女優Юлия Высоцкаяがプロデュースするレストラン«FOOD EMBASSY»

2017-08-03

在ロシア日本国大使館へつづく通りには、アイルランド大使館やポルトガル大使館、そして«FOOD EMBASSY»もあります。モスクワでも一年を通して最も美しい場所のひとつである植物園の温室の隣からも入店できるこちらのレストランは、ロシアの舞台・映画女優Юлия Высоцкая(ユリヤ・ヴィソツカヤ)のプロデュースする話題のお店です。

 スクリーンショット 2017-07-28 4.09.19

Юлия Высоцкаяベラルーシとロンドンの演劇学校で学び、女優としてベラルーシの劇場でキャリアをスタート。現在はモスクワの劇場 Московского государственного академического театра им. Моссовета に所属する女優で、『桜の園』ラネフスカヤ役、『三人姉妹』マーシャ役などを演じています。一方で2009年から TVチャンネルНТВでお料理番組 «Едим дома!»(お家で食べよう!)(日曜9:25~)などの司会としても活躍。これまでたくさんのお料理本を出版してベストセラーにもなっており、人気料理雑誌«ХлебСоль»の編集長も務めています。現在は、お料理教室を主催したりキッチングッズを展開したりと活躍の場を広げています。

スクリーンショット 2017-07-28 4.11.24

国内外からたくさんの有名俳優も来店しています。

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.05

お席は、2階、1階、そしてテラス席があります。インテリアはМария Жуковаによってスカンジナビア・ミニマリズムをテーマに仕上げられているそうで、自然素材を用いて明るいトーンになっています。家族やお友達とリラックスして過ごしていらっしゃる方も、お一人でノートブックを広げながらお食事をしていらっしゃる方もいて、それぞれに快適な雰囲気です。ディナータイムには、ピアノの生演奏も。

スクリーンショット 2017-08-01 3.02.57

スクリーンショット 2017-08-01 4.23.14 

 

2009年頃からプロデュースしていた«Ерник»というレストランを閉店し、«FOOD EMBASSY»としてこの場所にオープンしました。«Ерник»時代から、旬の食材を用いて、ロシアと海外のトレンドを上手にミックスし、ヴィソツカヤの食へのこだわりや哲学を反映したレシピを実際に味わえるレストランとして人気を集めています。

 

 

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.41

△番組や本で紹介されたレシピも味わえるメニュー

スクリーンショット 2017-07-28 4.12.52 

△キッズフレンドリーをモットーにしているため、子ども用メニューも。レストラン内には大きな熊のぬいぐるみやおしゃべり上手のオウムもいて、子どもたちの遊び相手になっています。

 

スクリーンショット 2017-07-28 4.11.38

 

スクリーンショット 2017-08-01 4.29.32

 

植物園の入り口には、このお店のプロデュースによるアイスクリームスタンド«ICE EMBASSY»もあります。

スクリーンショット 2017-08-01 3.14.36

アイスクリームやシャーベットは1つ120ルーブルで、コーンかカップか、お好みでトッピングも選ぶことが出来ます。どれも手作りで添加物などを加えずに作られています。ワッフルやサンドなどの軽食やお店自慢のレモネードも注文できるそうです。 

 スクリーンショット 2017-08-01 4.22.26

住所:Москва, Проспект мира, д. 26, стр. 2(メインエントランスはГрохольский переулок側)

Tel: +7 (495) 256-04-03

URL:http://www.foodembassy.ru

 

カテゴリー: 今日のロシア