【今日のロシア】今年のバレンタインはウクライナの“ロシェン“で!?

2015-02-14

あまり知られていませんが、ロシアもウクライナもチョコレート大国!国内では実にさまざまなチョコレートが売られていて、ロシア人はチョコレートが大好きですし、お土産としても大変人気があります。さて、現在のウクライナ大統領ポロシェンコ氏自らがオーナーを務める菓子メーカーがあります。それが「ROSHEN(ロシェン)」

スクリーンショット 2015-02-18 12.35.29 

そんなロシェンのチョコレートが、お台場DECKSアイランドモール3Fにて、1月1日(木)~2015年3月31日期間限定で販売されています!さらに、2月5日から14日までのバレンタイン期間には渋谷ヒカリエ8階特設会場にも初登場!

スクリーンショット 2015-02-21 12.48.51

△こちらはお台場! 

スクリーンショット 2015-02-21 12.49.10

スクリーンショット 2015-02-21 12.49.30

量り売りで購入出来るのが特徴のひとつ。ロシアのチョコレートもそうですが、なんといってもこの色とりどりの包み紙に惹かれてしまいます。

スクリーンショット 2015-02-21 12.53.31スクリーンショット 2015-02-21 12.53.46 スクリーンショット 2015-02-21 13.17.40

△左はアルプスの最高峰モンブランをかたどった大人気のモンブランシリーズ。赤(ヘーゼルナッツ入り)緑(ヘーゼルナッツのプラリネクリーム入り)黄は(ゴマ入り)の3種類。右はコンデンスミルクのような濃厚ミルク味。こんな包み方、ロシアのチョコレートにもよく見かけます。

スクリーンショット 2015-02-21 12.55.28スクリーンショット 2015-02-21 12.55.10

△レジカウンターの脇には試食コーナーもあります。この日いらした店員さんは、まるで“ウクライナ美女“という雰囲気で、チョコレートはもちろんウクライナにも詳しそうでしたので尋ねてみたところ、なんとウクライナへ新体操で留学していらしたそう。「ウクライナにも胡麻はあって、この胡麻入りのチョコレートやキャラメル“シムシム“は現地でよく食べてました!上品な甘さのヌガー類はナッツも香ばしくて、日本にはない美味しさ。どれも絶品ですよ」

スクリーンショット 2015-02-21 13.07.18スクリーンショット 2015-02-21 13.16.57

△板チョコも小さなスティック状になっているので、量り売りでいろいろ試すことが出来ます。オリジンシリーズは、世界のカカオ(タンザニア、マダガスカル、ドミニカ、パプアニューギニア、エクアドル、ジャワ)の味わいをチョコレートで食べ比べも。

ちょうどバレンタインシーズンでしたので、可愛らしいパッケージもいろいろ!

スクリーンショット 2015-02-21 13.17.07

 

そして、店内にはウクライナの伝統的なエッグアート“プィサンカ“型のカードが売られており、願いごとを書いて木に結びつけられるようになっていました。

スクリーンショット 2015-02-21 13.10.53

 

スクリーンショット 2015-02-21 13.11.40

本物の“プィサンカ“もありました。春にロシア正教の復活大祭パスハでは、卵に彩色して飾る風習があるのです。

スクリーンショット 2015-02-21 13.24.59

 ロシアチョコより日本チョコ派!のあなたにもオススメしたい味わいのチョコレートです。この機会にぜひお試しください!

 

ちなみに、ロシアではバレンタインデーに、女性が男性にチョコレートを贈る習慣はありません。どちらかというと“恋人の日“というお祝いの仕方で、恋人たちがお互いに、お花やちょっとしたプレゼントを贈り合ったりします。女性が強いロシアでは、男性から女性から贈ることが多いくらい!

С днём святого Валентина!

 過去関連ブログ☆ロシアのバレンタイン・デー

カテゴリー: 今日のロシア