【モスクワ通信】セブン・シスターズ(上)〜スターリン様式の超高層ビル〜

2021-07-12

ロシア文化フェスティバルblogより)

スターリン政権のソビエト連邦時代に建てられた、空を刺すような左右対象の「スターリン様式」の超高層ビル。第2次世界大戦後、1947年のモスクワ建都800周年には、偉大なる共産主義国家の模範的な首都にふさわしいモスクワになるよう計画を開始しました。結局、夢の計画のまま実現されることはなかった幻のソヴィエト大宮殿を囲むように、モスクワの7つの丘に7つの「スターリン様式」の建物が建築され、今も“セブン・シスターズ”と呼ばれています。今回のブログでは、このセブンシスターズの見どころをご紹介してから、幻のソヴィエト宮殿に挑んだあの建築家について、さらに旧ソ連圏の国にあるスターリン建築や現代のネオ・スターリン建築も追いかけてみましょう!

【ロモノーソフ名称モスクワ国立大学】

IMG_7658

△ロモノーソフ名称モスクワ国立大学(Московский государственный университет имени М.В.Ломоносова )はセブン・シスターズのなかでも最も高い235m。本館の尖塔の先には星のモチーフを見ることができます。

IMG_7686

△大学前の庭園には噴水が美しい池があり、その両脇には、ロシアが誇る学者たちの胸像が並びます。

IMG_7660

△ロシア最高学府であるモスクワ大学の創設にも関わり、大学にも名を冠されているロモノーソフ(Михаил Васильевич Ломоносов)。ドモジェドヴォ国際空港にもロモノーソフの名が冠されています。博学者として知られ、国民的詩人プーシキンに“ロモノーソフは偉大な人物である。彼は最初の大学を創設したが、ロモノーソフ自身が我々の最初の大学だと言ったほうが良い”(Ломоносов был великий человек. Он создал первый университет. Он, лучше сказать, сам был первым нашим университетом)と称されていました。

IMG_7662 IMG_7664 IMG_76852-450x600

△ほかにも哲学者ゲルツェン(Александр Иванович Герцен)、化学者メンデレーエフ(Дмитрий Иванович Менделеев )、“パヴロフの犬”の実験でも知られる生理学者パヴロフ(Иван Петрович Павлов)。(その他、自然科学者ティミリャゼフ、ロシア航空の父とも称される物理学者ジュコフスキー、生物学者ミチュリン、ラジオ(無線通信)の父とも称されている物理学者ポポフ、地質学者ドクチャエフ、革命家で文芸批評家チェルヌィシェフスキー、数学者ロバチェフスキー、数学者チェブィショフの像も見られます。)

IMG_7681 IMG_7683

IMG_7678

△モスクワを一望できる雀が丘(旧称レーニン丘)の展望台へと続く広場。ここでは2018年、モスクワで初開催されたワールドカップのFAN FESTが設置され、大画面を前にみんなで応援しました。

Московский государственный университет имени М.В.Ломоносова 

公式サイト:https://www.msu.ru

住所: ул. Ленинские Горы, 1, Москва

 

【芸術家アパート(コテーリニスカヤ河岸通りの高層アパート】

IMG_8751

IMG_8757

△バレリーナのガリーナ・ウラノワをはじめ、たくさんの偉人たちがここに住んでいたことを記す記念碑を見ることが出来ます。現在も住居として使用されており、セキュリティのために居住者以外は自由に出入りできない場所も多いため、なかにあるガリーナ・ウラノワの部屋博物館はスターリン建築の内部や部屋を実際に見ることができる貴重な博物館でもあります。(【モスクワの墓地】まるで彫刻の森美術館!著名人の眠るノヴォデヴィチ墓地

IMG_8761

IMG_8763

IMG_6717 IMG_6718

△スターリン建築の建物とつづきの棟にある映画館イリュージオン Кинотеатр « Иллюзион»。1966年春に開館。話題作を多数公開する他の映画館とは一線を画し、豊富なアーカイヴから良質な映画を提供するプログラムも魅力的で、入場無料の映画も多いため映画通を喜ばせています。

IMG_6721

△ロビーにあるカフェは、映画を観賞しない人でも自由に利用できます。

about_2

△(館内写真は公式サイトより)

