【FIFAワールドカップ2018ロシア】スプートニクと開催地を旅するTVオープニング映像

2018-06-21

いよいよ準決勝!こちらはTV中継のオープニング映像。サッカーボールが人工衛星スプートニクに変わり、開催地を旅することが出来ます。火の鳥、シベリア鉄道、ファベルジェ・エッグ、3頭立ての馬車トロイカ、バレリーナ・・・ロシアらしいモチーフをあちらこちらに発見。

オフィシャルグッズや地下鉄のラッピング車両などもこの開催地を象徴するイラストで彩られています。2007~2009年まで国営国際ラジオ『ロシアの声』でロシアナウンサーをしていた時代は、毎日の放送を日本人スタッフ6~7人で分担していましたので、2日以上続けてのお休みがなかなか難しく、お休みはモスクワ散策でした。ロシアの国内旅行、憧れます!

 スクリーンショット 2018-07-10 23.05.34

 スクリーンショット 2018-07-16 0.58.22

 

カテゴリー: 今日のロシア