モスクワ通信『毎年恒例!ロシア国際軍楽祭と戦勝記念日、そして新たに誕生した軍主聖堂』

2020-08-20

(ロシア文化フェスティバルblogより)

ロシアの夏を締めくくるフェスティバルといえば『ロシア国際軍楽祭Спасская башня(スパスカヤ・タワー)』!モスクワの赤の広場が大きな野外コンサート会場となって、ロシア&各国から招待された軍楽隊のパフォーマンスを楽しむことが出来ます。2009年から毎年開催されている人気イベントです。今年は残念ながら新型コロナ・ウイルスの影響で中止となりましたが、昨年は8月23日~9月1日にかけて開催され、なんと日本も初参加しました。

IMG_5855

△この期間は、夜のコンサートのみならず、赤の広場はお祭りモード!たくさんの屋台が出て、イベントも目白押し!モスクワ市内の広場や公園でも連日、スペシャルコンサートが催され、街中に音楽が溢れています。

IMG_5858

△夕暮れから夜へ、美しく変化していく空とライトアップされたクレムリンや聖ワシリー聖堂、グム百貨店。何とも言えない美しさです!開演が迫り満席の会場、期待が高まります!!

IMG_5864

△参加国の旗が並びました。日本からの防衛省陸上自衛隊中央音楽隊(50名)も参加しています。一昨年2018年5月30日に行われた日露「2+2」において、日露両国の信頼醸成の一環として合意された事業で、陸・海・空の自衛隊音楽隊としてこのロシア国際軍楽祭へ参加するのは初めてだそうです。

IMG_5868

IMG_5926

△民族舞踊や歌、そして華やかなコスチュームやアイテムなども織り交ぜて、それぞれの国の独自の魅力を思う存分感じさせるパフォーマンス!それをさらに、光や火の演出が盛り上げます!

IMG_5889

△一糸乱れぬ動きでつぎつぎにフォーメーションを変えていきます。まさに日頃の訓練の賜物!見応えたっぷりです。

IMG_5892

IMG_5922

△こんな聖ワシリー聖堂、見たことありません!プロジェクションマッピングでさまざまな色柄に変化していきます。

IMG_5908

△そしていよいよ“日出ずる国、日本!”というアナウンスが会場に響きます!大歓声で迎えられた後、一瞬しんとした静寂が訪れ、幻想的な雰囲気のなかで和太鼓の力強い音色と和紙製のぼんぼりが灯ります。振り袖姿の歌姫(松永美智子3等陸曹)が登場して、「カチューシャ」や「恋のバカンス」など、日露で人気のある曲を日本語とロシア語で披露すると会場は大いに盛り上がりました。

IMG_5943

△全員集合のフィナーレも壮観!

IMG_5968

△最後は恒例の花火が打ち上げられて夜空を彩りました!赤の広場での軍楽隊コンサートは、まさにモスクワらしさを味わえるフェスティバルのひとつで一見の価値ありです。ロシア国際軍楽祭Спасская башня(スパスカヤ・タワー)https://spasstower.ru/en/

DE005FAD-D0B4-4136-8628-97ACF374028A

△さて、ロシアの祝日の中で毎年最も盛大に祝われるもののひとつが5月9日の戦勝記念日です。1941~1945年の第2次世界大戦(ロシアでは大祖国戦争 Великая Отечественная война)でのナチス・ドイツへの勝利を祝し、赤の広場で軍事パレードが催され、テレビやコンサートホールでは、一日中戦争をテーマにした映画や軍歌が流れ、夜はお祝いの花火が上がります。今年2020年は75周年記念の年でしたが、こちらも新型コロナウイルスの感染対策のために延期され、6月24日に開催されました。

C27A1DAB-F69D-4726-A49A-73EB7C4E81C1

△5月9日はあいにくの曇天でしたが、6月24日は気持ちの良い夏空が広がり、ロシア国旗カラーが映えました。

26E34751-F10F-4680-A5A8-9B8AD75F0489

△あちらこちらの建物の屋上には、航空パレードを見ようとたくさんの人が集まっていました。

E0408BF0-5C70-49C9-BA66-5E0DE700D162

1120D5ED-E772-4B26-88E8-812D11E25520

△赤の広場の軍事パレードの様子はTVでも生中継されます。

IMG_9707

△モスクワの街の建物には、3本旗を掲げる器具がついていて、戦勝記念日には3本の旗が掲げられます。普段の祝日には、ロシアの国旗とモスクワの市旗、そして戦勝記念日のみ3つ目の赤い旗が掲げられます。これは、ドイツの首都ベルリンにある国会議事堂の建物の丸屋根のてっぺんに、1945年に掲げられた旗と同じもので、勝利の、戦勝記念日のシンボルともいえる旗です。

IMG_9702

△こちらも今年は中止になってしまいましたが、例年であれば赤の広場から続く目抜き通りトヴェルスカヤ通りでは、歩行者天国となり市民パレードも行われます。

IMG_9699

△戦争で功労のあった軍人に贈られるゲオルギー勲章につけられていたオレンジと黒のリボンを模した“ゲオルギー・リボン”があちらこちらで無料配布されていました。戦勝記念日には、戦争の功労者に敬意を表し、いつまでも忘れないことを誓って、このゲオルギー・リボンを身につけている方も多く、戦勝記念日後もずっと車などにお守りのように結んでいる人も見かけます。

IMG_9720

△あちらこちらで、紅茶やカーシャ(おかゆ)の無料配給に行列ができていました。

IMG_9726

IMG_9737 スクリーンショット 2020-09-01 14.32.34

△スーパーでは戦勝記念日ケーキも!

統計では2660万人もの犠牲があり、そのことを忘れないための日でもあります。今年2020年の戦勝記念日に合わせて、モスクワ郊外のパトリオット(愛国者)公園には祖国防衛者を称え追悼するためのロシア正教会の「ロシア軍主聖堂(Главный храм Вооруженных Сил России)」が完成しました。

unnamed-6

△世界にひとつだけ!?ミリタリーカラーの聖堂!鐘楼の高さは戦勝75年と同じく75メートルに、円屋根の直径は終戦を迎えた1945年にちなんで19.45mに設計されています。

unnamed-4

unnamed-3

unnamed-2

IMG-2576

△聖堂内には陸軍や海軍、航空宇宙軍などの守護聖人のイコンがあり、ソ連とロシアの軍人に贈呈される勲章の模様などがステンドグラスのモチーフになっています。

unnamed-1

unnamed

△モザイクのなかには軍国主義日本の壊滅も。哀悼と戦勝が混在する何ともいえない不思議な空間でした。主聖堂ではプーチン大統領が描かれたモザイク画も飾られるという計画があったようですが、プーチン大統領自身がこれを辞退したことがニュースになっていました。

unnamed-7

△戦勝者の母たちに捧げられた銅像(Матерям победителей)は、聖堂に向かい頭を下げて両手で顔を覆い静かに涙を流しているように見えます。

広大な敷地には、戦争が続いた1418日を辿っていく大型博物館複合施設が完成しているほか、まだまだ建設中の施設も多く、これからロシア連邦軍をテーマにした一大テーマパークとして充実していきそうです。

音楽祭はもちろん、戦勝記念日や軍主聖堂からも、日本とは役割が違う軍事国家ロシアの一面を感じられます。