Кинотеатр « Иллюзион» http://illuzion-cinema.ru/schedule/

住所:Котельническая наб., 1/15

IMG_8781

△モスクワ川とヤウザ川の合流点にあるため、きらめく水面を滑るように目の前をたくさんのクルーズ船が行き交います。(モスクワ川のランチ&ディナークルーズ Radisson Royal Moscow Flotilla

 

【ホテル「レニングラード」 現在:ヒルトン・モスクワ・レニングラーツカヤ・ホテル】

IMG_8157

△星座の大時計と哀しい伝説のスユンビケ塔がエキゾチックなカザン駅、北の都へ向かうレニングラード駅、そしてシベリア鉄道の終点で民話の世界を思わせるロマンチックな外観のヤロスラヴリ駅の3つの鉄道駅が集まっているコムソモール広場に面して立っています。そのせいでしょうか、レニングラード・ホテルのロビーへ足を踏み入れると、この3つの駅のイメージがここでひとつに溶け合っているように感じます。

IMG_8195 IMG_8198

IMG_8197

△コロナ禍では医療従事者の皆様へ部屋を提供していました。

 

【ロシア外務省】

IMG_8861

△一部分修復中なので、白い石造りの建物はまるで頭に白い帽子をかぶっているよう

IMG_1227

△2019年、外務省と大通りを挟んで向かい合うようにスモレンスカヤ広場に新しい銅像が設置されました。外務大臣としても手腕を振るったエヴゲニー・プリマコフ(Евгений Максимович Примаков)像です。ノヴォデヴィチ墓地ではお墓も見ることができます。(☆【モスクワの墓地】まるで彫刻の森美術館!著名人の眠るノヴォデヴィチ墓地

→(下)へつづく 

【モスクワ通信】120年の歴史に幕・・・食料品店エリセーエフスキー

2021-05-30

ロシア文化フェスティバルblogより)

2021年4月、ロシアの観光名所のひとつとしても人気のあるモスクワの食料品店エリセーエフスキー(Елисеевский)が、その長い歴史に幕を閉じることになったという衝撃的なニュースが流れました。帝政ロシア時代にタイムスリップしたかのような豪華絢爛な店内に初めて足を踏み入れたときの衝撃は、今も忘れられません。

IMG_6566

△モスクワの中心クレムリンから続くトヴェルスカヤ通りに面する一等地に店を構えていました。この建物は18世紀末に建築家マトヴェイ・カザコフ(Матвей Казаков)によってエカテリーナ・コズィツカヤ(Екатерина Козицкая)の邸宅として設計されました(トヴェルスカヤ大通りとコズィツキー横町の角に建っています)。クラシックな街並みに馴染んで目立つ看板がないため外観からは少し入口が分かりにくいのですが、中央の扉を押して建物内に入り、右手側が食料品店エリセーエフスキー、左手側がソ連の雰囲気を味わえるファミリーレストランのВареничная №1 (ヴァレニチナヤ No.1)になっています。

スクリーンショット 2019-12-04 9.49.57

△邸宅はその後、ジナイダ・ヴォルコンスカヤ(Зинаида Волконская)の芸術サロンとなり、なんとあの詩人プーシキンやチュッチェフ、文豪ツルゲーネフなどもここを訪れていたのだとか・・・!たくさんの文化人が集い、前菜をつまみながらお酒を酌み交わし、優雅に音楽にあわせて踊ったり詩の朗読を楽しんだりしたのかもしれません。1901年に食料品店が開業してからも、“詩人マヤコフスキーがここでサラミを買った”なんていうエピソードもたくさん残されていて、想像するだけでワクワクしてきます。

3682211F-21D6-47BC-9364-68989AAA76F3-450x600

△中央の扉をくぐって建物内へ

7F4AAED2-00F4-425C-BD95-C020051FD3B6-450x600

△食料品店の入口にはお店の創始者でオーナーだった大富豪グリゴリー・エリセーエフ(Григорий Григорьевич Елисеев)の胸像が飾られています。1864年サンクトペテルブルクの裕福な商人の家に生まれたグリゴリーは、外国でワイン醸造について学んだ後にロシアに戻り、祖父のピョートルが1813年にサンクトペテルブルクで開いた小さなお店から始まった家業を継ぎます。その後「エリセーエフ兄弟商会」が設立され、事業がさらに拡大していきました。1898年にモスクワの現在の建物がある場所を購入し、改築して1901年にエリセーエフの名を冠したブランドストアである高級食料品店をオープンしました。

