

△ 今日の思い出をプリントアウトして、楽しい夏の記念に・・・!

 

住所: Ул. Крымский Вал, д. 9

Tel:  +7 495 995-00-20

URL:http://park-gorkogo.com

 

関連

ゴーリキー・パークの夏 〜самокат(キックボード)〜

ゴーリキー・パーク 〜穴場のお土産ショップ〜

 ☆マヤコフスキー頭像アイス!

モスクワ屋台で人気の綿あめ!

カテゴリー: 今日のロシア

消えたゴーゴリ・モーゴリ、増えるアンデルソン!

2007年から2017年になり、懐かしの場所が変わってしまっていることも・・・!

お気に入りの場所のひとつだったカフェ «Гоголь-моголь» (カフェ ゴーゴリ・モーゴリ)が、カフェ «АндерСон» (アンデルソン)になっていました。NHKのTVロシア語講座で沼野恭子先生がご紹介されたり、モスクワのガイドブックにもよく登場していたお店ですが、2016年に閉店してしまったようです。(関連☆オススメカフェГоголь-моголь(ゴーゴリ・モーゴリ)♪

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.00

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.09

家族で楽しめるカフェというだけあって親しみやすく明るくポップな雰囲気。店員さんも親切で、子どもの遊べるスペースや親子で楽しめそうなイベントが企画されたり、まもなく開店する新店舗も続々とあるチェーン店です。

スクリーンショット 2017-08-04 21.27.14

スクリーンショット 2017-08-04 21.26.49

△店内の雰囲気。

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.58.31

 

△テラス席

 

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.57.47

△ランチョンマット。メニューには、サラダ、スープ、パスタ、魚料理&肉料理など。デザートも充実しています。子ども目線でユニークに書かれていて、たとえばビール欄には「パパはビールが好き」コニャックやウイスキー欄には「子連れでないパパだけどうぞ」、メイン料理欄には「よく生きるにはよく食べないと!」など。

スクリーンショット 2017-08-09 0.58.08

 △Японские Пельмени (日本のペリメニ:餃子)という文字をメニューに見つけて試してみました。スープに入った水餃子タイプか、焼き餃子タイプが選べて、こちらは焼いたものです。中身は、えびと鶏肉のすり身に生姜などを混ぜたもの。包み方は日本の餃子風ですが、盛りつけ方が日本と違い焼き目が下になっているので、これがちょっぴりロシアのペリメニっぽさも醸し出していますね。横には、酢醤油やラー油ではなく、ごま油の甘めのソースがついていました。(440ルーブル)

 

2017年のモスクワには、家族や子連れ向けのサービスが充実したカフェレストランがずいぶん増えました。もちろんこちらも過ごしやすくていいお店ではあるのですが、でもやっぱりこの場所は、雰囲気もデザートも世界にここだけという大人の雰囲気だったゴーゴリモーゴリであってほしかったです・・・!

Семейное кафе «АндерСон» 

住所:Москва, Гагаринский переулок, д. 6

Tel:  +7 (499) 271-61-65

URL:http://cafe-anderson.ru

カテゴリー: 今日のロシア

ただいま工事中 2

日本の建物は工事中に白いカバーがかけられていることが多いですが、モスクワの建物は・・・

スクリーンショット 2017-08-09 0.17.24

 

まるで工事中ではないかのように、建物の柄のカバーで覆われています。

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.11.27

 

街並の景観を損ねることなくいつもその建物にぴったりで、修復後の完成図をイメージして作成されているものも。ここにはこんな建物があったのねと眺めたり、新しく綺麗になってお目見えする日が楽しみになったりします。

スクリーンショット 2017-08-09 0.13.29

△今日はこんな楽しいビルも見つけました。まだ新しいビルで、テナントや事務所など住居者を募集中なのですが、窓にはテーブルを挟んで向かい合う夫婦や、赤ちゃんを抱っこしているママが。

 

 

スクリーンショット 2017-08-09 0.12.45

△高い高い〜!というパパの声と喜ぶ赤ちゃんの笑い声が聞こえてきそうで何とも微笑ましいですね。

 スクリーンショット 2017-08-12 2.37.53

△プーシキン像も前後左右からご覧頂けます。

 

スクリーンショット 2017-08-14 16.10.48

△トレチャコフ美術館は名画ギャラリー風に。

 

2007年も2017年も変わっていないロシアの街並の面白さのひとつです。(関連☆☆ボリショイ劇場ついに完成!?

関連☆ただいま工事中!

 

 

カテゴリー: 今日のロシア