ロシアの100円ショップ!? どれも50ルーブルのFIX price

2017-08-28

 Тверская улица(トヴェルスカヤ通り)をお散歩。建設当時はモスクワ最大級の建物だったという中央電信局の建物、目印は動く地球儀のある塔です。この建物のなかにFIX priceが入っていました。

スクリーンショット 2017-08-12 23.00.04

 

2017年にモスクワへ来て、看板やお買い物袋をたびたび見かけるようになった50ルーブル均一ショップです。今年で10周年ということで2007年からあったようですが、その後どんどん店舗数を増やし、現在モスクワに162店舗(住所一覧はこちら)、ロシアとCIS諸国をあわせて2352店舗もあるようです。

スクリーンショット 2017-08-12 22.58.23 

入り口を入ると、値段は50ルーブルですが、雰囲気はまるで日本の100円ショップ!

日本では戦前に、高島屋十銭ストアが展開されて、今の100円ショップに繋がっていったと言われています。また、海外にもアメリカ1ドルストアやイギリス99ペンスストア、韓国1000ウォンショップなどがあるそうですが、ルーブルの値段均一ショップは、こちらが初だそうです。かつて、ロシア人旅行者に人気の観光スポットとして日本の100円ショップも挙げられていましたが、もしかして日本を参考に誕生したのでしょうか・・・!?

スクリーンショット 2017-08-12 23.01.38

スクリーンショット 2017-08-12 23.00.49 スクリーンショット 2017-08-12 23.03.31

△美容関連商品、キッチン用品、お掃除用品、ガーデングッズ、文房具、子どものおもちゃ・・・コーナーごとに並んでいるものもよく似ています。国内の生産者を応援するためにも約60パーセントの商品がロシア製の商品であるのもこちらの特徴です。日本の100円ショップにも国産の商品が増えたら嬉しいですね。

 

 

スクリーンショット 2017-08-12 23.01.01 スクリーンショット 2017-08-12 23.03.59

△たとえばホフロマ柄風のケーキサーバーや、木いちごやチェリー柄のグラス、華やかなお花柄のシリコンケーキ型などもロシアっぽい?

 

 

スクリーンショット 2017-08-12 23.02.13 スクリーンショット 2017-08-12 23.02.51 

△77ルーブル均一や99ルーブル均一の下着や布製品も山積みになっていました。よくソ連時代からよくおばあちゃまが部屋着に着ていたりするсорочкаもありました。

 

スクリーンショット 2017-08-12 23.04.11

△ビールなどアルコールも!日本は350mlと500mlの缶ビールが主流ですが、ロシアの缶ビールは500mlが多いです。値段は、銘柄によっても違いますし、ロシアでは同じ商品でも売っているお店によってもだいぶ違いますので、お得なのかどうかは微妙ですが、いずれにしても、アルコール飲料コーナーは日本の100円ショップには・・・ないですよね!?

 

 

公式サイト https://fix-price.ru

(こちらの店舗の住所:Тверская ул., д. 7)

 

カテゴリー: 今日のロシア