E14F451B-DCC3-4136-8379-C14360D93715-450x600

△グリゴリーと最初の妻マリヤは、息子7人と娘1人に恵まれました。3男のセルゲイ・エリセーエフ(Сергей Григорьевич Елисеев)は日本研究者・東洋学者として知られており、当時の東京帝国大学留学中には夏目漱石を師と仰いでいたそうです。1914年に妻マリヤを失った後、19歳年下の2人目の妻ヴェラと再婚。1920年にパリへ亡命し、そこで生涯を終えました。

E6BEDBFA-B920-4EAC-9905-810D60E00ED9-600x450

△では、いよいよ店内へ。葡萄の房ように垂れ下がる見事なクリスタルのシャンデリア、ステンドグラスに優美な柱・・・重厚でゴージャスな内装は息を飲むような美しさで目に入るものすべてに圧倒されてしまいます。創業当時から変わらぬ雰囲気なのだそう・・・!

94192DF9-C69D-432A-80F2-141D92B5AF62-600x450

△宮殿のような店内と不思議なコントラストを醸し出しながら、野菜&果物コーナー、精肉や魚類コーナー、冷凍食品やお惣菜・・・とエリアごとに食料品が並びます。

A262D5FA-6EEF-49D2-82DE-C967018C3218-450x600

E037130F-67A9-4627-977B-7F472B9F593C-450x600

△ソ連時代には国営となりГастроном № 1(ガストロノム No.1 )と店名が変更されたこともありましたが、食糧難の時代にもずっと変わらぬ姿で営業を続け、モスクワ市民の憧れの高級食料品店としての地位を誇ってきました。当時ロシアでは珍しかったオリーブオイルやフランスのトリュフ、新鮮な牡蠣やエキゾチックなフルーツ、世界中から集められた豊富な種類のコーヒーや紅茶、サフランやシナモン、ナツメグなどのスパイス類などがいち早く紹介され、ブームの火付け役としてここから人気が広がっていった食品も多いのだそうです。新生ロシアになり、お店は再びエリセーエフスキーの名前を取り戻し、2004年の大規模なリニューアルによってグリゴリー・エリセーエフのスケッチなど貴重な資料をもとに美しく復元されました。

61D351A2-62CA-4FFF-AEE4-0B9BD0579766-600x450

△場所柄いつも観光客でいっぱいで、帝政時代にタイムスリップした気分で店内を見学してから、パッケージが美しいチョコレートや紅茶など記念にお土産を購入するツアーも多いようです。ずらりと並ぶ美しい野菜や果物、お肉、冷凍食品などロシアの台所事情を覗けるのは楽しいですし、気になるお惣菜をあれこれ購入して試してみることもできます。初めてのロシア旅行の際に、本で読んでからずっと興味を持っていたロシア料理“煮こごり”や“毛皮を着たニシンのサラダ”に出逢い感動したことを思い出します。

62ECE94A-9923-4037-9C87-D038B19FF071-450x600

△ワイン売り場へ向かう入り口の上にも、エリセーエフの肖像画が飾られていました。もともとはシェレメチェフ伯爵の農奴で庭師だった祖父のピョートル・エリセーエフスキーは、クリスマスの夜に新鮮なラズベリーを届け、その心遣いに感謝した伯爵から自由を与えられて、商人としての第一歩を踏み出しました。食のサプライズで人を喜ばせたいという想いはピョートルから子孫へ、かつて見たことのないような食料品店を作りたいと考えていたグリゴリーに、そして現在まで受け継がれています。

134EBA17-F3C7-4CDC-BD6D-6AC32FD6B3ED-600x450

△通路の壁面はミニギャラリーになっていて、貴重な写真や絵画でお店の歴史の一部を知ることができます。

5CFB7C39-4428-4CC2-857E-20C31E5B3D9C-600x450

△こちらがワイン売り場です。Eliseev’s Store and Cellars of Russian and ForeignWines( Магазин Елисеева и погреба русских и иностранных вин)として創業時からロシア国内外のワインを扱っていたエリセーエフスキーだけに、ワインやアルコール類がずらり。

