ロシア大使館でNew Year Ballet Gala Consert & Party その2

2015-01-21

 

(ロシア文化フェスティバルblogより)

さて、ガラコンサートが開催されたロシア大使館大ホールからつづくホワイエでは、バレエに関する特別展示もありました。なかでも目を引くのは、ダンサーとして、そして画家としても素晴らしい才能を持つマラト・シェミウノフさんの粘土作品です。ミハイロフスキー劇場の来日30周年を記念して創られた作品も展示されました。

スクリーンショット 2015-01-19 22.33.00

△右端上にあるイリーナとマラトのサイン。その横の金色に輝く部分は、マラトの手の指形になっているそうです。

マラト「レニングラード国立バレエ(現在のミハイロフスキー劇場)としての初来日は船でした。ですから、日本を象徴する富士山のところに、ロシアの国旗を掲げた船があしらわれています。この大切な富士山の部分は、実は妻のイリーナ・ペレンが手がけました。周りの部分には、私たちだけでなく、世界的ダンサーで私たちのバレエ団の芸術顧問であるファルフ・ルジマトフ、ミハイロフスキー劇場の仲間や、日本で招聘してくださる光藍社の皆様など、わたしたちの日本の友人たちのサインでいっぱいです。ミハイロフスキー劇場と日本の皆様との30年の交流の歴史そのものなのです。」

ほかにも、『フィギュアスケート』『ひまわり』など独創的な粘土作品が並びます。マラトの芸術家としての知られざるもうひとつの顔にバレエファンは大喜び。

スクリーンショット 2015-01-19 22.31.48

また、ホワイエのもう一角には、鎌倉に日本初のバレエ・スタジオを設立したエリアナ・パヴロワ関連の貴重な展示を見ることが出来ました。

スクリーンショット 2015-01-19 22.34.40

スクリーンショット 2015-01-19 22.34.29

そして、ロシアでも使われている干支の未の小物や大使館の子供たちによる歌と踊りのアンサンブル“ロシヤンカ“CDなどを含むロシア雑貨の販売や、

スクリーンショット 2015-01-19 22.35.58

スクリーンショット 2015-01-19 22.41.30

イリーナとマラトが使用したシューズなどファン垂涎の特別品チャリティオークションもあり、直筆サイン入りで手渡されました。

スクリーンショット 2015-01-19 23.45.58

さらに中ホールには大使館料理人による豪華なロシア料理が用意され、

P1090327

コンサートの後にはイリーナ・ペレン&マラト・シェミウノフをはじめロシアの芸術家たちを囲んでにぎやかなパーティが催されました。

スクリーンショット 2015-01-19 22.43.45

主催の川島佳子さんにお話を伺いました。

川島「マラトとの出逢いは、実はロシア文化フェスティバルIN JAPANのクロージングパーティーでした。上野の東京文化会館ですらりと背の高い男性が自分の絵の展覧会の案内状をくれたんです。それが、イリーナ・ペレンの夫でもあるマラト・シェミウノフだなんて、そのときは全く知りませんでした。それから少しずつ交流が始まり、来日するたびに絵の展覧会の案内状をもらったりしていたので、もともとは彼の絵の展示会を一緒に出来たらいいねと話していたんです。毎年ロシア文化フェスティバルIN JAPANの企画を練るのですが、昨年2014年夏のプログラムとして、初めて彼のバレエのツアーをオーガナイズすることになりました。群馬、名古屋、東京と20日間にわたるツアー期間は、もちろん大変なこともたくさんありましたが、だからこそその困難をともに乗り越えて、私たちには家族のような絆がうまれました。その公演にはアファナシエフ駐日ロシア大使も来てくださり、年末にミハイロフスキーバレエ公演で再び来日するのにあわせて、ぜひロシア大使館でもお正月らしいスペシャルなコンサートをしましょうということになり、今日に至りました。」

スクリーンショット 2015-01-19 23.46.54

 

△イリーナ・ペレンさん(右)と川島佳子さん(左)

「昨年の公演にも“ロシアの芸術美“というタイトルをつけたのですが、今日はなによりも二人の類いまれなるエレガントさが、シャンデリアきらめくゴージャスなロシア大使館ホールに映えていました。二人はどんな公演でも常にエネルギッシュでプロフェッショナルな意識が高いダンサーです。また温かな心の持ち主で、日本の若い世代のダンサーと共演したり、ワークショップを開催してくれました。イリーナは現在、小さな子供を持つ母親でもありますから、マラトは体調面でも非常によく気遣っていて、良き旦那様であり父親であり、そして最高のアーティストです!今日のコンサートと展示でもお分かり頂けると思いますが、バレエはもちろん、これまでのパフォーマンスや絵画、粘土ワークなどすべてが彼の生き方に重なり合って、マラトという魅力ある人間を創りあげているのだと感じています。今年夏にも公演を予定しておりますのでどうぞご期待ください!」

 

最後に、アファナシエフ駐日ロシア大使のこの言葉で、会場がひとつとなり、高らかに乾杯が行われました。

「ロシアと言えばアグレッシブなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、バレエや音楽、素晴らしいロシアの文化芸術は、ロシアの心の軸であり、これなしではロシア人をイメージすることは出来ないともいえるものです。ロシアの心は隣国の日本の皆様にとても親しみをもてるものだ確信しております。交流をつづけ、この関係を一緒に育てたりして、仲良くしてまいりましょう!」