【今日のロシア】N響定期公演で「見えない町キーテジの物語」

2015-01-17

NHKホールで開催されるN響の第1800回定期公演Cプログラム(2015年1月16日(金)7:00pm  2015年1月17日(土)3:00pm)にて、

●リムスキー・コルサコフ/組曲「見えない町キーテジの物語」

●プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63

●ムソルグスキー(ラヴェル)/組曲「展覧会の絵」

が演奏されます。

スクリーンショット 2015-01-17 2.46.02

 

組曲「見えない町キーテジの物語」について、作家の佐藤優さんがN響サイトに「ロシアの幻の町キーテジ」を寄稿していらっしゃいます。ここで紹介されている詩人で外交官でもあったチュッチェフの詩は、ロシアがどんな国が表現する際によく用いられます。

「知恵でロシアはわからない。

 一般の物差しで測ることはできない。

 ロシアは独特な貌(かお)を持っている。

 ロシアをただ信じることができるのみ。」

さて、今回のN響公演では、昨年コンサートをご一緒させていただいた北川翔さん率いる北川記念ロシア民族楽器オーケストラから、バラライカとドムラの音色が加わっていることも注目です!

過去関連記事☆【今日のロシア】家族に乾杯!北川記念ロシア民族楽器オーケストラ創立5周年記念演奏会

そして、モスクワには、この伝説から名前をとったレストラン『キーテジ』があります。

過去関連記事☆レストラン☆Китежъ(キーテシュ)