E0240766-A741-496E-9D63-EB70651B951E-450x600

△エリセーエフはディスプレイにもこだわりを持っていたと言われています。

エリセーエフ兄弟商会は、1903年にはサンクトペテルブルクのネフスキー大通りにも店を開き、エリセーエフの食料品店は唯一無二の存在感でロシア二大都市に君臨してきました。モスクワ店の改装も手掛けた建築家ガヴリエル・バラノフスキー (Гавриил Васильевич Барановский)が建てたサンクトペテルブルク店は、アール・ヌーヴォー様式(モデルン様式)の美しい建物で、20世紀の主要な価値を象徴する「産業」「貿易」「芸術」「科学」の彫刻で彩られています。2012年には、100年以上前の貴重な写真やスケッチをもとに建物内を詳細を再現して、洗練されたレストランやお店、2階には劇場も備えたフードホールとして再オープンを果たしました。

エリセーエフの店の名前は、ロシアを代表する名作のなかにも見ることができます。たとえば、トルストイの『アンナ・カレーニナ』には「(中巻21章)新しい牡蠣の入荷したエリセーエフの店からたった今やってきたオブロンスキーは・・・」(新潮文庫 木村浩訳)という場面があり、食通のオブロンスキーを描写しています。また、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』のなかでも「(1巻 第1部 第2編 8章)ファクトリーのワインにエリセーエフ兄弟商会の蜂蜜酒ですか、こりゃたいしたもんだ、神父さん!・・・」(光文社 亀山郁夫訳)というように、ステータスの証としてこの食料品店の名前が登場しています。

1CD978EB-D8E5-4297-B65B-BDBB08D98AF0

△モスクワの店舗の前の石畳に埋め込まれたマーク

2021年4月、モスクワ店の突然の閉店が報じられてから、どんなときも豊かに潤っていた店内の棚からあっという間に商品が消えてしまい、がらんとした店内にはその美しい姿を永遠の記憶に留めようとカメラを手に訪れる人が後を立ちませんでした。惜しまれつつその扉を閉じた食料品店エリセエフスキーは現在モスクワ市によって歴史的建築物として保存されていますが、この場所が再び息を吹き返したくさんの美味しい食料品で満たされる日は来るのでしょうか・・・!

 

«Елисеевский»(モスクワ) Address: Tverskaya St, 14, Moscow

 «Магазин купцов Елисеевых»(サンクトペテルブルク) Address: Nevskiy pr, 56, Saint Petersburg

 

参考文献

«Магазин купцов Елисеевых» https://www.kupetzeliseevs.ru/

Елисеевский магазин – место, где живет дух старой Москвы

【モスクワ通信】新型コロナウイルスで再注目!チャーガ茶で免疫力アップ!?

2021-04-07

ロシア文化フェスティバルblogより)

新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミックから約1年が経過しました。規制が緩和してはまた感染者が増加し・・・なかなか終息が見えない状況ですが、ロシアでも日本でもワクチン接種がすすみ、ロシアで開発されたワクチン「スプートニク」はプーチン大統領も接種したことが報じられました。

そして今、ワクチンだけでなくロシアのあるものが、コロナの予防に効果がある!?とちょっとした話題になっています。それが、チャーガ(Чага)です。

0

チャーガは白樺に寄生する黒キノコで、ロシア北部やシベリアでは、チャーガを煎じていただくお茶は昔ながらの民間伝承療法のひとつです。白樺の栄養を奪ってしまうほどの強い生命力を持ち、古くから血圧や血糖値、免疫系など身体全体へ働きかける滋養強壮作用が紹介されてきました。

ロシアのノーべル文学賞作家アレクサンドル・ソルジェニーツィン(Александр Исаевич Солженицын)は、自身がガンを患った際に、医師に勧められて飲んだチャーガが効いた経験も取り入れて『ガン病棟(Раковый корпус)』という作品を執筆しています。

IMG_4926

最近では特に新型コロナウイルスへの対策や治療の面で注目されています。例えば2020年11月には、ロシア科学アカデミーのシベリア支部の雑誌にチャーガの抽出エキスが新型コロナウイルスの高い抑制効果があると発表されました。ロシア消費者権利及び福祉監督庁の付属のウイルス学・バイオテクノロジー研究センター«ヴェクトル» による発表で、ここでは新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発にあたっています。

