ファベルジェの卵モチーフの・・・☆

2010-03-27

以前ご紹介したファベルジェの卵☆
Фаберже(ファベルジェ)の時代

皇帝の愛と可愛らしい遊び心が感じられて、
私の大好きなロシアもののひとつです。
ファベルジェの卵をモチーフにした雑貨はお土産やさんでも大人気!


お土産市場ベルニサージュで売られていたファベルジェ・グッズ


お土産用なので、レプリカからオリジナルまで色も大きさもさまざま。
まるで宝石箱をひっくりかえしたよう。


どれもそのまま置いておくだけでも綺麗ですが、
オルゴールなど仕掛けがしてあったり、なかに宝石を収納できるようになっていたり、
必ずひと工夫あるのがまた楽しいのです。


市場ならでは!?人なつっこい店員さんが、
次から次へと見せて説明してくれます。

一方こちらは、もうひとつのお土産スポット
アルバート通り で売られていたファベルジェ・グッズ。


ピアスやペンダントトップなどアクセサリー類が充実。
モスクワの記念に、私は妹とお揃いでペンダントトップを購入☆


小さなペンダント・トップですが、
それでもやっぱり中には仕掛けがあって・・・

なかからエンジェルが出てきます!

エッグは見た目も色や柄がそれぞれ違うのですが、
中から出てくるチャームも違うので、本当に迷ってしまいます!

今回の決め手は、エッグに描かれたスノードロップのお花
春を告げる可愛らしい花です!

家族で団欒♪サモワール

2010-03-26

今日のランチは会社近くのブリヌイ(ロシア風クレープ)屋さん♪


でも今日ご紹介したいのは、お店でもメニューでもなく、
お店にたくさん飾られていたコレ、
サモワール(ロシア式湯沸かし器)なんです。

  ▲サモワール。金色や銀色もあれば・・・         

 

  ▲綺麗な柄が付いているものもたくさん!

昔はなかに炭を入れていましたが、その後電気式になり、
今では電気ポットの普及もあって、あまり日常生活では使われなくなってきました。


▲Анна Силивончикさんの作品

でも、昔からサモワールを囲むお茶のひとときは
ロシアでは幸せな家族団欒の象徴とも言われていて、
どの家庭にも1個はあると言われています。


▲Борис Кустодиевの作品

昔からたくさんの本、絵画、映画などに描かれてきました。

▲Елена Увароваさんの作品

上に茶葉を入れたポットを乗せ、濃い目に淹れた紅茶をカップに注いだら、
サモワールで沸かした熱々のお湯をお好みの濃さになるまで注ぎます。
食卓の真ん中には、いつも熱々に沸いたお湯があるので、
いつまでもみんな座ったままでおしゃべりが楽しめて・・・

これこそ本物のロシアンティー♪
日本ではジャム入りの紅茶がロシアンティーと言われていますが、
実はロシアではジャムを入れて飲む習慣はありません!
サモワールを囲んで、お菓菓子はいろいろです。
もちろん、手作りコンポートのようなジャムをなめながら、ということも。


▲Гончарова Екатерина.さんの作品

モスクワの南に位置するトゥーラにはサモワール工場がたくさんあり、
サモワール博物館もあるそうです♪
食いしん坊の私は、サモワールが(ティータイムが?)大好き。
サモワールが描かれていると思わず何でも欲しくなってしまうほど。
これはぜひ、行ってみたい!

そして、我が家のテーブルの真ん中に置けるような
お気に入りサモワールを見つけたいな♪
今日は私が大好きなサモワールをご紹介しました。

Музей “Тульские самовары”

Телефон: (4872) 31-2538, 31-2458

Адрес: 300000, Тульская область, г.Тула, ул. Менделеевская, 8

Проезд: трам. 3, 5, 9, 12, тролл.1, 2, 4, 8, ост. “Проспект Ленина”

Режим работы:* Ежедневно с 10.00 до 17.00; выходные дни – понедельник, вторник; последняя среда месяца – санитарный день

Интернет:
www.museum.ru/M1861 – официальная страница
Тульские самовары – W1064, официальный сайт www.samovar.holm.ru

☆молоко(牛乳屋さんに寄り途)☆

2010-03-25

お散歩の途中で見つけたコチラのお店。

молоко(牛乳)やさんのようです。


可愛らしいウィンドウ!


 

ちょうど15時だったので、乳製品を使ったお菓子を購入してみました。


▲ソーチニキ
トヴァローグと呼ばれるチーズをたっぷり使っています。
トヴァローグを練り込んだ生地(イギリスのスコーンと似ています)のなかに
フレッシュなトヴァローグを包んで焼き上げてあるので、
まわりはこんがりサクッと、真ん中はレアチーズ状で、
独特の焼きチーズチーズケーキのような素朴な味。


▲トヴァローグ

こんなキオスクやスーパーなどでも売っているので
モスクワへいらしたらぜひ食べてみてくださいね!