記念展の舞台裏!戸田造船郷土資料博物館へ 〜前編〜

2015-02-24

 (ロシア文化フェスティバルblogより)

スクリーンショット 2015-02-23 2.37.54

隣国ロシアとの友好の原点ともいえる日露和親条約調印から160周年を記念して、今年5月に東京文京区の鳩山会館で予定されている記念展。日本とロシアの国交を開いた下田条約調印文書や日ソ共同宣言調印文書が公開されるほか、ゆかりの戸田村の貴重な記念品が展示される予定です。今回はこの記念展にむけての準備の舞台裏をほんの少しだけ皆様にご紹介したいと思います。

スクリーンショット 2015-02-23 3.11.58

 

2月某日。総監修を務められる中村喜和・一橋大学名誉教授とともに沼津市にある戸田造船郷土資料博物館へ向かいます。この日は都内も大雪!最短経路の山道は断念して、海沿いのルートをすすむことに。何度も博物館を訪れていらっしゃる中村先生がナビ役です。

スクリーンショット 2015-02-23 3.17.11

△途中で立ち寄った造船記念碑。横には日本語とロシア語で説明が書かれていました。日露条約を結ぶため下田に来ていたロシアの軍艦ディアナ号は、安政の大地震(1854年)により現在の富士市宮島沖に沈没してしまいました。プチャーチン提督以下500余名は、ここ下田に収容され手厚いもてなしを受けました。提督の要請を受け、幕府は数百人の日本の船大工を集め、代艦1隻を建造させました。翌年3月に完成した船は、戸田の人々への感謝を込めて「ヘダ号」と名付けられ、提督らは無事に帰国しました。その後、当時の郡名に因み「北沢型」と呼ばれる船が6隻造られるなど、日本の造船技術の近代化に大きく貢献しました。ここはまさに様式帆船建造の発祥地といえる場所です。この業績を長く伝えるために、大正12年に建てられました。

 

スクリーンショット 2015-02-23 6.20.18

 

△気の遠くなるようなプチャーチン提督の航行経路!

目的の博物館は“伊豆のくちばし“と呼ばれている御浜岬の先端にあります。ふたつの火山、そして長年の風雨や海流によって形作られたこの戸田の港は天然の良港で、岬には樹齢100年を超えるイヌマキ林がみえます。

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-23 6.10.18

△お天気がよければ富士山も見えるという絶景ポイント。

 

スクリーンショット 2015-02-23 3.33.36

△ようやく辿り着いた戸田造船郷土資料博物館。まわりには「日ソ友愛の像」や日本初の本格的様式帆船を完成させた近代造船の先駆者である「上田寅吉翁の顕彰碑」などとともに・・・

スクリーンショット 2015-02-23 3.33.14

本物のディアナ号の錨も!(全長4.78m 重量約4t)

スクリーンショット 2015-02-23 6.21.40

スクリーンショット 2015-02-23 3.34.45

△エントランスでは、ヘダ号進水式の図 とヘダ号の模型がお出迎え。

スクリーンショット 2015-02-23 3.35.33

 

△願いが叶うという鐘を鳴らしつつ、2階の展示室へ向かいます。

スクリーンショット 2015-02-23 3.35.52

館内にはたくさんの船の模型が展示されていますが、今回の記念展の目玉のひとつはこちらの天井にも届きそうな大きさのヘダ号の模型です!感心して見上げる中村先生。当時に想いを馳せていらっしゃるのでしょうか。

スクリーンショット 2015-02-23 3.36.05

 

こちらの博物館で展示されている本物の図面から1/10スケールで忠実に再現したという本格的な模型で、東京へは分解して運ばれます。鳩山会館での展示場所をイメージしながら、文化フェスティバルのスタッフの皆様が一生懸命に採寸をはじめます。

 

後編へつづく

カテゴリー: 今日のロシア