ロシアでは、東洋医学のように自然の恵みで健康を維持する考え方はとても浸透していて、例えば風邪を引くと、周りのロシア人からは風邪薬よりも蜂蜜を入れた紅茶やウォッカなどを勧められます。

スクリーンショット 2021-03-30 19.03.28
△モスクワの一般的な薬局(健康時の平熱が店名になっている36.6のオンラインショップ)でも、チャーガを手頃な購入することが出来ます。50gで125ルーブル(約185円)。

スクリーンショット 2021-03-30 19.04.55

△最近は自然食品のお店も増えていて、コロナ禍ではインターネットショップでも購入できます。例えばこちらのお店(Вкусно.Shop)では、さまざまなチャーガ商品を見ることが出来ます。

モスクワでは大きな蜂蜜市があり、ロシア中から養蜂家が集まって自慢の蜂蜜の即売会をするのですが、ロシア人の友人たちはこの時期になると大きな鞄を持って出かけ、顔なじみのお店や家族から、まとめて新鮮で質の良いさまざまな蜂蜜や乾燥きのこ、チャーガなどを購入していました。(☆参照: 【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『美味しい万能薬!コローメンスコエの蜂蜜市』)蜂蜜市では、チャーガは100g 約100ルーブル=約145円くらいで購入できます。一番大規模なものはモスクワ・コロメンスカヤで開催される蜂蜜市ですが、それ以外にも年に数回開催される伝統手工芸市(ロシア各地の民芸品が一堂に会する人気イベント)などでも質の良いチャーガに出会える機会があります。また中国市場や中国系のレストランで個人的に入手しているという方もいました。

IMG_8318-450x600

△最近は白樺の森が広がるロシアならではのチャーガ茶をお洒落にプロデュースしたティーバッグなどをロシアのお土産コーナーや高級スーパーのお茶コーナーでも見かけるようになりました。(高級スーパーのグローブスグルメHPで販売されているチャーガ(お茶は100g 1100ルーブル=約1600円、エキスは70g 3300ルーブル=約4800円)ロシア国営百貨店グム 特設コーナーで見かけたこちらの商品«Russian Chaga»  は手軽なティーバックになっており、70度以下の低温で煎じた方がよいと書いてありました。(エキスの方は40度くらいのお湯で希釈して楽しむ飲み方をお勧めしていました。)効能は、免疫システムの再生と維持、血糖値、血圧やコレステロール値の正常化、腫瘍の病気の予防と治療、身体の新陳代謝プロセスの調整、消化器官の働きの正常化などが挙げられていました。

こちらのブランドでは、本来のお茶やエキスをはじめ体内に取り入れる食品のみならず、最近ではチャーガ化粧品も開発販売されはじめています。

スクリーンショット 2021-03-30 19.11.14
△チャーガを利用した化粧品では、かつて日本にも路面店があったナチュラシベリカというブランドもホームスパにおすすめのフェイスマスクを販売しています。ナチュラシベリカは厳しい自然環境のシベリアで生育するハーブの恵みや生命力を生かした商品展開が人気を集め、ロシアの人気定番土産として市内や空港に店舗を構えるほか、世界各地で購入することができます。チャーガのフェイスマスク(写真はナチュラシベリカ公式サイトより転載)チャーガのフェイスマスクを使ったホームエステも提案されていましたが(☆動画)デトックス作用のある入浴剤にして使う方法など、なかなかユニーク!

IMG_4922

コロナの影響もあり、今後、ロシアのチャーガが人気のロシア土産として、またスーパーフード的な観点からも注目される可能性は充分にあるのではないでしょうか。特に香りや味は強くなく飲みやすいので、日本における麦茶感覚で水がわりに常備しているという方もいらっしゃれば、独特の苦味を感じるので身体にいいと知らなければ進んでは飲まない、あるいは蜂蜜やミントを加えてハーブティー感覚で飲んでいるという方もいらっしゃいます。ナチュラルなチャーガそのものから煎じている方は、その飲み方もそれぞれで、なるべく組織を傷つけないように塊のままで煎じて何度か利用するという方や、小さく刻んだり、固いので卸し金で削ったりして1回ごとに煎じている方もいました。健康と美容のためにもこれからまた注目していきたいチャーガです。

関連

【ロシアの食】ロシア土産に“幻のきのこ”チャーガ!ロシアのきのこ事情

【ロシアのお気に入り】ナチュラシベリカ〜まとめ〜