ロシアのファーストフード事情2017 〜KFC〜

2017-07-18

2007年にモスクワに滞在しているときは、РОСТИК’C KFC(ロスチクス)という看板で、定番のチキン以外にロシア風バーベキューの“シャシリク“などもメニューにあったKFC(ケンタッキーフライドチキン)。(関連ブログ☆モスクワ ファーストフード事情(2009年)

 スクリーンショット 2017-07-20 23.39.34

△現在は、日本と同じ看板で、かなり店舗数が増えたように感じます。

 

スクリーンショット 2017-07-20 23.43.01

 スクリーンショット 2017-07-21 10.31.13 スクリーンショット 2017-07-21 10.31.45

 

△昔は、“ロシアの方は辛いものが苦手“という印象があり、モスクワ滞在中はほとんど辛いものを食べる機会がありませんでしたが、最近よく“острый(辛い)“をうりにした広告を目にします。こちらでも“ソースは辛いのにする?それともしない?“と聞かれました。

 スクリーンショット 2017-07-21 10.30.59

メニューは、チキン(骨付き1本57ルーブル、骨なし3本103ルーブル。バスケットやコンボなどのセットメニューも)とポテト、チキンのハンバーガー各種にツイスター、デザート、ドリンクと一見して日本と変わらぬ印象ですが・・・

 

スクリーンショット 2017-07-20 23.45.08 スクリーンショット 2017-07-21 10.49.22

△まず驚くのは、メニューに大きく“ПОРА ПО ПИВУ! (そろそろビールのお時間!)99ルーブルから“の文字!そう、モスクワのケンタッキーでは、チキンのお伴にビールを注文することが出来ます。ここだけは店名がРОСТИК’Сだった頃から変わりません(笑)!銘柄は、バドワイザー(0.3л/109ルーブル、 0.5л/139ルーブル) かロシアの地ビール“Сибирская корона“(0.3л/99ルーブル、 0.5л/109ルーブル)。飲み物には、ほかにコーラ1.25лペットボトル(107ルーブル)というのもあって、男性グループがチキンのバスケットを囲んでペットボトルを回し飲み(!)していました。

 

 

スクリーンショット 2017-07-21 10.17.38 スクリーンショット 2017-07-21 10.31.07

△19ルーブルのソフトクリームも大人気!

日本メニューと比較すると、定番人気のビスケットはロシアにはなく、サラダもコールスローではなくシーザーサラダでした。無料のおしぼりをあまり見かけないモスクワならでは?ウェットティッシュ2ルーブルも販売されていました。

 

さて、日本の“スマイルメニュー“のようにおもちゃつきの子どもメニューはないようで、お子様向けセットはこちら。

スクリーンショット 2017-07-20 23.44.54

 △チキン(骨付きなら1本、骨なしなら2本)、ポテト、アイスクリーム、ジュース(夏のベリー味かチェリー味の選択肢がロシアっぽいです。日本ならきっとオレンジかリンゴという感じですよね?) 

 

スクリーンショット 2017-07-21 10.18.42

△KFCチキンを楽しむひとときも、たとえば窓からロシアの詩人マヤコフスキーが見えたりするとロシア的!?

自分で片付けられるようにゴミ箱も用意してありますが、まだまだセルフサービスは定着していません。店内には、見回りをする警備員とともに、食べ終わったゴミをみつけては片付けてくださる数名のスタッフの方が働いていらっしゃるのも日本との違いですね。(ロシアでは食べ終わったゴミやお皿がテーブルの上にあるのは好ましくないようで、最後の一口を待っていたかのように食べ終わった直後に下げられて驚くことがあります。そのため、食べかけで席をたったりするとすぐに片付けられてしまいますし、日本人的にはまだ少し残しているつもりでも、片付けられてしまったりします!ロシアでは、これは、早く帰ってほしいという無言の圧力ではなく、片付けてあげようという好意的なサービスなので、まだ下げてほしくない場合はそのようにお伝えすれば大丈夫です。)

 

 スクリーンショット 2017-07-21 10.32.58

△モスクワだけでも187店舗!ロシア国内にどんどん店舗を増やしています。

KFCロシア公式サイト(https://www.kfc.ru/main

 

 

 

 

カテゴリー: 今日のロシア