【今日のロシア】アート・アニメーションのちいさな学校

2015-02-10

 

 SCN_0004 SCN_0005

“アニメーションの詩人“とも称されるロシアの巨匠ユーリー・ノルシュテイン氏の考えを基本として、モスクワ国立映画大学で教えていたアニメーション制作の基礎講義や、東京阿佐ヶ谷のラピュタ阿佐ヶ谷でのワークショップをもとにカリキュラムが組まれている『アート・アニメーションのちいさな学校』。日本で唯一人形アニメーションを専門的に学べる学校です。

 

ただいま2015年4月開講の新入生を募集中。

詳細や授業内容、生徒作品の紹介は公式サイトより。

ラピュタ・アニメーションフェスティバルの開催やノルシュテイン作品の上映、ワークショップなど、日本におけるノルシュテインの殿堂ともいえる映画館ラピュタ阿佐ヶ谷さん。

20150210-115902.jpg

 

△まるで“天空の城“!路地をぬけると突如現れる映画館は、劇場スペースザムザ阿佐ヶ谷やレストラン山猫軒も併設。風見鶏がまわる青空を仰ぎ見て迷いこんだら冒険ファンタジーの主人公になってしまいそう。夜も温もりのあるライトアップが小池に映って幻想的です。

 

20150210-115834.jpg

入り口を入ったロビーの壁面には、ノルシュテイン氏が2001年に来日した際に、ささっと描いたという絵とサインが残されています。“また会う日まで!“

☆過去関連ブログ【今日のロシア】ユーリー・ノルシュテインとラピュタ阿佐ヶ谷

カテゴリー: 今日のロシア