【フランスのなかのロシア】〜作曲家ショパンゆかりの地 モンソー公園&ヴァンドーム広場〜

2019-02-01

 “ピアノの詩人”と呼ばれたポーランドの作曲家フレデリック・ショパン。ポーランドが生まれ育った当時は、その地はまだポーランドではなく、ロシアやプロイセンやオーストリアに支配されていました。(なかでもワルシャワはロシアの統治下にありました。)

IMG_4447

△ヴァンドーム広場にあるショパン最後の家。1831年からフランスで暮らし、故郷への想いを込めてたくさんの名曲を生み出したショパン。この建物に2階部分に住んでいたそうです。

IMG_4006

△ヴァンドーム広場

さらに、お天気がよかったので、モンソー公園でピクニック。園内にはたくさんの偉人の銅像があり、パリの人たちが水着姿でねそべって日光浴を楽しんだり、愛犬とお散歩したり、子どもたちがサッカーをしたり・・・

IMG_4055

IMG_4057

IMG_4059

IMG_4060 IMG_4058

IMG_4064  

△音楽の女神に見守られながらピアノを奏でる繊細なショパンと、一方で“男装の麗人”と呼ばれた作家ジョルジュ・サンドの像もありました。

モンマルトル墓地には、ショパンの眠るお墓もあります。(ポーランドとフランスの両方にお墓があるそうです。)