【ロシアの音楽】Junior Eurovision(ジュニア・ユーロヴィジョン) 2019のロシア代表は・・・?

2019-12-06

クリスマスコンサートや試験など何かと慌ただしい師走、気温もぐっと下がりようやく雪も積もりはじめたモスクワです。元気印の息子も、珍しく発熱・・・今日は学校をおやすみしました。熱があっても元気!ベッドで安静にするのは難しい息子とJunior Eurovision Song Contestを鑑賞。

Евровидение(Eurovision ユーロヴィジョン)は、毎年1回5月開催されるヨーロッパ最大級のポップスの祭典です。そして、そのジュニア版がJunior Eurovision♪10〜15歳の子どもが、自作の曲と歌声を披露します。

2019年のジュニア版のロシア代表は・・・?

△Junior Eurovisionのロシア代表はTatyana Mezhentseva and Denberel Oorzhak – ♪A Time For Us

この12歳の男の子Денберел Ооржак君は、ロシア連邦トゥバ共和国の出身で、今年のДетская новая волна 2019で優勝して注目を集めました。Детская новая волна は、ロシアで開催されるポップスの国際コンテストで、ロシアや周辺諸国を中心に世界各国から子どもたちが出場します。(まだ日本からのエントリーはありません。)こちらは、自作の曲でなく、有名歌手の曲を自分なりのパフォーマンスで披露するため、もともと歌の世界と子どもの歌声とのギャップや化学変化がみどころのひとつ。

△Денберел Ооржак -Паранойя (2019) トゥバ共和国に伝わる喉歌ホーメイをいかした独特の歌唱スタイルが格好いい!審査員もノリノリで聴衆賞も受賞しました。

△Tatyana Mezhentsevaさんは、Детская новая волнаで審査員を務めるイーゴリ・クルトイのヴォーカル・アカデミーで学んでいるそうです。

ちなみにロシア代表は、Junior Eurovisionで2006年に優勝しています。

△THE TOLMACHEVY TWINS – ♪VESENNIY JAZZ

歌やダンスの大人顔負けのレベルの高さはもちろん、各国それぞれの華やかで個性的なステージパフォーマンスに釘付け!各国の国旗が振られるなか、一緒に歌える英語のサビやエキゾチックな響きのその国の言語なども織り交ぜられ、見どころ満点です。きらきら輝く子どもたちの姿は、みているだけで元気をもらえました!

音楽にパワーをもらってすっかり熱が下がった息子も、明日は元気に学校へ行けそうです。

♪過去のユーロヴィジョンについては、トップページ検索バーから“ユーロヴィジョン”で検索してください