【ロシアのお土産】ロシアのクリスマスならではの飾りもの

2018-12-10

ロシアのお正月は新年のあとの1月7日。12月から街にはツリーが飾られ、ロシア版サンタクロースのジェド・マロース(寒波おじいさん)や一緒にやってくる孫娘スネグーラチカ(雪娘)の飾りつけもよく見かけます。

スクリーンショット 2019-01-13 14.40.30

△こちらは2018年1月、クリスマスの中央子どもデパート。

スクリーンショット 2019-01-13 14.36.57  

△記念撮影コーナーも大人気!

街のあちらこちらにクリスマス市を見かけます。なかでもツリーの飾りは、この時期ならではのおすすめの贈り物。ジェド・マロース&雪娘はもちろん、ロシアの雪景色やトロイカ(3頭だての馬車)、サモワール(ロシア式湯沸し器)、ロシアの民族楽器やキノコ、熊、キリル文字で「メリークリスマス!」が書かれていたりなど、どれもこれもロシアらしさがあります。

スクリーンショット 2019-01-13 14.40.40

IMG_5510

IMG_5512

IMG_5514

スクリーンショット 2019-01-13 14.43.29

スクリーンショット 2019-01-13 14.43.43

中央子どもデパートから赤の広場へ歩くと、ジェド・マロースと街を歩く子ども向けのイベントを見かけました。

IMG_5046

IMG_5051 

この時期、学校やパーティにジェド・マロースを呼んだりするのも人気です。12月〜新年を挟んで1月7日、そして旧正月までツリーが飾られますので、長くクリスマス気分を味わえるモスクワです。

**********************************

スクリーンショット 2019-01-13 23.07.58

ヴィソーチン先生とご一緒にお届けしておりますNHKラジオまいにちロシア語《入門編》千里の道も一歩から(月曜日〜水曜日)再放送中!1月号のテキストも、ジェド・マロース&スネグーラチカです。